« 地元の味を手作りで | トップページ | まだまだ必需品 »

Syoku  お友達の誘いで、大学の実践発表を聴きに行ってきました。
 着いて時期に「チョッと場違いかな?」と感じました。というのも、参加者のほとんどが教育関係者。(私も一応教育関係だけど)ともあれ、特別講演を聴きに会場に行くと、既にほぼ満席。皆さん、会場入りが早い。演題「教育が考えるべき課題」保育者にはあまり関係がないかな。
 特別講演の講師の略歴・出身などから思いついたことがあり、父にメール。どうやら講師のお父さんに授業を受けた事があるらしい。

 午後の分科会「食の教育をいかにすすめるか」講演と4つの事例報告。事例報告は、興味を持って聴く事のできるテーマもあり良かった。ただ、1つ1つの発表時間が短いのが残念でした。石川県の事例報告は、いかに生徒に興味を持って授業に参加させるか・地元と連携した授業・小学生との関わりなど興味を持った。 給食センターのアレルギー除去食・代替食の取り組みについてもう少し詳しく知りたかった。

|

« 地元の味を手作りで | トップページ | まだまだ必需品 »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/2975432

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 地元の味を手作りで | トップページ | まだまだ必需品 »