« | トップページ | 紅葉狩りとランチ »

かぼちゃとオレンジで

成人学校のパン教室に行ってきました。

今回は、「かぼちゃパン」と「クレープ・シュゼット」でした。

Photo かぼちゃパンと聞いて、かぼちゃ餡が入ったアンパンかと思いきや、生地にかぼちゃペーストを練りこんだプチパンでした。

かぼちゃペーストは、先生のMちゃんや畑で育てた自家製です。皮まで一緒にマッシュしたペーストだったので、パンは黄色ではなく黄緑色に仕上がりました。材料を無駄なく使うので、この色のかぼちゃパンもあり( ̄ー ̄)ニヤリだね。
出来上がりのパンは、掴むと凹むくらいフワフワでした。

パンと平行して作っていたのが、クレープ。
市販のクレープみたいに生クリームと果物を巻き込んだものではなく、本格フレンチのデザートで出てくる「クレープ・シュゼット」です。
Photo_2
焼いたクレープを、バター・砂糖・オレンジジュースで作ったソースの中に入れ少し煮て、オレンジの実とブランデーを加えてアルコール分を飛ばして出来上がりです。
お洒落なデザートです。クッキングパパで知っていたんですが、まさか自分で作るとは思いませんでした。
オレンジとバターが口の中でフワッと広がりました。

美味しくいただいて帰りました。お土産はかぼちゃパン。クレープシュゼットだけでお腹が満足しちゃいました。

今回のお得な技。

オレンジの房を綺麗に剥く方法。ちょっと贅沢なやり方ですが。
オレンジの頭とお尻を切り落とします。皮を頭の方からお尻のほうに剥きます。この時、房が見えるくらい剥きます。皮に多少実がついても諦めましょう。
皮が全部剥けたら、1房 包丁をV字に入れて切ります。2つ目からは手前の薄皮を剥がし、後ろの薄皮の際に包丁を入れて起こすと房がポロッと取れます。これを繰り返すとアレンジの房が綺麗に外せます。

製菓の基礎だそうです。和食で言えばダイコンの桂剥きに当たるような。

|

« | トップページ | 紅葉狩りとランチ »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/24750545

この記事へのトラックバック一覧です: かぼちゃとオレンジで:

« | トップページ | 紅葉狩りとランチ »