« 韓国の旅 その4 キムチ作り | トップページ | また買っちゃいました♪ »

韓国の旅 その5

韓国の旅も、終わりに近づいてきました。

 お昼に冷麺を食べた後、バスはヨンホリ村に向かいました。今晩は、ヨンホリ村とインジョン村の民家に泊まります。私たちは、インジョン村の金さんのお宅にお世話になることになっています。村の役場にバスが着くと、私たちが泊めて頂く家の方々が待っていました。

 金さんの車にはスーツケースが載らないので、別の車に他の人たちのスーツケースと一緒に積み、いざ、出発。
 土地勘のない私たち(当たり前)は、何処を走っているのかわからないまま車に乗っていました。遠くにお寺のような建物が見え、「立派なお寺だね」と喋っていたら車はその建物の方に入って行くではないですか!

Photo なんと、それが今晩私たちが泊めてもらう金さんのお宅でした。写真の向かって左手側の部屋が用意されていました。スーツケースが届き部屋に入れてくれたとき、ちょっと違和感を感じました。窓から直接入れたんです。ちょっと???でした。「日本なら、まず玄関でしょ」と心では。

玄関から室内に案内され、自己紹介。ここまでは、まあまあ何とか。これから先が大変でした。こちらは、ハングル語が話せない。英語なら少々。金さん夫婦は日本語はもちろん英語も駄目。どうして会話をしたらいいの!?たまたま関空でSさんが買った韓国旅行のガイドブックに載っている例文と単語で会話。質問できても答えが理解できない。途中で金さんがどこかに携帯をかけてる。と携帯をこちらに手渡した。「?」携帯にでると、電話口から日本語が。金さんも困って日本語のわかる人に助っ人を頼んだようです。でも、電話ではひとつの質問に答えてもらっただけで、私もどう喋っていいものか困りました。

 写真の家は、韓国伝統の建て方をしているそうです。ここでビックリは、私たちの泊まった部屋には、玄関からは行けないということ。荷物を窓から入れた訳がここにありました。私たちも、窓から出入りです。靴は、縁側の下に置くそうです。ガイドさんに聞くと、「韓国の昔からの家では当たり前のことです。家の周りを塀で囲って門をつけるので。」と言われました。どうりで、窓枠に取っ手が付いているわけです。
 私たちが泊まった部屋は、息子さんの部屋だそうです。ミニキッチン・トイレも付いていました。でも、浴室にはバスタブは無くシャワーだけでした。今、日本でのアパートにもトイレと浴室が一緒になっている部屋がありますが、あのタイプのバスタブなしを想像したらいいと思います。シャワーカーテンも無いので、勢い良くシャワーをするとトイレまでベタベタになります。それでも構わないそうです。でも、脱衣室がないので、トイレの蓋の上に着替えを置いてシャワーをするので、洗髪はしないで気を使ってシャワーをしました。やっぱりお風呂は、肩まで浸かりたいですね。

夕食まで時間があったので、金さんともう一人の方(村長さん)が一緒に私たちとSさん夫婦をあちらこちら案内としてくれました。

Photo_2 イチジクとブルーベリーを育てている農園に案内されました。面白い栽培方法で、プラコンに布を敷き、土(ピートモス)を入れイチジクを育てていました。土の表面には松の葉を敷いてあります。寒さに弱いイチジクは、冬は温室に移動です。プラコンでの栽培なので移動が容易い。大きくなったら、鉢に植えかえて販売するそうです。
 温室にはブルーベリーがあり、観光農園としてブルーベリー狩りもしているそうです。日本の長野などと関係があると農園の教授は言っていました。

Photo_3 次に案内されたのは、村の公民館のようなところでした。話によると、宿泊施設でもあるので、泊まることもできるそうです。
Photo_4 東屋の屋根裏です。Sさんのご主人と「木の間隔が日本の物と違いますね」などと話しながら自然の木を巧く使った建て方に感心しました。
Photo_5 屋根は、瓦ではなかったです。

 夕食は、この東屋の横にある建物で頂きました。

 夕食前に一度ヨンホリ村に戻り、韓国伝統芸能「サムルノリ」を見ました。大小の太鼓や鐘を打ち鳴らしながら輪になって演奏するもの。演奏した女性たちのグループは、あちこちに演奏に出かけるほどの腕前だそうです。

 夕食後、金さん宅に戻りぶどう棚の下でコーヒータイム。でも、会話が…

Photo_7 金さんの家からの眺望。朝、6時半。気がつくとどうやら部屋は東向きだったようで、太陽が顔を出すのが見えたのは何故か嬉しかったです。

 奥さんの手作りの朝食をいただき、集合場所まで送ってもらいました。奥さんはお料理上手のようで、出された朝食は美味しかったです。ご主人が前の晩から「マツタケを食べて」と言われていて、マツタケの煮物などもありましたが、蕨の和え物、イシモチが美味しかったです。言葉が通じればレシピが聞けたのにと、残念でした。

 

|

« 韓国の旅 その4 キムチ作り | トップページ | また買っちゃいました♪ »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/8250632

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の旅 その5:

« 韓国の旅 その4 キムチ作り | トップページ | また買っちゃいました♪ »