« サプライズ | トップページ | 七夕さまではないけれど »

パウンドケーキとゼリー

 成人学校が始まりました。今年は久しぶりに時間と興味が合う講座があったので申し込みました。お菓子作りの講座なのできっと申し込みが多く、抽選になるなぁと思っていました。締め切り日で2倍の競争率でした。運良く、抽選にあたり早速参加して来ました。

 1回目のお菓子は、定番のパウンドケーキ。フルーツパウンドケーキとなっていたのですが、机の上にはリンゴとバナナが。私の思っていたパウンドと違う!!

Photo_198  で、グループで作った焼成前のパウンドケーキです。ダイナミックにバナナが丸ごと生地に埋め込んであります。その横には、リンゴの8つ割りの5㎜スライスがギッシリ。今まで何度もケーキを焼いていますが、こんな焼き方をしたのは、始めて。簡単、ダイナミックで面白い。

 バナナとリンゴを入れる前の生地の状態を写真に取れなかったのが残念でしたが、この生地の入れ方は目から鱗でした。生地の真ん中を窪ませてと言いますが、先生は、型の中央にへらを入れ型の短辺の方にググッと押していき短辺の上部でへらについた生地をこすり落とすようにして中央部を窪ませました。この方法なら簡単にできます。

Photo_199 焼きあがったケーキとアガーで作ったオレンジゼリーです。ゼリーも、持ち帰りますので帰宅途中で溶けては困りますので、アガー使用です。

Photo_200 ダイナミックにバナナとリンゴを入れたケーキのカット面です。バナナを潰すか潰さないか、好みによりますがこれもまたいいかなと。

 講座のなかで、型に対する生地量の計算式を教えてもらいました。型に水を入れ重量を測ります。                        
 生地の中にレーズンや胡桃など入れるときは
    重量÷4.4
 生地に何も入れないとき
    重量÷3.3
で計算すれば、OKだそうです。1つ勉強になりました。

 薄いピザ生地(トルティーヤ)に、海苔の佃煮(ア○!)を伸ばし干し海老・すりゴマ・チーズを乗せて焼いたものを味見しました。美味しくいただけました。

 チーズケーキを焼くときに、クリームチーズの半分をサワークリームに替えると出来上がりが沈まないと聞きました。一度実践してみないと。

 いろいろ勉強になり、楽しかった講座でした。次回は、みたらし団子と鮎菓子だそうです。鮎菓子の求肥も手作りするそうです。

   

|

« サプライズ | トップページ | 七夕さまではないけれど »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

内容の濃い日記ですね!!
パウンドケーキのコツが特に嬉しいです。
中央を窪ます方法も詳しくてよくわかります。
今度そうやってみますね。
生地量も中身によって違うなんて考えもしなかったです。
一度計算してみよう!

チーズケーキについても興味深いわ。
最近はレアが多かったけど・・・
実践されたらまた教えてください。

投稿: メープルまま | 2007年7月19日 (木) 09時06分

ままさん、こんばんは。

パウンドの窪ませ方は、初めてのやり方でした。簡単で良かったですよ。今までの苦労が笑えます。

>一度計算してみよう!
 生地量も計算するなんて、思いもしませんでした。今までは、余ったら小さい型に入れて焼いてましたから。

やっぱり、ちゃんと教えてもらうことも大切だと思いました。

チーズケーキ、焼いたらまた出来具合を書きますね。

投稿: shino | 2007年7月19日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/7069652

この記事へのトラックバック一覧です: パウンドケーキとゼリー:

« サプライズ | トップページ | 七夕さまではないけれど »