« 焼いたよ♪ | トップページ | 米粉パウンドケーキ »

わくわく 豆腐作り

日曜に、「地元産大豆を使った手作り豆腐」の講座が開催されました。

これは、食についての講座の第1回です。今回、3回シリーズで開催されますが、曜日が講師の方の都合でバラバラなので、単発参加もOKなのです。

今回の参加者は、市民の方16名+子ども2人、スタッフ9名(除 講師)でした。

Photo 講師は、Yさんです。皆さんに、豆腐の作り方の説明をしています。その中で、「一昼夜」とは何時間をいうのかとか大豆の浸漬時間は、夏と冬では同じでいいのかといった細かなところまで説明がありました。

Photo_2 グループに分かれて、手順を確信して作業にかかります。

Photo_3 スタッフもグループの手伝いをしたり、昼食の準備をしたりで動き回っています。

Photo_4 大事なところでは、講師が各グループごとに対応をしています。にがりを入れるところは、真剣になります。

Photo_5 昼食のテーブルです。
作った豆腐を入れたお味噌汁。使ったお味噌は、去年作った手作り味噌です。
おからを使ったサラダ。炒ったおからに、キュウリ・マッシュしたカボチャ・茹でた人参・タマネギを加え、マヨネーズで合えました。
ご飯は、2種類。炊きおこわとサッと混ぜご飯。

Photo_7 揚げ餃子に見えますが、実はおからの煮物を餃子の皮で包んで揚げたのもです。カリッと揚がった餃子の皮に中のおからの煮物。若向きで美味しかったです。

Photo_8 昼食用にYさんが作ってきてくれたお漬物です。美味しいので、皆さんレシピを聞かれていました。

Photo_9 皆で自分たちで作ったお豆腐を、冷奴で美味しくいただきました。

昼食を食べているときに、私の周りで「絹ごしと木綿」の違いが話題にあがりました。一人が、「絹ごしって、絹を敷いて、木綿は木綿を敷くんでしょ?」と言うと、「違うよ」「それはないわ」など声は上がるけど、正確なことは言えず。

Yさんから説明。
 木綿豆腐は、豆乳をにがりで固め、穴の開いた箱に布巾を敷き、その中に入れ余分な水分を除いて作る豆腐
 絹ごし豆腐は、濃度が濃い豆乳ににがりを加え、穴のない型に直接入れて固めた豆腐

決して、敷く布巾の材質の違いではないとのことでした。

皆さん、家でも作ってみたいと、型はどうしたらいいのかなど質問もされていました。にがりも分けて貰いました。きっと今週中には、何軒ものお宅で手作り豆腐が食卓に上ることでしょう。我が家は、暫らくは手作り豆腐が食卓に上ることはないでしょうね

豆腐の作り方は、カテゴリ「ボラ・アド」の中の「手作り豆腐って簡単!?」の生地に中に載せてあります。そちらを参考にしてください。

|

« 焼いたよ♪ | トップページ | 米粉パウンドケーキ »

ボラ・アド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わくわく 豆腐作り:

« 焼いたよ♪ | トップページ | 米粉パウンドケーキ »