« 親子で豆腐を作ろう | トップページ | 紅葉狩り »

コンニャクを手作りしよう

恒例のお料理講座も7回目となり、今回のメインテーマは「こんにゃく」です。コンニャク芋から手作りしました。

Photo_62  コンニャク芋です。まず、芋を丁寧に洗います。皮は剥きません。芽が出るとところはえぐ味が強いので取り除きます。

Photo_63  皮を付けたままマッチ箱サイズに切り、蒸し器で蒸します(強火)
 茹でても良いですが、この時は茹で汁でミキサーにかけます。
Photo_64  分量の80%の水を使ってミキサーにかけます。
 目安は、芋がつぶれればいいです。
 つぶれたらボールに移します。この時、ボールを水で濡らしておくと芋がくっつきません。

Photo_65  捏ねます。
 時間が無い時は、捏ねた状態で乾燥しないようにして寝かせておく事が出来ます。寝かせると粘りが強くなります。
 水酸化カルシュームはぬるま湯で溶かしておきます(この水も分量の水に含まれます)
 残りの20%の水を加えながら好みのかたさにする(水を熱くしておくと温度調節が楽)
 コンニャク芋の温度が35~38度位がよい。40℃を超えると固まりにくく、30℃以下になると凝固剤が多く必要となる。
 凝固剤を入れたら、手早く混ぜる。
Photo_66  濡らしたバットに入れて、表面をきれいにならします。別のバットにひっくり返して入れると両面ともきれいになります。

Photo_67  バットに水を張り、好みの大きさに切り分けます。

Photo_68  たっぷりのお湯で茹でます。茹で時間は大きさにもよりますが、10~15分程度で。
 茹で上がったら、水にとって冷まします。
 長く保存したい時は、茹で汁と共に保存します。

Photo_69  今回の献立です。桜のおこわ・さしみこんにゃく・さつま芋とリンゴの重ね煮・白菜と塩昆布の漬物・じんだ和え 

 じんだ和え…大豆を茹でて、茹で汁を加えながらミキサーにかけま              
す。なめらかなペースト状になったら、マヨネーズと混ぜあわせます。このペーストであえたものをじんだ和えと言います。
Photo_70  ミキサーにかけた時、水と大豆の量が丁度良い状態は、写真のようにミキサーの中に「大豆の花」が咲いたときです。

 春に作っておいた桜の塩漬けで作ったおこわも受講生の方に喜ばれました。簡単で、でも華やいだ雰囲気が出ておもてなし料理として使えます。
 じんだ和えは、下味をつけたコンニャクでしましたが青菜も美味しいです。

|

« 親子で豆腐を作ろう | トップページ | 紅葉狩り »

ボラ・アド」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

前回のお豆腐も今回の蒟蒻も写真入りの詳しい説明で楽しく理解できました。材料から手作りして数々のお料理も作って盛りだくさんですね。

夕飯前に、蒟蒻を茹でている写真にそそられ、我が家もこんにゃくメニュー一品追加しました。(笑)

>「じんだ合え」
初めて聞きますが、「ずんだ」と似た響き。「すんだ」は訛り?
大豆の花きれいですね。


投稿: メープルまま | 2006年11月23日 (木) 23時49分

ままさん、おはようございます。

豆腐もコンニャクも、記録をして手順を写真付きで残しています。忘れっぽくなっていますから、自分で作ろうと思ってレシピを見ても「?」の時が(笑)

「ずんだ和え」は枝豆で作った和え物をいうんですって。これは大豆の和え衣なので「じんだ和え」なんだそうです。豆が違うので名前も微妙に違うんでしょうね。面白いですね。

ままさん家のコンニャクメニューは何だったのでしょうか?コンニャクを使った献立は、ありきたりになっていて新しいものを覚えたいです。

「鶏肉の味噌漬け(巻き)」何回も食卓に登場しています。ありがとうございま~す。きっと、お正月の重箱メニューになると思いますよ。


投稿: shino | 2006年11月24日 (金) 08時50分

こんにちは。

>コンニャクメニューは何だったのでしょうか?
大根とコンニャクのふろふきです。あのコンニャク茹でてる写真を見たときから食べたいモードに(爆)
味噌は「ごぼうの味噌漬け」の味噌に赤味噌などを足して再利用しました。(笑)
ありきたりですね。我が家ではよく登場します。

>じんだ合え
なるほど~!また大豆茹でて作りたいです。
最近大豆メニューが減っていたので復活させないと。

>お正月の重箱メニューになると思いますよ。
まあ、嬉しい。あの黒豆の黒い色がアクセントになって素敵ですよね。
今朝はお味噌汁でいただきました。
やっぱりおいしい!!

投稿: メープルまま | 2006年11月24日 (金) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンニャクを手作りしよう:

« 親子で豆腐を作ろう | トップページ | 紅葉狩り »