« 初心に戻って | トップページ | 布絵 »

食の伝承

日曜日に「食と健康講演会」があり、聞きに行ってきました。講師は、林 繁和さん(食文化はやらし隊・パティシエ) テーマは、「食育」は手作り料理から。

講師の林さんは、西川かの子さんと結婚した方で講演の中でそのことのにも少しだけ触れていました。

講演の中で私がメモしたことだけ書いておきます。

*ご馳走…語源は四里四方を走り回って食すことからきている。
*地域の中に家庭はある。地域・家庭それぞれが食文化を伝承していかなければならない。
*昔は台所を炊事場と言った。水が大切。水がいいところに食文化・産業が栄える。(伏見・灘の酒、工業)
*土地の環境を利用した料理、食べ頃を管理する。
*味覚は記憶される。
*献立はバランスよく。
*自分の住んでいる土地から四里四方で取れたものを食す。
*季節を大切に。
  春…山菜を食べる。山菜の苦味で体が冬の冬眠から覚める。
  夏…菜物を食べる。日光を体内に取り入れる。
  秋…実・きのこを食べる。
  冬…根の物(大根・人参など)を食べる。体が温かみを必要とす    
     る。
 季節を大切にして食べる事が日本人にとって大切。
*日本人は米食が体に合っている。

こんなような内容でした。四里四方のものを食べる…身土不二の考えを西洋料理の方が持っていて意外でした。

今週金曜日は、マドンナのプライベートシェフ 西邨まゆみさんの講演会に行ってきます。どんな内容の話なのか楽しみにしています。

|

« 初心に戻って | トップページ | 布絵 »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ひとつひとつ頷きながら読ませていただきました。
>*日本人は米食が体に合っている。
最近とみに感じることです。(齢のせい?)
パン焼きは楽しいのに食べたいのはご飯。
おかずもご飯にあうおかず(和食)のほうがホっとするこの頃。

>西邨まゆみさん
一度だけテレビで拝見しました。
講演楽しみですね!!

投稿: メープルまま | 2007年1月18日 (木) 09時24分

ままさん、こんにちは。

米食が体に合っていると感じるのは、歳のせいばかりではなく日本人のDNAだと思いますよ。という私も最近、和食のおかずが多くなっています(笑)

西邨まゆみさんの講演会、楽しみです。また、メモ書きをアップしますね。


投稿: shino | 2007年1月18日 (木) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/4963463

この記事へのトラックバック一覧です: 食の伝承:

« 初心に戻って | トップページ | 布絵 »