« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

笹採りと山野草摘みツァー

 5月5日に、わかくさ・プラザ ゴールデンウィーク・スペシャルが開かれる。今年も「ちまきを作ってみよう」のイベント名で参加をするので、ちまき作りに必要な熊笹の葉を採取に飛騨まで総勢22名で出かけてきました。今年は、笹採りの他に「山野草摘み」といった楽しみもあり皆、期待に胸を膨らませていました。

 道の渋滞を避けるため、朝、7時出発。自分の朝食もそこそこに家事を済ませてきたメンバーは、集合場所で軽く食事を取っていました。時間通り出発した車は、8時少し前に道の駅「明宝」に到着。ここでのお楽しみは、売店の山菜と花。地元の方が8時から販売のために持ってきた山菜を品定めして、購入。あっという間に売り場は空に。ここで私は、「こしあぶら」「花わさび」「わらび」を購入。Photo_139 「こしあぶら」はアクが少ないので、サッと茹でて和え物か味噌汁の実に。帰宅後、味噌汁の実になりました。「花わさび」は、熱湯を通して醤油漬けにしました。

 買い物も終え、清見を目指して車はひた走り。道の駅「パスカル清見」で笹採りと山野草摘みのガイドをして下さる方と合流。

Photo_140  一面、熊笹です。去年までの場所と違い、平地なので取りやすかったです。Photo_141 短い時間で、予定数量が集まりました。3年目にもなると、手馴れたもので良い葉を選んで刈り取っていました。

Photo_142 「キブシ」Photo_143   
「ダンゴウバイ」Photo_144
「ウリハダカエデ」 こんな木々が花をつけたり、芽吹いたりしていました。

 笹も採取し終わり、本日のお楽しみが待っている場所「おっぱら自然体験センター」に移動です。ここで、楽しい昼食です。でも、その前に、昼食の天ぷらの材料を採取に出かけます。

 採取についての説明をセンターの小谷さん・斉藤さんから受け、山野草摘みに出発です。センターを出て直ぐに生えていたのは、Photo_146 「カンゾウ」 これは、食べられます。その脇には、Photo_147 「カタクリ」が咲いていました。美濃地方では、もう咲き終わっていますが、飛騨では最盛期です。

 ここで、雨がポツリポツリと落ちてきました。雨具を着て移動を開始と思ったところに雷が鳴り出し、ふれあいセンターに避難です。避難した頃から、雹が降ってきました。暫くは動けないので、小谷さんの話を聞くことに。熊の話が面白かったです。熊は自分の縄張りに爪で傷を付けるので居場所を見つけやすいことや、「熊の胆」の効き目や値段、獣の肉の匂いや美味しさなど体験に基づいた話に聞き入っているうちに雨も止み、再び摘み草ツァーに出発です。

Photo_148 「アズキナ」Photo_149
「スミレ」と「フキ」

 

 Photo_150

      
「シャク」・「ニリンソウ」

Photo_151 その他、クレソン・ヨモギ・ツクシ・スギナ・タンポポ・アカツメグサ・セリなどを摘んでセンターに戻りました。

いよいよ昼食の準備です。まず、摘んできた山野草を種類別に分けます。これがまたPhoto_152 大変な作業です。さすがベテランの主婦です。手際よく選別してボールに入れていきます。全てが分け終わったら、天ぷらにかかります。

Photo_153 小谷さんの説明を聞いたあと、それぞれが順番に天ぷらを揚げます。スギナなどは衣をつけて揚げると団子状になるので、油の中でちょっと振ると葉が開いて形良く揚げる事が出来ると聞き、なるほど納得。衣は、水と焼酎を1:1で混ぜ、粉を混ぜるとカラッと上がると教えてもらいました。焼酎がないときは、アルコール度数の高いお酒であれば可。この昼食で食べた天ぷらは、「ツクシ」「スギナ」「コゴミ」「ハンゴンソウ」「ギョウジャニンニク」「セリ」「フキ」「クレソン」などなど。揚げたての物は美味しかったです。天ぷら以外に「コゴミ」のエゴマ和え。ネットリ感がすごくて美味しかったので、作り方を聞いたら普通なんです。摺ったエゴマに醤油とみりんを合わせただけ。ただ、気長に摺る事が大事だそうで、油が出るくらい摺ってあるようです。
 「ギョウジャニンニク」を天ぷらにするときは、葉に空気を含んでいるので半分に切って上げないと爆発すると教えて貰いました。
Photo_154「ハンゴンソウ」
Photo_155 「ギョウジャニンニク」

「コゴミ」「ハンゴンソウ」「ギョウジャニンニク」は小谷さん達が採取されたものをご馳走になりました。アマゴの塩焼き、美味しかったです。新鮮なので臭みもありません。川魚の苦手な友達も食べれました。
 「おっぱら自然体験センター」の方には、お世話になりました。ありがとうございました。
Photo_156 摘み草の途中で見た「カタクリの群生」
Photo_157 「水芭蕉」も見かけました。

「ニリンソウ」と「トリカブト」は葉が似ているので、気をつけて採取すること。花を付けて採取すると間違いがない。葉の「色」「形」だけでは区別が難しい。

採取する時は、根こそぎは止めましょう。来年の楽しみがなくなりますし、種が絶えてしまいます。

山には持ち主がいます。無断で入らないようにね。                   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「…!? ここは?」

昨晩、仕事から帰ってきた娘が
「タヌキ 見た~」と。
「ほんとにタヌキ?見間違えていない?」
「タヌキやて、尻尾がこんなだったもの」と太い尻尾だったとジェスチャーで示した。
「イタチは見たことあるけど、タヌキはないなぁ~」

半信半疑で話をしていた私だったが、今日は、私が見てしまった。

午後、仕事からの帰り道、昨晩娘がタヌキを見たあたりで今日は私がウサギを見た。運転席から歩道を何かが走っているので猫かと思い、よく見たらウサギじゃないですか。必死に走ってフェンスの下を抜けようとしている。なかなか抜けられずにいたが、3回目のアタックでフェンスを抜けて逃げていった。

ウサギは白い毛ではなく黒い毛だったが、飼っていたものが逃げたのか野性のものなのかは判らないが、娘と2人で「ここはどんな田舎なんだ?」と笑ってしまった。

雉も見かけるんですよね。車で15分も走れば、サルも猪もいるんですよ。やっぱり、田舎?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八重桜

1週間ほど前の土曜日、夏から始まる料理講座の打ち合わせをしている時、「桜の花、漬けた?」と聞かれ、「まだ。もうそろそろかなと思っている。」「打ち合わせも終わったことだし、今から花を見に行こうよ」と誘われ、桜の木のあるところに行ってきました。

Photo_137 桜の花の咲き具合は、今ひとつでした。が、漬ける位はいただけました。前日に雨が降り、埃もおちていて綺麗でした。

家に戻り、早速洗って塩漬けしました。水が上がってきたので、3日で水を絞って梅酢に漬け込みました。

Photo_138 梅酢にも漬かったので、ざるに上げて陰干しです。半乾きになったので、今日、チャック付きビニール袋に入れて冷凍庫に。

去年の桜の花漬けが残っているので、明日の誕生日に桜のおこわか、桜ご飯のどちらかを作ろうと思案中。

桜の花漬け
  塩 … 花の重さの3割
  重し… 花の重さの2倍
  梅酢(赤)… 花がひたひたに漬かる量

桜は、たっぷりの水でやさしく洗う。
塩漬けをするとき、花はきれいに並べるように入れるとおさまりがよい。
3日目に水分を絞って容器に戻す時もきれいに並べて入れると、陰干しにするときに出しやすい。
陰干しにするときは、絞らずざるの上に並べる。  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原画展とキルト展

日曜日、名古屋まで出かけました。目的は、2つの展示会を見ること。最初にバスを栄で降り、松坂屋に。

Photo_131 五味太郎さんの原画展が行なわれていた。いつもなら、展示を見てから購買ブースを歩くのだけど、今回は何故か購買ブースから見て回ったのです。

Photo_132 新刊の「ももたろう」まだ発売前で、名古屋が先行発売ということだったので、迷いながらも購入。話の中身は、一般的な桃太郎とはちょっと違い、五味さんらしい味付けがしてあり、読んだ娘は「こんな桃太郎ってあり?」って言ってました。私は、「いいんじゃない」って返事を返しました。昔話の桃太郎とは別のももたろうと考えたらいいのですよ。これは、五味さんのももたろうですね。
Photo_133 その他に、ポストカード・本をもう1冊購入。

原画展を見て回りました。本の背表紙の原画もありました。ちっちゃな絵ですが、丁寧に書いてありました。私が買った「たべたのだあれ」の原画も展示してあり、見ている子どもたちが「食べたのこれ!」って言いながら1枚づつ指差してました。
ミニシアターも上映されていて、親子で腰掛けて「きんぎょがにげた」「さる るるる」「わにさんどきっ」など愉しんで見ていました。

展示を見終わってから、購買ブースに戻ると「ももたろう」は完売でなかったです。先に買っておいて良かった。と、思っていると何だか足元が揺れているような… 「?」と思っているともう一度揺れを感じました。館内放送がされる前に、建物の外に出ました。中にいたほうが安全なのか、外に出たほうが安全なのか。ともあれ、7階より外を選びました。

 外に出たら、通りの向こうをお祭りの行列が歩いていました。何の行列かと思って道のあちら側に行ったら「春姫行列」でした。
Photo_134            Photo_135 丁度いいタイミングで春姫のお輿が来たのでシャッターを切りました。

 次いで、名古屋駅に。キルト展に行く前に、うわさの「ミッドランドスクェアー」へ。富沢商店に寄り、4点お買い上げ。他のお店には目もくれずJR高島屋へ。

Photo_136 野原チャックさんのキルトを見るために11階へ。
チャックさんのキルト・コレクションのアンティークキルト・各地のスクールの先生のキルト等が展示してあり、ユックリと見て回りました。私は、すっきりとした色使いのキルトが好きで、色がガチャガチャと使われているのは好まない傾向が強いので、展示してあるキルトもどちらかに分けてみています。展示してあるキルトの中ですご~く好みのものがあり。見に行った甲斐がありました。写真が撮れなのが残念でしたが、目に焼き付けてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お初の桜餅

Photo_130  いつもならイチゴ大福を手作りしている時期なのに、今年はまだ一度も作ってない。その代わり、桜餅を作ってみた。

 いつも行くスーパーが月1回発行する献立表がある。その中に桜餅が載っていて、簡単そうだったので作ってみた。実際作ってみると簡単。ただ、問題点は、200g入りの道明寺粉を150gしか使わないこと。粉が残っても困るので、粉に合わせて水分量を計算して再度作ってみた。最初のものより家族の評判は良かった。暫くは作り続けそう。

  道明寺粉    200g
  水         270cc~300cc
  砂糖       大2
  餡        
  桜の葉の塩漬け
  食紅       少々

  水に食紅を溶かす。(分量の水から小1/2取り分ける)
  耐熱容器に道明寺粉・砂糖を入れよく混ぜ、水を加え混ぜる
  水に溶かした食紅を入れ色をつける(付けすぎない)
  ラップをしてレンジで7分加熱
  取り出してそのまま10分放置
  濡らした木べらでよく混ぜ、手水を付けながら等分して餡を包む
  塩抜きした桜の葉で包む

  13個くらい出来る

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白餡とは珍しい♪

  今日、「いちご餅」を頂きました。「いちご大福」とはちょっと違ってました。「大福」じゃなくて「餅」ですから当然ですが。

 じゃあ、どこが違うかって言うと、餡が「白餡」。小豆の餡のものは良く見かけますが、白餡のものは今回初めて食べました。

Photo_129  半分に切った時、切り口の赤が綺麗です。パクッと食べてしまったので、感想は美味しかったのみ!もうちょっと味わって食べれば良かった~~
 大垣の金蝶園総本家の商品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完成はいつ頃?

 2月に、パッチワークを習っている先生からメールが届いた。「サンプラーキルトの仕付けをしましょう」という内容で。仕付けをする日は3月末ということなので、部屋の片隅に置いてあったサンプラーのトップを見てみると、何とか3月待つまでに仕上がりそうなので了解の返信をしました。

 ところが、いろいろあり針を持つ時間が出来ない!結局3月半ばから針を持ったのはいいのだが、進まない。トップが出来上がったのは、仕付けをする日の朝。何とか間に合いました(ホッ)

Photo_128 教室で久しぶりに仲間と顔を合わせ、話に花が咲き仕付けにかかるのが遅れて、先生にせかされた私たち。先生は、午前中で3人の仕付けが終わる予定だったようですが、私たちは1日かかるつもりで家を出ているのでノンビリしたものです。なんとか3人の仕付けが終わったのが4時。1日、久しぶりのお喋りが楽しめました。後は、キルトをするだけです。が、最後の1週間、朝から1日中針を持ってアップリケをしていた私の手は、くたびれてしまい軽い腱鞘炎状態です。2週間ほど手を休めてから、キルトにかかります。暑くなる前に仕上げたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »