« 最後の夜。そして帰国 | トップページ | JA食農オープンフォーラム »

メタボ対策講座

韓国の旅の記事がやっと終了したので、溜まっていた記事を遅くなりましたが順次書いていきます。

G女子大学から、第2回公開講座の案内が送られてきました。
メタボについての講義と料理実習です。早速、お友達の分も一緒に申し込みました。

Photo 駐車場に車を止め、校舎に向かって歩いていくと看板が…

校舎の入り口まで、迷子にならないようにの配慮なのでしょうかあちらこちらに立っていました。

4時間の講座のなかで、前半は教授の講義です。以前受けたメタボ対策のときと同じようなことも言われました。

太るのは、摂取カロリーと消費カロリーの割合が悪いから。食事に気をつけ、運動しましょう。毎日、少しづつカロリーを減らせば痩せられますよ。油は必要なので、必要以上に油抜きをすることは身体に悪いですよなどなど。

分かっているのですが、ついつい食べ過ぎてしまうんですよね。

講義が終わって、調理実習です。
今回のメニューは、①バラの花のお寿司 ②鮭の枝豆入り五目あんかけ ③ヘルシーおから ④ごま風味味噌汁 ⑤グレープフルーツゼリー の5品です。

各テーブル、参加者4人と学生1人です。調理に入る前に、先生のデモを見ました。

各テーブル、一斉に調理にかかります。私たちのテーブルは、私と友達、もう二人の方も友達同士で参加されていました。
まずは、ゼリーからですが、ゼリーといいましたが寒天で固めました。グレープフルーツは、ゼラチンでは固まらないのにどうやってゼリーにするのかと疑問でしいたが、寒天と聞いて納得。でも、寒天で固めたらゼリーじゃないですよね。
ゼリーつくりは、お2人に任せて、私たちは野菜を切り始めました。どんどん切っては、調理していき、洗い物もどんどん片付けていきましたよ。

お寿司を巻く時に、「巻きますか?」と尋ねられましたが、「お任せします」と答えておかずを作ることに専念。

気の毒だったのは、学生さん。調理のお手伝いは何も無く、食器の出し入れにほぼ専念でした。食器を出し入れしてくれたおかげで、盛り付けなどがスムーズに出来ました。

出来上がったメニューです。
Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 お味噌汁を単品で取り忘れています。                     

Photo_6 テーブルに並んだメニューです。

私たちのグループは、一番早く出来上がりました。手分けして作ったのがよかったのかもしれません。学生さんも先生もビックリでした。
「いただきます」をして食べたかったのですが、全員が出来上がったら、一斉に「いただきます」をするということで、お預けでした。
皆さんが出来上がった頃には、お味噌汁は冷めていました。

バラの花のお寿司ってどんなものなんだろうと不思議に思っていましたが、作ってみて納得。簡単で見栄えがして、お客さんのときにピッタリ。

Photo_7 薄焼き卵に、デンブで赤色を付けた寿司飯を疎らに敷き、その上に紅生姜を散らします。それを巻いて芯にします。
海苔の上に寿司飯を敷き、薄焼き卵の親を置き、細く切った海苔を両脇に置き、その上に野沢菜を置き、巻きます。切ったらバラの花に見えるんです。
デンブの代わりに鮭フレーク、紅生姜の変わりに人参の似たものなど応用はきくようですね。
Photo_8 こんな感じに大皿に盛ると豪華に見えていいですね。

ヘルシーおからは、出し汁ではなく牛乳で煮ました。なかなか美味しかったです。

|

« 最後の夜。そして帰国 | トップページ | JA食農オープンフォーラム »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/24301764

この記事へのトラックバック一覧です: メタボ対策講座:

« 最後の夜。そして帰国 | トップページ | JA食農オープンフォーラム »