« お味噌を下げて名古屋まで | トップページ | コンニャクを手作りしよう »

親子で豆腐を作ろう

 先週の日曜日に親子講座「プロに学ぶ」がありました。今回は。「お豆腐を作ろう」ということで、大豆からお豆腐を作りました。
 親子・家族での参加がありました。今回は、豆腐の型の数が少ないので12組限定でした。

Photo_51  1組分の材料です。大豆を水につけふやかします。豆が出ないようにタップリの水に浸けます。つける時間は水温で決まります。

Photo_52  大豆の浸水が終わったら、ミキサーに2分程かけます。4カップの水でかけます。ミキサーにかけ終わった状態を「生ご」といいます。「なまご」はボールに入れておきます。

 この間に、サラダ油で鍋をふいてから、4カップの水を入れて沸騰させます。
Photo_53  水が沸騰したらしゃもじで水流湯を作り、「生ご」を入れて煮ます。再沸騰後7分煮ます。
 焦げやすいのでたえずかき混ぜることと、ふきこぼれ易いので火力に注意する。
Photo_54  こし袋に入れて豆乳の温度が下がらないように手早く絞ります。熱いので茶碗など使うと良い。

Photo_55  絞った豆乳の温度が72度で「にがり」を入れます。温度が72度より下がった時は湯煎で温める。
 「にがり」は水かぬるま湯で溶かしておく。しゃもじで水流を作り「にがり」をしゃもじを伝わらせて入れ、全体に混ざったら、しゃもじで水流を止める。
Photo_56  「にがり」を入れて10~20分おく。温度が下がらないように注意。豆乳が固まって回りの液が透明になってくれば良い。この状態が「寄せ豆腐」

Photo_57  布を敷いて型に入れて重しを乗せる。10分くらい重しをかける。型・布は濡らして使う。

Photo_58  重しが重いと固い豆腐、軽いと柔らかい豆腐になります。

Photo_59  たっぷりの水の中で布をはずし、適当な大きさに切って水にさらします。出来上がりです。

Photo_60  豆腐とおからを使った料理で、お昼です。
 おからのサラダ・豆乳のブラマンジェ・卯の花炒り・寄せ豆腐・冷奴・おからのクッキー、マフィン・栗赤飯・漬物

 親子で作るはずでしたが、子どもさんの年齢が低かったこともありお母さんが頑張って作っていました。おからのサラダは、南瓜が入っていたせいか「美味しい~」と子ども達に評判が良かったです。
 学校で「大豆の変化」を勉強しているのでいいタイミングでしたと言われたお母さんもいました。

 みなさん、楽しんで帰られました。

|

« お味噌を下げて名古屋まで | トップページ | コンニャクを手作りしよう »

ボラ・アド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親子で豆腐を作ろう:

« お味噌を下げて名古屋まで | トップページ | コンニャクを手作りしよう »