« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

エントランス展示

エントランス展示
エントランスホールの展示の最中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

差し入れで~す

メープルままさんのところで見た「ブルーベリーマフィン」

冷蔵庫に眠っていたブルーベリーがあったので、作りました。

Photo シリコン型が手近にあったので使おうと思ったのですが、天板のサイズと合わなくて断念。

何時もどおり、アルミ型を使って焼きました。冷凍のブルーベリーなので、混ぜているうちに、生地に色が移って汚くなってきました。どうなることかと思いながら焼いてみたら、心配するほどのことはなかったです。

試食してみたら、軽い食感で、いい感じでした。暑いときは、軽い食感のものがいいですね。  

明日の差し入れに持って行きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏休みの思い出つくり

17日に、夏休み親子講座を行いました。当日、欠席の連絡もあり13組  人の参加者でした。会員は13名の参加です。

調理台1台につき、2~3家族+会員1~2名で行いました。

作ったものは、石窯風ピザと泡泡ゼリーです。

Photo 講師のMちゃんがピザの作り方を説明。皆真剣です。

上手に、子どもにも判りやすく説明しています。捏ね方の説明を聞き、実演を見た後は、調理台に戻って生地捏ねに挑戦です。

Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 生地を混ぜ合わせ、捏ねて、調理台に叩きつけてと工程が進んでいきます。叩きつけるときには、あちこちでバンッ、バチッ、バシッといろいろな音が聞こえてきました。捏ねあがった生地は、丸めてボールに入れ、ラップをかけて暖かいところで発酵させます。

Photo_6 Photo_7 包丁を使って、トッピングの具を切ることにチャレンジ。手を切らないように真剣です。
横で見ているお母さんは、ハラハラ・ドキドキ。思わず手が出そうです。

発酵した生地を成形します。
Photo_8 ガス抜きをした生地は、円く成形します。縁に土手を作ったら、天板サイズに伸ばします。

さすが!Mちゃんは、両手を使って伸ばしていきます。私たちは、台の上で伸ばします。

伸ばした生地は、オーブンシートを乗せた天板の上に。

Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13 Photo_14

思い思いのトッピングのピザが出来ています。

Photo_15 トッピングの終わったピザから順番にオーブンの中に。

「早く焼けないかな~」 「まだかなぁ」 焼けるのが待ちどおしいね。

ゼリーも作りました。
Photo_16 リンゴジュースでゼリーを作ります。氷水でボールの底を冷やしながら、とろみが付くまで混ぜながら待ちます。

Photo_17 とろみが付いたら、コップに入れます。

上手に入れられるかな?

全部をコップに入れずに、少し残します。残したゼリー液を氷水で冷やしながら泡立てます。コップのゼリーの上に乗せます。

Photo_18 出来上がった泡泡ぜりーです。

ちょっと見、ビールに見えませんか?
子どもたちには、うけていました。大喜びです。コップの口から溢れるくらい盛り上げると、より一層ビールに似てきます。

どちらも出来上がったところで、「いただきま~す」

美味しくいただきました。

Mちゃん、ありがとうございました。

続きを読む "夏休みの思い出つくり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたランチに

先日、娘と仕事の休みが同じになったので、またまたランチに出かけました。というよりは、娘が出かけるのに付いていき、一緒にランチを食べたというほうが正解。

今回ランチを食べたのは、娘が友達に連れて行ってもらい「美味しかったから、お母さんも行っておいでよ」と言われておりながら、機会が無くまだ行ってなかったお店です。
Photo
「Kitchen 具u」

ここでランチです。

注文したのは、創作寿司コース。
Photo_2 Photo_3

サラダとスープ。スープは、コーンスープ。濃くて美味しかったです。点心は、餃子とシュウマイ、卵焼き。蒸したてでホカホカです。


Photo_5 Photo_6 Photo_8 Photo_9 Photo_10 この10貫が1枚の板の上に乗って運ばれてきました。    

クリームチーズの入ったもの、海ブドウが乗ってるもの、巻物もあります。

海のものが好きな私たちは、美味しくいただきました。

Photo_11 デザートは、どら焼きでした。私たち好みの餡がたっぷりのどら焼き。餡は、自家製だそうです。近日中に、どら焼き専門店がオープンするそうです。
コーヒーと一緒にいただいてきました。

次回は、何時、何処に、誰とランチに行くかな?

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メタボ対策

「健美薬草教室」に行ってきました。3回目は「メタボリックシンドローム対策」についての話でした。

メタボとは何かという話から始まりました。これについては、ここでは省略。
肥満には、2週類ある。内蔵脂肪型(リンゴ型)と皮下脂肪型(洋梨形)  脂肪の蓄積方法は、内臓脂肪型が普通預金型、皮下脂肪型が定期預金型だそうです。

ご飯の食べ方でも肥満になりやすさが変わるそうです。ご飯を一気に食べると体内では糖分を脂に変化させるそうです。満腹中枢が働かないので。理想は、食物繊維と一緒にゆっくり時間をかけて食べることだそうです。

体内に蓄積られるのは、脂肪だけではなく消費できなかったカロリーが蓄積されるので、炭水化物やたんぱく質も体脂肪として蓄積される。摂取したカロリーは消費するに限る!

ダイエットは無理をしてはいけない。

1日3食取る。2食では太りやすくなる。空腹時間が長いため、吸収したすぐに脂肪に変えてしまう。(冬眠前の熊)
夕食後はすぐ寝ない。寝る2時間前までには済ます。

脂肪をためないためには、量より質。肉→魚→大豆みたいに。

台所にも薬草は沢山ある。生姜・山椒・胡椒・唐辛子・紫蘇・大蒜等

コンニャクが最近、美肌の食品として注目されている。「セラミド」が含まれているからなのだけど、コンニャク粉から作ったコンニャクには含まれていない。コンニャク芋から作ったものに含まれているそうなので、購入の際には、裏の表示を確かめて買いましょうね。私の愛用している下呂コンは、芋から作っていますscissors

ゴマは、殻が固いので炒りゴマや擂りゴマにしたほうが、栄養素は吸収されやすい。

薬大の先生の話が終わって、お楽しみの薬膳料理です。

Photo
先付け
  モズクと山薬
    モロヘイヤの山葵和え
茎わさびが入っていて、いい塩梅の辛さでした。

Photo_2
前菜
  鮎紅花酢炊き
  鶏肝生姜煮
  スベリヒユ味噌和え
鮎は、酢炊きしてあるので頭から全て食べられました。酢の味が勝っていることもないです。スベリヒユは、先日天ぷらで食べましたが、テレビで山形では「ヒョウ」と言って和え物で食べると放送してました。

Photo_3
お造り
  すずき茶洗い
    トサカ海苔
お茶で洗うと臭みが取れるそうです。

Photo_4
煮物
  茄子揚げびたし
    宿儺南瓜・ハスの実・パプリカ・ニガウリ・ベーコン
同じ大きさに切って、素揚げしてありました。

Photo_5
台の物
  飛騨牛と美濃ケントンの薬草巻き
     金時草・ミョウガ・金針菜・オカヒジキ・エゴマだれ
先日の料理講座では、鶏のたたきを使って同じように作りました。

Photo_6
油物 
  鮎の香り揚げ
     郡上味噌ソース
鮎のおなかの中に、大葉と何かもう1種類挟んでありました。後で聞こうと思って聞き忘れました。

Photo_7
留め鉢
  枝豆の葛豆富
    そうめん南瓜・ハスガラ・金針菜・バクダイ・クコ・柚子胡椒
このお料理のも先日の講座で教ええいただきましたが、そのときより細かくミキサーがかけてありました。

Photo_8
食事
  鮎ごはん
    生姜・笹タデ

Photo_9

  清まし汁仕立て
    葛きり・ジュンサイ・松茸
季節の先取りで、松茸が使われてました。写真がピンボケですsad

Photo_10
香の物
  3種盛り合わせ

Photo_11
水菓子
  カスピ海ヨーグルト仕様
    イチジク・ブルーベリー・杏仁豆腐・メロンゼリー
カスピ海ヨーグルトは、料理長が作り続けているものだそうです。

今回のお茶は、桑・イチジク葉・玄米茶でした。癖が無く飲み易かったです。

美味しいお料理をいただいて帰りました。ちょっと食べすぎ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山

土曜日、急なお誘いを受けて富山まで行って来ました。

全線開通した東海北陸道を走って、富山まで3時間ほどでした。日本海が近くになったと実感です。

お盆の休みに入ったときなので、道が渋滞するのが嫌で朝6時出発です。車は順調に走り、7時にはひるがの高原SAに到着。美味しいパンが売店にあるというので、購入したいと思ったらまだ発売時間前。ちょっと待っていたら販売時間となり焼きたてのデニッシュを買い、朝食が早かったので早速味見。温かいアップルデニッシュは、美味しかったです。

時間に余裕のあるので、トンネルとトンネルの間にある飛騨河合SAにも寄ってみました。到着した時間が営業時間より早くて、売店の方はいませんでした。

車窓から風景を楽しみながら、おしゃべりをしているあいだに、車は富山県に。風景が変わってきました。山のある風景から平野の風景に。散居村です。家の外観・大きさや木の面白さに話が弾みました。

車は、富山市に到着。とりあえず、目的地を確かめておこうと「富山県民共生センター」へ。車を駐車場に止め、館内へ。2階の喫茶室でコーヒーを飲み、一服。

今日の目的は、ここで行われる講演会。牟田静香さんによる「行列のできる講座の作り方」 講座開始は午後。その前に、昼食をとることに。

事前リサーチしてあった(私ではないです)、オークスカナルパークホテル富山にあるWAZAへ。
Photo 注文したのは、土・日・祝限定のWAZAランチ。
美味しくいただきました。ここのメニューに富山湾で獲れる白海老のかき揚げがありました。ディナーメニューということで注文を諦めていたところ、隣りのテーブルに運ばれてきたではないですか! 

で、注文。お店側も断れなかった(?)のか、運ばれてきました。
Photo_2 「白海老かき揚げ」 
塩加減もよく、カラッと揚がっていて美味しかったですよ。

Photo_3 ホテルから会場までの戻り道。
一寸見、外国風。歩道が広くて、心地よい風が吹きぬけ、歩いていて気持ち良かったです。この辺りのみ、歩道が広く取ってありました。

午後からは、講演会を聞きました。講座を企画したら、定員以上の応募が欲しい。そのためには、どんなチラシを作ったらいいのか、どんな企画をしたらいいのかを3時間の公演時間で話されました。
講師の牟田静香さんは、エセナおおたの方で「人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方」という本も出されています。

講演の内容には、私たちが講座を企画したり、チラシを作ったりするときに役立つことが沢山ありました。帰りの車中でも、短く感じた3時間の講演の内容について話したり、これからの活動内容に触れたりしてました。

クックラひるがのに着いたときは、6時頃になっていました。夕食に味噌ラーメンを食べました。味噌は、郡上味噌を使ってるとのことで、普段食べている味噌ラーメンと味噌の味が違っていました。お店を回っていたら郡上高校の生徒さんが作ったヨーグルトが売ってました。お店の方が、毎日郡上高校まで取りに行かれるそうです。Photo_2

Hさんの携帯に着信が。家族の方から「北のほうは空が黒いけど、雨は大丈夫?」と。このときは、まだ雨は降っていませんでした。南進するにしたがって、空では空中放電が、雨も降ってきました。雨によるスピード規制も始まりました。トンネルを出る直前に停電でトンネル内のライトが消えました。ビックリです。

往きの道中では、「トンネルが多いね」と苦情(笑)を言いつつ走っていたのに、雷雨の中を走っているときは、「トンネルの中は雷雨のときは安心だね」と勝手を言ってました。朝の集合場所に着いたときは、雨はほとんど降ってなくホッとしました。

富山に行った皆さん、お疲れ様でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石に絵を描こう

夏休みの親子講座に参加してきました。って言っても、スタッフです。幼児・小学生の親子対象なので。

現地に行くまでの川周辺の道路や駐車場には、他県ナンバーの車が沢山ありました。目を川に向けると、川原ではバーベキューや水遊びを楽しんでいる人たちが。

講座を行う川原にも、私たちが着いたときには既に2組がテントを張っていました。うち1組は、講師の後藤さんが私たちのために張っていただいていたものでした。

Photo 石や地層・考古学に詳しい後藤さんに、川原近辺の地層や石についての話を聞きました。参加者から質問が出たりして、ちょっとした地学の勉強でした。

ストーンペインティングをしたことのないメンバーばかりだったので、1冊本を読みました。
Photo_2 読んだ本は「いしころ」
 石の形や模様を利用して絵を描いたり、並べて形を作ったり、色や形で仲間分けをすることが載ってます。

子どもたちに楽しんでもらえたようです。中身が印象的だったのか、4歳のこう君の作品「アリ」です→Photo_4 感性豊かな作品なので写真に写しました。足は、あたりに生えていた草の葉を利用しています。持って帰れないのが残念です。

Photo_5 Photo_6 大人も子どもも一緒になって楽しい時間を過ごしました。なんか大人のほうが一生懸命だったような気がします。

川を渡る風は、気持ちよく心地よかったです。

Photo_7 Photo_8 いろいろな作品が出来上がりました。

食べ物シリーズで絵を描いた人、形を生かして描いた人、自分の描きたいものを描いた人、それぞれが楽しんだ時間でした。

後藤さんには、ストーンペインティングが終わってから石刃の作り方を実演してもらいました。石(エジプト産)を石や鹿の角で割ったりして、石刃が出来上がっていきました。
Photo_9 なかなか見ることのない石刃作り、大人も子どもも見入っていました。

出来上がった石刃で紙や草を切ることが出来て、驚きでした。古代の縄文・弥生人たちが身近に感じられた瞬間でした。

出来上がったストーンペインティングの作品は、新聞に包んで持ち帰りました。

子どもたちは、川に入り水を楽しんでいましたが、水着を持ってこなかったことが残念だったようです。水遊びを楽しんでいる家族連れもいましたから。

川原での3時間あまりを楽しんで、講座は終了しました。

続きを読む "石に絵を描こう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »