« どっちにする? | トップページ | 暑い夏には »

熱中飴

毎日暑い日が続き、県内で日本一の暑さを2日連続で記録しました。そんな暑い日、クーラーが無く、網戸ですごしている我が家の部屋の温度は?と温度計を出してきて測ってみたら… 後悔しました。かるく36度を越していました。(暑)

これだけ暑くなる前に、テレビで熱中症を予防するためにはどうしたらいいかをやっていましたPhoto_2。そのなかで気になったのが「熱中飴」  Photo_3

昔から屋外で仕事をする方は、夏は塩を舐めながら水分補給をしていました。汗をかくことで多量の塩分が体外に出てしまうため塩分の補給は大切なことでした。

この飴は、建築会社の要望で作られたそうです。どれくらいの塩分が含まれているのかというと、100gあたりナトリウムとして2.07g 飴1粒あたりの食塩換算約0.25g この飴を探していて見つからずにかった「塩あめ」1袋(個装紙込み)140gでナトリウムとして552mg。「熱中飴」の塩分含有量の多いのが分かります。

何故この飴が欲しかったかというと、旦那さんが炎天下の下、野球の審判をしているんです。お茶やスポーツ飲料では塩分の補給は出来ないので、これなら手軽に出来るかと思って。買い物に行ったついでに探した結果、見つけましたv(・・) 早速、今日の審判に持っていってもらいました。果たして飴は舐めてくるのかな?

                                

|

« どっちにする? | トップページ | 暑い夏には »

「ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/7591014

この記事へのトラックバック一覧です: 熱中飴:

« どっちにする? | トップページ | 暑い夏には »