« 中将姫誓願桜 | トップページ | 春の薬草を食べる »

いちご酵母

今月のパン教室は、「いちご酵母」を使ってパンを焼きました。

Photo イチゴ酵母の発酵液です。これに小麦粉を加えてねり、2倍位に発酵したら発酵液と小麦粉を加えねるを3回繰り返して、元種の出来上がり。出来上がった元種は、冷蔵庫で1週間保存可能です。

今回、この元種を使って焼いたのが「キャトル・フリュイ」(4つのフルーツ)4つのフルーツは、フィグ・プルーン・カレンズ・ラズベリー。
フランボワーズのピューレも加えました。

Photo_2 焼きあがったキャトル・フリュイです。ほのかによい香りがしました。生地の色も、普通のパンより少し紫色がかかった色合いです。食べると、口の中に、甘酸っぱい味が感じられます。カレンズとフィグなどの食感も楽しめました。

Photo_3 ポーリッシュ種で作った「バゲット」です。
「バゲットクラッシック」となる予定だったのですが、普通の「バゲット」になってしまいました。「クラッシック」とは使用する予定の粉の名前で、「バゲットクラッシック」とは、クラッシックを使ったバゲットの意。教室の日までに粉が間に合わなかったそうです。

Photo_4 「バゲット」と「カンパーニュ」です。
「カンパーニュ」は、レーズン種が主でサワー種を少し混ぜてあります。生地は、5種類の粉を混ぜてます。

焼きあがったパンとサラダ、ハムでランチタイムです。
教室で話題になったのが、ベリー類の区別。ストロベリーは、イチゴでわかりますが、ラズベリー・ブルーベリー・ブラックベリー・フランボワーズ・山葡萄・木苺・野イチゴ等、日本語・英語・フランス語などが入れ乱れているので、結びつけるのが難しいという話でした。確かに、そうですね。日本語名・英語名・フランス語名など、併記してあると分かりやすいですね。

次回は、「レモン酵母」で作るベーグルのアラカルトとパン・デビスです。またまた楽しみです。

|

« 中将姫誓願桜 | トップページ | 春の薬草を食べる »

パン教室」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
とってもおいしそうなパンの数々ですね!
このパン教室はどちらにあるのでしょうか?
是非私も一度参加してみたくなりました。
もし差し支えなければ連作先やHPなどおしえて頂けますか?
突然のメールで申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

投稿: まい | 2008年5月19日 (月) 05時13分

まいさん、おはようございます。

パン教室を行っているパン屋さん、「ブーランジェ ペイザン」さんです。関市にある小さなパン屋さんですよ。「ブーランジェ ペイザン」で検索すると、HPに出会えますよ。

最近、パン教室の参加希望者が多いそうなので、もし参加されるなら早めに申し込みされることをお勧めします。
パン教室でお会いできるといいですね。

こちらは、ハード系のパンが多いので好みの分かれるお店ですね。私は好きなんですが。

投稿: shino | 2008年5月19日 (月) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/20376860

この記事へのトラックバック一覧です: いちご酵母:

« 中将姫誓願桜 | トップページ | 春の薬草を食べる »