« 季節外れだけど | トップページ | 韓国の旅 その5 »

韓国の旅 その4 キムチ作り

 韓国の旅も3日目になりました。

 今日は、朝食を済ませたら、キムチ作りの体験です。私にとっては、この旅のメインでもあります。辛いものが苦手な私ですが、家族が食べますので以前は手作りしたこともありました。今回は、本場のキムチ作りを体験できるのでワクワクしています。

Photo_2  白菜の下準備です。新鮮な白菜を半分に切ります。塩を軸に大目、葉には少なめに振ります。ボールに白菜を入れ、そこへ、500ccの水をかけて塩を溶かします。室温20~25℃の冷暗所に12時間つけておきます。このとき重石はしません。

Photo_3  漬けあがった白菜です。綺麗な水ですすいで、ボールの縁などに立てかけて自然に水の切れるのを待ちます。絞ることはしません。
 白菜は、白い軸の部分が薄くて中が黄色のものが適しています。日本の鍋に入れる軸の厚いものは水分が多く、適さないといわれました。

Photo_4  白菜に挟み込む材料を作ります。大根は、マッチ棒くらいの大きさにきります。今回は、スライサーを使用しました。味がしみやすいためか、大雑把なのか、大根は斜めにスライサーにかけていました。
 大根は、日本のものより太目のものでした。品種は、分かりません。

Photo_5  ねぎです。斜め切りにします。

 かなり大量です。

Photo_6 ニラです。3センチくらいの長さに切ります。

 こちらのニラは、日本の店頭に並んでいるニラより細めです。

Photo_7  ニンニクとショウガです。それぞれ、すりおろしてあります。みじん切りでもいいそうですが、すったほうが、他の材料と均一に混ざりやすいと思いますが、面倒ならみじん切りでどうぞ。

Photo_9 大き目のボールに大根・ニラ・ねぎ・ショウガ・ニンニク・唐辛子と調味料を入れ、よく混ぜます。
 このとき、手にはビニール手袋をします。唐辛子で手がヒリヒリするそうで、安全のために手袋をします。私は大丈夫という人もはめて作業しましょうね。

Photo_10  白菜以外の材料が全て混ぜ合わされました。
 これを白菜の葉の間に挟みます。白菜を立てて持ち、外葉の方からヤンニョムを挟んでいきます。1枚1枚広げながら丁寧に挟み込んでいきます。外葉の方から挟んでいったほうが効率よくいきます。

Photo_11  白菜にヤンニョムが挟み終わり出来上がった状態です。

 写真の物は、少し挟んだ量が少ないようです。

Photo_12  持ち帰り用に、容器に詰めました。1人1株といわれましたが、私が選んだ白菜は小さめだったようで容器の上部にスキマがありました。教えてくださったオモニがもっと詰めていうのでとあと白菜半分入れました。結局、1.5株の持ち帰りになりました。

 作ったキムチは、帰りの飛行機の便毎に発泡スチロールの箱に入れられ空港渡しとなりました。重たいキムチを持って動かなくていいのでチョイと楽です。

  キムチの材料

 白菜(新鮮なもの)    1株(3k)
 大根            20cm
 ニンニク          大さじ1
 ショウガ          大さじ1
 ねぎ            100g
 ニラ            100g
 唐辛子           100g
 砂糖(グラニュー糖)   大さじ1
 ゴマ            大さじ1
 旨味調味料        小さじ1
 魚しょう          大さじ3 (アミの塩辛を発酵させたもの)
 塩             大さじ4~5 (白菜の下漬け用)

 魚しょうは、市販の物でいいと思います。日本ではアミの塩辛を発酵させて作ったものは手に入りにくいと思います。
 梨半分を加えても美味しい。梨を加えるときは、砂糖を少々控える。

 トゴミ村の見学は、特別な自動車で行きました。Photo_13

思わず、これって公道を走れるの?って思いました。が、日本じゃないしって、みんなで乗り込みました。お世辞にも乗り心地のいいものではないですが、のんびり長閑に走りました。

Photo_14  あぜ道の横に並んでいる白いものは、合鴨の家です。トゴミ村では、お米は「合鴨農法」で作っています。
Photo_15 合鴨は、生後1週間くらいから水田に放され、口笛・笛など各農家の合図で合鴨の家に戻るように訓練されます。合鴨の家は、屋根が合鴨の形になっていて、可愛いらしかったです。

 村内の見学を終え、地元の方たちが買い物に行く市場に行きました。日本の産直朝市みたいな物で、野菜・魚・日用品など売っていました。
Photo_16 ここで味見をして美味しかった「カニのキムチ」を買いました。丸ごとのニンニク・ニラ・斜め切りの唐辛子など入っていましたが、辛いもの苦手の私にも食べられ、カニはカリカリで美味しかったです。これを買ったお店は、キムチ専門のお店で「ケジャン」など何種類ものキムチが売ってありました。

Photo_17  キムチの他に、エゴマの葉を唐辛子などで漬けたものを買いました。おにぎりを作って、この葉で巻いて韓国海苔でまたまた包んで食べたら美味しかったです。近くで手に入るとウレシイナと思いますが、エゴマの葉自体見かけることがないので、半分諦めています。
 ここでは、韓国海苔も買い求めました。自宅用です。いい味してます。

ここでのささやかな買い物ツァーを終え、バスは昼食会場へ。

Photo_18  お昼は韓国冷麺です。

Photo_19

ここの冷麺は、くず粉が入っている麺が使われています。色は、そのためか黒っぽいです。驚いたのが、その長さです。長いこと長いこと。鋏で適当な長さに切っていただきました。切らずに挑戦した人もいましたが、やっぱり切って食べていました。

|

« 季節外れだけど | トップページ | 韓国の旅 その5 »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

 読みましたよ とても楽しかったみたいですね。
 今度、ゆっくりと お話を聞きたいです。 
 また、覗きますので 良い情報を載せておいてくださいね。

投稿: かわばた | 2007年9月30日 (日) 00時20分

おはようございます。

ようこそ、いらっしゃいませ。
ぼちぼち、書き綴っていますので、またお寄りくださいね。

旅は楽しかったですよ。また、ゆっくりとおしゃべりしましょう♪

今週の土曜、そちらに出かけれそうです。

投稿: shino | 2007年9月30日 (日) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/8149363

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の旅 その4 キムチ作り:

« 季節外れだけど | トップページ | 韓国の旅 その5 »