« 季節の味 | トップページ | 焼いたよ♪ »

レモン酵母

今月のパン教室、レモン酵母を使ってパンを焼きました。

Photo レモン酵母の発酵液を作っている状態です。
レモン酵母を作るのは、難しかったと先生。発酵が遅いし、酸味が増してくるしで、酵母を起こすのが大変だったそうです。

酸性の強いものは、難しいかもしれないということで、家でチャレンジはしないことに決定。

今回作ったパンは、「プチ・パン・シトロン・ミエル」「パン・デピス」、先生が「ドゥ・リーブリ」「パリジャン」を。

Photo プチパンの生地です。糖分は、砂糖ではなく蜂蜜を、油脂分は、バターではなくショートニングを使っています。
フルーツピールとフレーク状のホワイトチョコが入っています。

今回のレモン酵母、水分と混ざりやすかったです。そのかわり、生地がベタつきまとめ難かったです。
Photo_2 上の写真の生地、まとまっていないのが、先生の手にかかると綺麗にまとまっています。
この差は、縮まりません。ちょっとは近づきたいと思って捏ねていますが、道は険しいです。

Photo_3 焼き上がりです。まずまずの出来上がりで、私的には成形もまずまず上出来のほうかな?

食べたとき、レモンの香とピールのほろ苦さがマッチしていて美味しかったです。
レモン酵母も、レモンの香が生きていました。匂いを嗅ぐと、ホワァッとレモンの香がしてました。

Photo_4 パン・デビスです。
デビスは、香辛料・スパイスの意味です。
色の黒い、甘くないパン(お菓子)です。

酵母・イーストもベーキングパウダーも使わないので、膨らみが悪いですが、それなりに割れたパン・デビスも多かったです。私は、割れ目はいまひとつでした。捏ねすぎたのか、捏ね足り無かったのか、原因は何だったのでしょう。香辛料の多いものは好きなだけに、ガッカリでしたweep リベンジは、どうしようかなthink

Photo_5 ランチ用に焼いたパン。「ドゥ・リーブル」と「パリジャン」です。どちらも先生の成形です。大きすぎて私たちには、難しい(無理) 横に写っている携帯電話mobilephoneで大きさを判断してください。

「ドゥ・リーブル」は、2ポンドの意味です。900g55cmの長さです。クープを写真のように斜めに入れたものと、格子状に入れたものの2種類焼きました。斜めに入れると、焼いたとき生地に高さがでるけれど、格子状に入れると生地は横に広がって焼きあがるそうです。

Photo_7 パリジャンの断面です。
焼きたての皮のパリパリ、美味しかったです。
低温長時間発酵のため、酸味がキツイです。好みの分かれるところですね。

「パリジャン」は、パリっ子の意味。650g68cmの長さです。

次回は、発芽玄米の酵母と酒粕酵母のパンです。日本のパン。楽しみです。

|

« 季節の味 | トップページ | 焼いたよ♪ »

パン教室」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
通ってらっしゃるパン教室とても素敵ですね。
毎月色々な酵母でパン作り。
とても興味があります。よろしければそのパン教室の事や
連絡先をしりたいのですが、教えて頂けますか?

宜しくお願いいたします。

投稿: なお | 2008年5月20日 (火) 18時35分

おはようございます。
パン教室情報ありがとうございました。
すみません。2回も同じようなメールをしてしまい・・
イチゴ酵母のコメント欄で確認しました。

投稿: なお・まい | 2008年5月21日 (水) 05時28分

なお・まいさん、おはようございます。

いちご酵母の記事で、パン教室情報を確認していただきよかったです。

楽しい教室なので、一度参加してみてくださいね。お会いできると嬉しいです。

なお・まいさんは、御姉妹なんですか?

投稿: shino | 2008年5月21日 (水) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/20989599

この記事へのトラックバック一覧です: レモン酵母:

« 季節の味 | トップページ | 焼いたよ♪ »