« 笹採りと山野草摘みツァー | トップページ | クリームチーズ入り »

ちまき作りと自然の美

Photo_159  先月、高山市清見町大原に行って採ってきた笹を使ってちまき作りの体験を行った。これは、市が開催する「ゴールデンウィークスペシャル」の中のコーナーの1つとして、3年前から参加している。今年も「ちまき作り体験」を行ないました。このために用意した粉は、なんと25K。年々増えている。ちまきの数にして、1500個。笹の葉の枚数、4500枚。イグサの本数、約2500本。記録するだけでもため息が出てしまいます。
 「ちまき作り」の体験に参加していただいたのは、56組156人でした。親子で体験、子どもだけで体験といろいろでしたが「こどもの日」にちなんだ体験を楽しんでもらえたと思っています。

 ちまき作りのために粉を挽いてもらうのですが、原料の米が毎年違うので(当たり前ですが)、給水率が毎年違っているのです。年々熱湯の量が少なくなっています。3年前と100ccも少なくなっています。これも環境のせい?来年はどうかな?

Photo_160 笹が少し残ったので、家に持ち帰り笹寿司にしました。写真の寿司は、ちらし寿司を笹の葉で包んだものですが、富山の鱒寿司が好きなので刺身を買ってきて、笹の葉を敷いて押し寿司タイプも作りました。こちらのほうが家族には先に売れました。残った刺身を、包んだ寿司の中にも入れてみたら、中を覗いて刺身の入っているものから食べていました。

Photo_161 採ってきた笹の葉の中に、写真のような穴のあいたものが混じっていました。きれいに一直線に穴が開いています。これは、蝶の幼虫が食べた痕だそうです。まだ葉が若く巻いているときに、腹ペコ青虫が葉のこちら側からあちら側まで食べて貫通した証拠で、葉が開くと食べた痕が真直ぐついているという訳です。自然の不思議な美ですね。こんな葉が沢山あるということは、蝶が沢山いて自然が豊富な場所であると言えるんですって。飛騨はまだまだ自然が豊富です。

|

« 笹採りと山野草摘みツァー | トップページ | クリームチーズ入り »

ボラ・アド」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ちまき作り、お疲れ様でした。
山菜摘みツアーにはじまり、ちまき作りまですごく充実したGWでしたね。ブログの内容からも盛りだくさんで、楽しそうなのが伝わってきます。
それにしても笹の葉の数もハンパではないですね~!
お寿司も笹の葉で包むと格段においしそう~
↓カタクリの群生、綺麗です。
昨年、飛騨へ出かけましたが花の色がこちらよりも鮮やかで印象に残っています。

投稿: メープルまま | 2007年5月 7日 (月) 23時54分

ままさん、こんにちは。

忙しいゴールデンウィークでした。でも、楽しかったですよ。

笹の葉は、今年はちまきを作るのに3枚で作ったのであの程度でしたが、正式には4枚で作るのであと1500枚必要だったのですよ。

>お寿司も笹の葉で包むと格段においしそう~
 普段のお寿司でも、笹の葉に包むだけで格が上がりますね。


投稿: shino | 2007年5月 9日 (水) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちまき作りと自然の美:

« 笹採りと山野草摘みツァー | トップページ | クリームチーズ入り »