« 展示、始まる | トップページ | ドイツパン »

汗だくで

Qilt_1  ピーシングからキルティングまで全てミシンで作ったキルト。面倒なことは避けたい性分が顔を出して、四角つなぎばかりのキルトになった。これを使って「テディベァ」を製作。

Kuma_2  完成した「テディベァ」
 気温30度のもなる暑いときに、綿を詰めて汗をかき、パーツを取り付けるのに汗をかき、汗だくになって仕上げた。
 作ってしまってから、同じ大きさに四角つなぎで作っては体の模様が面白くない。所々サイズの違うピースを入れてピーシングしたほうがもっと面白い模様の「テディベァ」になったと思うが、この夏の暑さの中では当分の間作りたいとは思わない。

|

« 展示、始まる | トップページ | ドイツパン »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私も一時期キルトをやりましたが、どんなにがんばっても、角がちゃんと合わないので、作品を1つか2つ作ってあきらめました・・・。

そういえば、家計簿もどうしても計算があわず、数ヶ月で断念(爆)

くまちゃん > じゅうぶんかわいいです。それにしても、手間がかかっていますね。

投稿: はっぴーぶらんど | 2006年7月12日 (水) 19時04分

はっぴーさん、こんばんは。

ピースの角が合わなくてイライラすること、あります。最近はコツを覚えたので、角合わせが上手くなりました。

家計簿は私も同じで、お財布の中身と家計簿が合わなくて断念しました。以来、ず~っと付けていません。

くまちゃんは、そんなに手間はかかってませんよ。ミシンで作ったので、私にしては早く完成しましたから。

投稿: shino | 2006年7月12日 (水) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/2584213

この記事へのトラックバック一覧です: 汗だくで:

« 展示、始まる | トップページ | ドイツパン »