« 夕食後のハプニングとキムチ作り | トップページ | 再びソウルへ »

トゴミ村からユチョンリ村へ

キムチつくりを始める準備をしているとき、部屋の中がなにやら賑やかだと思ったら、にわかファッションショーが開かれていました。
写真がないのが残念ですが、風呂敷を使ったエプロンやバンダナで作った帽子・手作りのエプロンなどが紹介しあっていました。バンダナを使ったものは、すぐにアレンジされてまた発表して、その発想に皆さん、爆笑したり、感心したりで楽しい時間でした。

キムチ作りも無事終了し、地元の方が買いに行く市場に行きました。昨年寄った市場は、お休みだということで、公設市場に行きました。

ここで皆さん、買い物です。
Photo 一番人気の韓国海苔です。
朝食に出た韓国海苔が美味しかったので、どの海苔が朝食に出たものか、一緒に買い物に付き合ってくれた村の方に聞き、写真の海苔だと判り2袋3袋5袋と買ううちに、お店に合った韓国海苔は売り切れ。別の店に移動して、またまた買う。何人もが買うので、2軒目のお店も売り切れになったようです。恐ろしきお土産の量(嵩)になってました。

胡麻油・エゴマ油を購入していた方も多かったようです。

Photo 私は、韓国海苔3袋(他人のことは言えませんが)とジャージャー麵用のチュンジャンを3箱買いました。チュンジャンは、お友達からの頼まれ物です。コチュジャン・テンメンジャン・トウバンジャンなどは使ってますが、チュンジャンは知りませんでした。で、私用も含めて買いましたよ(新物好き!) でも、この箱のデザイン、オリ○○タルカレー(ハヤシだっけ?)のパッケージによく似てますね。

買い物も終わり、バスはユチョンリ無理を目指します。途中、ランチタイムに冷麺を食べに食道に寄りました。
Photo_2 Photo_3 韓国冷麺をいただきました。麵が長~いので、最初にハサミで麵を切ってから食べます。
麵の色が日本の面を違っているのは、材料の違いでサツマイモのデンプンと葛粉で作ってあるそうです。芥子と酢を入れて食べるそうですが、私は酢のみ入れました。韓国の方は、汁まで完食するそうですが、500cc位あるので、完食は無理でした。

食堂をでて、バスはユチョンリ村に一直線に向かいます。

村の役場に着いたとき、もう村長さんはじめ村の方が待っていました。それぞれ泊めていただく農家の方の車に荷物を乗せ、移動です。私は、今回は村の公営の施設に泊まることになっていましたので、そちらに移動です。

案内の方が、部屋とそこに泊まる人数をHさんに説明をしている最中に勝手に自分たちで泊まる部屋を決め入ろうとするグループもあり、まったくコマッタチャンです。一寸イラついた私は、部屋割りを仕切っちゃいました。

部屋に入り、まずは布団干し。ビニール系のカバーがかかっていたので、ちょっと疑問に思いながらも干していたら、各宿泊家を回ってきたガイドさんが「カバーは保管用なので外してください」って。「やっぱり」とカバーを外し干しなおし。カバーの中は少々露が発生してたので干して正解でした。

ここでもささやかなお茶会。お湯が沸かせなかったので、ペットボトルの水で水立てのお抹茶です。初めて水立てって言葉を知りました。各部屋の方にも、差し上げました。って、私がたてたんじゃないんですが(笑)今回もKさんが主人役で、私はお運びです。

一服した後は、ブルーベリー農家の見学です。
Photo_4
ソウルの大学の先生が週末だけ来て栽培している農園です。長野県で栽培の勉強をしたそうです。色々な種類(50品種)のブルーベリーが栽培されていました。ブルーベリーに見せられた理由は、春の白い花、秋の紅葉した葉の見事さだそうです。

Photo_5
犬も飼っていましたが、放し飼いのまん丸に太った鶏が気になりました。のんびり餌を啄ばみながら歩いていましたよ。

Photo_6 次に視察に行ったのは、大工さんの学校です。伝統的な韓国の家を作る大工さんの養成学校です。幅広い年齢の方が学んでいるそうです。

国産の木で建てると坪当たりの単価も高くなり、外材で建てると国産より安く建てられるそうです。
Photo_7 Photo_8 建築中の家に入ってみました。天井に漢字で何か書いてありました。日本でも棟上の日にちなど書くのと同じことのようです。縁起物として、亀と龍の字も書いてありました。
大切なことは、ハングル文字ではなく漢字で書くようです。
軒下の彫刻も写真に撮りました。凝っています。

見学を終え、夕食の時間です。
Photo_10 村の方による「サムルノリ」です。
韓国の伝統芸能で、鐘や太鼓を鳴らしながら踊ります。

お返しに、「炭坑節」「東京音頭」を踊りました。このために、浴衣と豆絞りが用意されてました。村の方も交えて踊りました。

Photo_11 Photo_12 夕食は、プルコギでした。美味しくいただきました。未だ時期的に早いと思いましたが、松茸も出ました。 Photo_14

夕食の後は、部屋に戻りお喋りタイムで夜遅くまで楽しみました。

|

« 夕食後のハプニングとキムチ作り | トップページ | 再びソウルへ »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/23952738

この記事へのトラックバック一覧です: トゴミ村からユチョンリ村へ:

« 夕食後のハプニングとキムチ作り | トップページ | 再びソウルへ »