« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

やられ損の災難

 先日、他市のイベントに出かけていた時、スノーボードに出かけていた娘から私の携帯に電話が… 気がついたのはだいぶ時間が経ってから。こちらから掛けてみたが出ない。少々嫌な予感が。

 夜、娘から携帯に電話。第一声「折れとった~」「何が?」「あれっ、お父さんから聞いてない?」「聞いてない!」(夫婦の会話は?)

 夜中に帰ってきた娘の話。
 スキー場に着いて、最初の滑りで人にぶつかられて転んだ。ぶつかった相手は、「わり~」って感じで手を上げて下に滑って行った。転んだ時にはいつも手を動かして手首の状態を確認している娘は、そのときも手を動かしてみた。おかしいと感じてグローブを外したら、手首が教科書の写真の様にプックリと膨らんでいた。この状態で、自分の置かれた状況を理解。なかなか座った状態から起き上がらず、下に滑ってこない娘に異常を感じた友達が上がってきた。状態を説明してボードの板を持ってもらい、歩いて駐車場に。近くの病院に行ったところ、「貴女で40人目です」
 レントゲンを撮ったところ、手首ところが綺麗に折れていた。
Photo_113 病院でギブスをしてもらい、仕事先の上司に電話を入れ、帰る途中に仕事先に寄り事情説明をして帰って来た。

 今回ボードに行くにあたって、何故かボード用のズボンが見つからず、友達のズボンを借りて行ったこと。何時もなら「怪我に気をつけるんだよ」と行く時に声をかけるのを忘れた。起こるべくして起こった事故?

 1番腹が立つのは、ぶつかってそのまま行ってしまったボーダー!
停まって、怪我がないかくらい聞いても罰は当らないと思うよ。自分で転んで怪我をしたのは諦めもつくけど、当られ損は腹がたつ!!

 娘は暫くの間、傷病休暇で仕事は休みです。事務職ではなく現業なので、手が使えないと仕事になりませ~ん。1番辛いのは、娘。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

1通のメールから

 それは1通のメールから始まった。

 ある日届いたメープルママさんからのメール。そこには、関東からお味噌交換をしたメンバーさんが名古屋にやってくるとありました。あちらの希望の日にちが書かれていました。丁度何も予定の入っていない日だったので、参加OKの返事を出しました。

 オフ会の前日の天気予報では、雪・積雪40cmとのこと。これが本当になれば、名古屋に出かけるのは一苦労。私の気持ちに応えてか、天気は前日も当日も快晴で心も軽くバスで名古屋に。

 待ち合わせのお店に着いたときには、既にままさんといらさんがお話中でした。3人で話しながら、喉も渇くのでとりあえず注文してフリードリンクを愉しみましょうと。そうこうしているうちに、カイエさんとおらこさん・楽子さん・マンマさんが店内に。

 メンバーが揃って、自己紹介もそこそこにお喋りがはずむはずむ。女3人寄れば姦しいと言いますが、7人ですからそこは…。そんなお喋りの中で、ままさんとマンマさんが昔、近いところに住んでいたことが判明。2人の話を聞きながら人の縁とは不思議なものだと思っていました。

 一度ままさんがお土産交換を切り出されたのですが、話が止まらずお流れに。再度切れだされてようやくお土産交換に。いろいろ頂きました。おらこさんからのお土産に入っていた「ふくろう」私の集めているふくろうの仲間入りをしました。マンマさんからのおせんべい、旦那さんと私のコーヒータイムのおつまみになってます。楽子さんからのカレンダー、パソコンの横に置きました。
 ままさんからの胡桃のメープル&黒糖かけ、娘に半分食べられました。メープルかけが好みだと言っておりました。いらさんのパン、美味しかったです。黒豆の甘みがいいです。カイエさんのお漬物、漬け物好きの我が家には嬉しいお土産でした。まだまだ沢山頂きました。徐々に出していきます。ありがとうございました。

 私からのお土産の「まぜ卵」 先日地元のテレビ番組で紹介していたもので、ちょっと面白いかな?と思ってお土産に加えました。使ってみてください。

 いろいろ話をしているうちに、今度は東京へ、韓国へと話が進んで行きました。パワーのある方が多いのできっと実現するでしょうね。もうじきパスポートが切れるので、韓国行きに備えて申請に行かなくっちゃ!

 楽しい時間は過ぎるのは早いです。時計は4時を回って、ボチボチ移動の時間です。名古屋名物の手羽先を買いに地下鉄に乗って名駅に。「世界の山ちゃん」で買い物をしたあと、パンフレットを見たら東京にも支店があるじゃないですか。次回からは東京でも買えますよ。「かえるまんじゅう」もありました。
 一服のコーヒータイムのあと、バスの時間があるために私といらさんは一足先に失礼しました。

 家に帰って、家族からに第一声は「早かったね。迎えに行く気満々だったのに」 バスは1時間に1本しかないし時間もかかるので、「遅くなったら電車で帰るので駅まで迎えに来てね」と家族に頼んでの名古屋行きだったのです。はい、次回からは、頼まずに出かけます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »