« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

キルトフェスティバル

今月18日から東京ドームで開催された「東京国際キルトフェスティバル」に行ってきました。
娘が東京に研修会で出かけるというので、私も仕事を終えてから東京に向かいました。日帰りも可能ですが、前泊すると朝が楽ですから。二人でビジネスホテル泊で。

朝10時開場なのですが、私が到着した9時半ころにはすでに入場の列が出来ていました。並んでいるときに、後ろにいたグループの方々の話し方に聞きなれた方言のアクセントが。伺ったところ、島根の方から団体でみえたとか。関西から日帰りという方も。日本中から集まっているようです。

Photo 東京ドームの中、所狭しと展示・販売コーナーが設けられています。Photo_3 電光掲示板にも大きく表示してありました。
この人ごみの中、携帯電話は必需品のようです。私は一人で出かけたので、勝手気ままに見て歩きましたが、グループで来ている方は、先に観客席で休んでいる人がお友達に携帯で自分のいる場所を教えて、落ち合っていました。各自が自分のペースで作品を見たり、買い物をすることができて言いと思います。

今回、事前に下調べもしないで行ったので気がついたら1つのコーナーに長い列が…
そこは4人のキルト作家の展示スペースでした。キャシー中島さん・鷲沢玲子さんのコーナーに列が出来ていたんです。迂闊だった!!朝一番で見るべきでした。泣く泣く諦めました。

Photo_4 「新作キルトの競演」のコーナーに掛けてあった港啓子さんの作品です。この方の漢字キルトが好きで、私も真似をして自分の習字の作品をキルトにしました。Photo_5 2~3cm角の布をつなぎ合わせて作ってあります。白と藍のコントラストが素晴らしいです。

このほかにもプロ・アマを問わず素晴らしい作品がたくさんあり、刺激を受けてきました。が、自宅に帰ってから、まだ針を持っていません。出来上がりを待っている作品が何点もあるというのに…

Photo_6 「シェル」のパターンというより、「青海波」かな?
一寸のアレンジで作品に与える効果が大きいです。こんなふうにアレンジのイメージが出てくるといいのですが、なかなか難しいです。

Photo_7 「和のあそび心」というコーナーで見つけたちりめんの細工物です。伊豆の方で3月の節句に吊るすと聞いたことがあります。Photo_8
これだけの数が吊るされていると見事なものです。多くの方が携帯・デジカメで写していました。

スウェーデンのアンティークキルトのコーナーで、国王のために作られたキルトも展示してありました。作成には、国王のお姉さんも加わっていたそうです。家族のためのキルト作成という原点がそこにはありました。

「ログキャビン」のコーナーでも、いろいろ発見がありましたが、メモを取らなかったので既に頭から抜けています。熱心な方は、ちゃんとメモを取っていました。

楽しんで帰ってきました。珍しく買い物はほとんどしてません。オルファのカッターナイフと布を2m、あと雑貨少々でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さむ〜い!

さむ〜い!
昨日の強風と今朝の冷え込み。庭のボールにこんなに厚い氷がはっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ドームで

東京ドームで、キルト展を楽しんでいます。
だんだん人が増えてきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとで

昨年11月ころから、カリッ・ポリッ・サクッな食感のクッキーが作りたくて(食べたくて)材料を買ってありました。

やっと月曜に時間を見つけて焼きました。

Photo 以前に作っていたレシピを少し変えて作ったところ、最初の天板1枚分は少々焦げ付きました。温度を下げ、時間を短くしてOK。

下宿から帰ってきていた娘に「いる?」と聞いたところ
「部屋の分だけでいいでね」
お昼休みに食べる分だけ、袋に入れて持ち帰りました。
残りは、2袋に分け自宅分と私の仕事場分。今回は、上の娘の仕事場分は無かったです。

職場でも、この食感は好評でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

以心伝心は程遠い!?

朝食が終わり、暫らくして旦那さんが

「どんど焼き、行かない?」
「洗濯が済んだらね」

今日は、成人の日と左儀長が重なり仕事が休みなので行く気満々なのかと思いきや、

「洗濯終わったから、行こうか」
「えっ?わしも行くのか?」
「あれ?行くんじゃなかったの」

結局、一緒に初詣に行った神社に出かけました。

Photo 最近は、環境汚染が問題となっていて神社の方が
「みかんやプラスチックは燃やさないでください」
と、左儀長に来た人たちに声掛けをしていました。

我が家は、注連飾りやお鏡のウラジロなどを燃やしました。お餅は、金網を持って行くのが面倒だというので、諦めました。
顔なじみの呉服店の女将さんは、お友達と網で焼いていました。

今年は、休日だったせいか、何時も私が行く時より人が多かったです。

「帰りはどこかに寄る?」
「タバコを買いたいからコンビニに寄って!」

旦那さんは、一緒に左儀長に行きたかったのではなく、私に帰りにタバコを買ってきて欲しかっただけみたい。なのに、言葉足らずで私と左儀長に行く羽目に。まだまだ以心伝心とはいかないようです。

旦那さんは「どんど焼き」っていったけど、私は「さぎちょー」って言うよ。育ったところが違うので、言い方が違う。時々、こんな小さな違いが会話に出てくるの。面白いね ^ー^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状と一緒に

今年も年賀状と一緒に1通の展示会のお知らせの葉書が送られていました。美濃加茂市のギャラリー「楽々」で開催される毎年、お正月明け一番の展示会のお知らせです。
Photo

今日、前期の作品を見に行ってきました。いつもならお友達を誘って行くところですが、自分のパッチワークの作品がなかなかはかどらないので、刺激をうけれるといいなぁと一人で行ってきました。

宮谷孝子さんといわれる作家さんは、今年70歳になられる高齢の方なんですが、作品の細かさは年齢を感じさせないほど凄いです。許可を頂いて作品を写真に撮ってきました。

Photo_2 案内葉書の作品です。Photo_3 写真の中の丸の中を拡大した写真です↓これを見てもらうと、細かさが判ると思います。

Photo_4 この作品も拡大した写真を撮ってあります。Photo_5 多分桜の花だと思いますが、一つ一つ、フレンチナッツで刺してあります。根気の要る仕事です。

Photo_6 今回初めて目にした作品です。絞りの模様を上手く生かして作品にしてあります。写真の中の朱色のところは、生地の虫食いのところで後ろから朱色の生地があててあります。それが作品のアクセントとなり、生地を無駄に切ることなく使って作品にしてあります。

Photo_7 この作品も生地が上手くいかされていて、花瓶の花は模様を上手く利用してあります。

昔は、1年に6枚くらい作品を作られたそうですが、最近は3枚くらいだそうです。構図を考え、(デッサンは包装紙の裏に書かれるそうです)配色を決め、生地を選んでカットして、縫って刺繍して作品に仕上げるのですから、大変な作業です。
作品に使われている技法は、アップリケ・刺繍・パッチワークなど様々です。

この展示会には、宮谷さんの妹さんの絵手紙も展示してあります。
Photo_8 サトイモの皮の描写の細かさに驚きました。Photo_9 ナスは、その質感が感じられました。絵心のない私には真似の出来ない作品です。

15日には作品の入れ替えが行われ、16日からは後期の展示が始まるので時間を作って見に行ってみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチジクで酵母を

 今年最初のパン教室でした。今回は、ドライイチジクで起こした酵母を使ってパンを焼きました。贅沢にも、パン生地にもドライイチジクを混ぜ込みました。

Photo_5 「アインパッケン」
 2種類の発酵生地で作るドイツパンです。パン粉が入ること、老麵生地が入ること、イチジクの煮汁も水分として入ること、そして、イチジクの赤ワイン煮と胡桃の入った生地を皮用の生地で包むことが特記事項です。皮用の維持で包むことによって中に入っているイチジク・胡桃が焦げることなく焼き上がります。
Photo_7 焼きあがった「アインパッケン」です。外はカリッ、中はシットリ。
皮生地とイチジク生地が一体化していて(当然だけど)、皮だけを食べることは無理。
この焼き上がりの固さは、好みでした。ドライイチジクが美味しい。

Photo_8 手捏ねで作った「パン オ ルヴァン」

天然酵母に国産小麦粉、塩、ドライイチジクを入れて作りました。Photo_9 捏ねあがった生地を3分割にして、丸型となまこ型に成形。それぞれにクープを入れて焼きあげました。どれもいい具合にクープがでました。会心のクープです v^ ^

ルヴァン・ナチュレ…自家製酵母から起こした発酵種
ルヴァン・リベール…イーストから起こした発酵生地

パン教室でのパンは、ルヴァン・ナチュレを使って焼き上げてます。「パン オ ルヴァン」は、ルヴァン・ナチュレを使って焼き上げた食事用のパンです。

ルヴァン・ナチュレを使用するのは、利点があるからだそうです。
   パンに独特な風味が出る 日持ちがよくなる

Photo_10 「パン オ ルヴァン」の焼き上がりを待ちながら、「アインパッケン」とレシピ外で焼いたフランスパンでランチです。

 ドイツパンは、生地にパン粉をよく使うそうです。残ったパンをパン粉にして使うそうで道理的です。

 イーストは小麦粉に含まれている糖分を発酵に消費するので、加える量が少ないほうが粉本来の味がでる(噛めば噛むほど味がでる)。少ないと発酵に時間がかかるので長時間発酵に。

自家製酵母でパンを焼くとき、2次発酵は長くても1時間半まで。それ以上長くなると、小麦粉の糖分が消費され、焼き色が薄くなる。

老麵生地…前日の残った(残した)パン生地

教室で残ったイチジク酵母の生地を頂いて帰ってきました。種継ぎをしました。上手くいって発酵したら、土曜か日曜にパンが焼けそうです。

来月のパン教室は、トマト酵母で作るバレンタインのパンです。フーガス・プロヴァンサルも作るそうです。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼が泣く?

 去年のパン教室の記事をアップする時間が無いうちに、年が明けてしまいました。来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、去年のことを書いたら、鬼が泣くでしょうか?でも、私の記録として残しておきたいので、書いておきます。

 12月は、クリスマスリース・アルザス風シュトレン・フルーツシリアルの3品を作りました。
Photo 強力粉にライ麦粉を混ぜた粉と天然酵母を使って作りました。リースを立体的に仕上げるため、三つ編みでなく5本編みの編みパンを輪にしてリースにしました。編み方を理解して手が動くまで、「ここに入って、これがあっちにいって…」とブツブツ編み方を言いながら編みました。余った生地で小さなリボンを付けてみましたが、どうでしょう。

Photo_2 ポーリッシュ法で作った「フルーツシリアル」です。北海道産小麦粉と全粒粉と雑穀類の生地にドライフルーツとナッツが入っています。

 元種に水分を加え小麦粉を入れて捏ね、発酵させる。(ポーリッシュ種)
 ポーリッシュ種と小麦粉・水分を混ぜ、ドライフルーツ・ナッツを加えて捏ね、生地を作って焼き上げました。
 ドライフルーツ・ナッツが沢山入っていて、私好みのパンでした。

Photo_3  今回のメインの「アルザス風シュトレン」です。
 中種法で作りました。シュトレンは普通、中種を使うそうです。

 本捏ねに入って、ミックスフルーツを加えますが、ここでよく捏ねておかないと表面がヒビ割れするそうです。また、ミックスフルーツは、中種の90~100%入れるのが決まりだそうです。
内麦は、捏ねすぎるとダレル。ダレルとボリュームがでないので、捏ね時間は8割くらいで納める。カメリア・スーパーキングは捏ね時間は関係しない。
ミックスフルーツは赤ワインに漬け込みました。

Photo_4 お昼は、焼きたてのフルーツシリアルをカットしてサラダ・ハム・チーズコーヒーと共にいただきました。
 サラダのドレッシングは、先生の奥さんの手作りで今回はすりおろしたタマネギ・ニンニクが入っていた感じでした。奥さんに確かめてないので、はっきりしたことはわかりません。

シュトレンは、クリスマス祝会の日に仕事先に持って行きました。事務部にガトーショコラとシュトレンを差し入れしたところ、シュトレンから先に無くなったそうです。みなさん、美味しいものをよく知っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生姜でシフォン

上之保の料理講座の受講生の中に、「パンを作るのが専門」という若いMちゃんがいました。東京で修行をしていたということなので、早速お願いをして「ケーキ講座」の講師をしてもらいました。

お願いしたのは、「ジンジャーシフォン」とあと1品。1品は、「簡単フォンダンショコラ」に決定。講座当日、会員15名参加で各自シフォン1個、フォンダンショコラ3個を作って持ち帰りました。

Photo_4 皆真剣に、Mちゃんのデモを見ています。

デモのなかで時々大事なポイントを言ってくれます。しっかりレシピにメモを取っています。

① 生姜は、皮をそいですりおろす。オーブンは余熱を開始。薄力粉・シナモン・ナツメグを一緒に振るっておく。卵は、卵黄・卵白に分ける。

Photo_7 ② 卵黄に砂糖を入れ、白っぽくなるまで混ぜる。この時、砂糖を入れたら時間をおかずに混ぜる。砂糖が結晶化をするのを防ぐため。

③ ここに生姜・牛乳を加えて混ぜる。

Photo_8 ④ 卵白を泡立てる。最初は、ボールを傾けハンドミキサーのビーター部分が卵白の中に納まるようにして泡立てるとよい。ある程度泡だってから、砂糖を3回に分けて入れ、ピンとしっかり角が立った状態にまで泡立てる。

⑤ ③にサラダ油を少しずつ加えながら混ぜる。

⑥ ⑤に振るった粉類を加え混ぜる。この時混ぜすぎない。泡だて器ですくって混ぜるように。

Photo_10 ⑦ ④のメレンゲを3回に分けて混ぜる。泡だて器で真ん中からすくうようにボールをまわしながら混ぜていく。

⑧ 型に流し込んで、オーブンで焼く。

Photo_11 ⑨ 焼きあがったら、逆さまにして冷ます。今回は、ビンがなかったので、湯のみ茶碗を逆さまにした上に置きました。

Photo_12 出来上がりです。

フワフワで、生姜の香りがほんのりとして美味しかったです。
これ以降2回焼きました。大人の味なのか、下の娘には不評です。

フォンダンショコラは、作り方の写真は撮っている余裕が無く出来あがりの写真のみです。

チョコレートとバターを容器に入れ、湯煎で溶かす。オーブンを余熱開始。インスタントコーヒーを濃い目に溶いておく。薄力粉とココアを合わせて振るっておく。

① 卵を解きほぐした中に、砂糖を入れ混ぜる。この時、泡立てないようにすり混ぜる。

② ①にコーヒーをいれ混ぜる。洋酒を加えるときはここで入れる。

③ 湯煎で溶かしたチョコレート・バターが均一になるよう混ぜる。

④ ゴムべらに持ち替え、③を②に入れ、混ぜる。

⑤ ④に振るった粉を入れて混ぜる。

⑥ 粉っぽさがなくなるまで混ぜたら、マフィンカップの半分位まで入れてオーブンで焼く。

Photo_13 板チョコ1枚で作るので、材料に無駄がなくてよかったです。
温かいうちに半分に割ると、中からチョコがトロ~リと出てきます。冷めると固まってしまうのでチョコは出てきませんが、レンジでちょっと温めるとまたトロ~リと出てきます。

ビターチョコで作りましたが、ミルクチョコでもOKです。そのときは、砂糖の量を半分に。

以前から下の娘に作って欲しいと頼まれていたケーキ。家に持って帰ったら大喜びで食べていました。今年のバレンタインはこれで決まり!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとう

Photo あけましておめでとうございます。
  今年もよろしくお願いします。

 昨年中にアップしなくてはいけない記事が、今年に持ち越しとなっていますが、新年初なので今年のお正月記事から書いていきます。

毎年恒例なのが、「紅白歌合戦」が終わってから近所の寺社に初詣に出かけます。今年も行ってきました。
私の住んでいる地域だけらしいのですが、初詣に行った先の寺社で福笹が売られています。限定500~1000本くらいなんですが、ただの福笹ではなく。福引になっています。景品はそこそこで異なっていますが、液晶テレビや家庭用品、子どもの玩具など多岐にわたります。

写真の「ミニ熊手」は、私が引いた福引で当たった品です。旦那さんは「破魔矢」でした。ここの神社は、「破魔矢」「長寿箸」「絵馬」などが当たります。

例年は、雑煮を食べてからもう一度別のお寺に初詣に出かけますが、今年は朝が遅かったため行きませんでした。残念です。

Photo_3 お年玉の袋です。これは、私が長女から貰ったものです。数年前から、娘から貰っています。私は、就職してから親にお年玉をあげるってことをしなかったので、今思うとあげとけばよかったなと。でも、その頃はそんなこと考えもしませんでした。

娘は、祖父母にもお年玉をあげています。別に私があげたほうがいいよと言ったわけではなく自発的に始めたことでした。
息子が就職してからは、息子は祖父母だけですがお年玉をあげています。去年就職した娘、お年玉を出さざるを得ない雰囲気の中、祖父母にお年玉をあげていました。そのときの台詞が面白い「おじいちゃん、量より質だからね!スズメの涙だけど、私があげるってことが大事なんやでね」何回も言ってました。

中身の問題ではなく、お年玉を祖父母に渡してくれるっていう気持ちがとても嬉しいです。
今年も、上の娘は3日、下の娘は4日、息子は5日から仕事です。忙しいけど、無理しないで怪我・病気のないよう頑張ってほしいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »