« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

イチゴジャム

Photo
今年のイチゴジャムです。

なかなかお値打ちなイチゴに出会うことがなくsad、ジャムを作ることが出来ませんでした。でも、少しは作りたいので1パック200円を切ったのを見つけてました。

量が少ないので、いつもと作り方を変えました。
洗ってヘタをとって重さを量り、重さの50%の砂糖を用意するのは同じ。
耐熱容器にイチゴを入れ、砂糖をまぶして暫らく放置。
水分が出て砂糖が溶けてきたら、レンジで加熱。
30秒を3回。水分が泡だちかけたら、鍋に移して強火で加熱。
好みの固さになったら、煮沸消毒した壜に入れ脱気して冷蔵庫保存。

レンジ加熱のときは、沸騰して吹きこぼれないように注意。
固さは、コップの水に1滴落として底まで散らずに落ちればOK。
イチゴジャムは、冷蔵庫保存をしないと色が褪せてくる。

レモン果汁、無かったので入れてないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワークショップに参加

Photo
昨日、娘と「ウェルフェア2009」に行ってきました。
ここ数年、長女と出かけています。その時その時、目的があって出かけるのですが、今年もワークショップに参加申し込みをして出かけました。

Photo_2 今年参加したワークショップは、「手作りテーション」。
「手作りテーション」とは、何か。「手作り作品」の最初と「リハビリテーション」の最後をくっつけて講師の方が作った造語だそうです。
手作り作品を通じてリハビリテーションをしていこう」という意味が込められているそうです。

30分程度の話があり、作品作りにかかりました。今回作った作品は「色柄文字」です。

Photo_3
私の作品です。

作り方は簡単です。
好みの文字を選びます。
白紙にサインペンで文字の輪郭を写し取ります。
好みの色・柄がある広告を選び、はさみhairsalonで細かく切るか手で破いたりして紙片を作ります。
スティック糊を使って、貼っていきます。このとき輪郭からはみ出してもかまいません。
文字の輪郭内を埋め尽くしたら、はさみかカッターナイフで裏から輪郭線に沿って切ります。
色紙に貼って完成です。
切り抜く前に、3~5回くらいニスを塗ると艶もでて綺麗だそうです。
Photo_4
文字のアップです。
着物の広告をハサミで切って貼りました。
細かく切ったのと色にこだわったので、1時間で完成しませんでした。自宅に戻ってから切り抜き、色紙に貼りました。

話の内容はあまり役に立ちませんでしたが、作品作りは楽しく出来ました。

ワークショップが終わってから、会場内のメーカーのブースを見て歩きました。昨年に比べて、参加企業が減っていました。寄ろうと思っていたメーカーが不参加で残念でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

少しだけ

Photo
今年は少しだけですが、「朴葉寿司」を作りました。

買い物に行った近所のスーパーで朴葉を見かけたので、悩んだ末2袋購入しました。

いつもだとお友達から朴葉を頂くのですが、今年はちょっと無理でした。で、作るのを諦めていたのですが店頭で見かけてので作ることにしました。

Photo_2
今年作った「朴葉寿司」です。去年作った「朴葉寿司」とちょっと具が違っています。変わらないのは、焼いた鮭をほぐして寿司飯に混ぜることです。
シイタケ・人参は、千切りにして味付けしています。絹さやは、茹でて千切りに。味のアクセントに、メープルままさんにいただいた紫蘇の実の佃煮を乗せました。
成形もいつもなら2つ折にするだけですが、葉が大きかったので横も折り込んで四角に包みました。

今回は20個しか作らなかったので、自家消費で終わってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オリーブ入りのパン

パン教室に行ってきました。

Photo_3
今日のランチ用のパンbreadです。
何時もなら皆で成形をするので、誰が作ったかは判らないのですが、今日は自分が食べる分restaurantを自分で成形・クープを入れて焼きました。

Photo_4 Photo_5 私が作ったパンです。

パヌトンに入れて成型したほうは、クープが深いと先生に言われcoldsweats01 コッペに成形したほうは、何も言われませんでした。

Photo_6

ランチ用にカットしました。
ライ麦(荒挽き・細挽き)・全粒粉が入っているので、色は白くないです。皮はカリッと焼きあがってました。

Photo_7
カレンズ酵母で作ったパンです。
生地を2つの分割して、片方にカレンズ、もう片方にオリーブを入れて成形しました。

Photo_8
カレンズは、ギッシリ入っています。
オリーブも入っています。
オリーブは、カットしてオリーブオイルとハーブで味付けをして生地に混ぜ込みました。

Photo_9
オリーブを混ぜたほうの成形がちょっと変わっていて、長く伸ばした生地の両側から指で挟んで括れを作ります。しっかりと挟むと←のようになります。手で折って食べることが出来ます。↑の私の成形は、いまひとつ括れが足りません(;´д`)トホホ…
オリーブの入ったほうは、食事パンとしてワインwineと一緒にいただくと美味しいでしょう。

今日は、生徒が少なかったため?早く終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンパンマンに会いに

Photo
最終日の直前に、←に行ってきました。

午前中は講座があったため、午後からのお出かけになりました。最終日でもよかったのですが、友達が都合が悪いのとお天気も土曜より雨風が強いとの予報だったので、ちょっと強行軍でしたが行ってきましたhappy01

Photo

「こども陶器博物館」の入り口のタイルです。
可愛いので、カメラに。

Photo_2

館内のエレベーターの扉です。

五味太郎さんの絵です。

「アンパンマン」の原画・「やさしいライオン」の原画が展示されいて、見てきました。「やさしいライオン」は私が若いときに本を買っていて、懐かしく文章を読みながら原画を見ました。

多治見市のキャラクター「うながっぱ」のやなせたかしさんが描かれたので、同じフロアーに展示してありました。

先日亡くなられた三木たかしさんが作曲された「アンパンマンマーチ」の楽譜も展示してありました。

館内の喫茶コーナーでコーヒーを飲みました。数種類あるカップの中から自分の好みのカップで飲むことが出来、帰りにカップをいただいて帰りました。カップの柄は、ミッフィーちゃんとその仲間たちです。

夏には「ディック・ブルーナー」展があるので、また出かけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふくろう

小物作り講座の3回目。

Photo
今回は、「ふくろう」です。
最近は、不苦労と書いてみたりみたりして、縁起がいいとされています。アメリカでは、ふくろうは学問の守り神のようです。

Photo_2
出来上がったふくろうが、集合しました。
簡単に出来るので、時間内に2つ作った方も何人かみえました。

次回は、「猫のカードホルダー」です。 可愛く作りたいですね。

家では、6月の旅行用にショルダーバックを作っていますが、なかなか進みません(^-^; 
なんとか間に合わせたいと頑張っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これって?

Photo いつの間にか門の横に増殖している。

名前はなんて言うのかな?
植物には詳しくない私にはわからないこの花。

花が終わったら、実が生っている。

Photo_2 Photo_3 食べようか、やめようか。ただ今思案中think
だって、鳥も虫もやってきてない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やめられない♪とめられない♪

先日、Nちゃんから夏みかんをいただきました。娘さんの嫁ぎ先で生ったものだそうです。

さて、どうして食べようかと思案。そのまま置いておいても、食べるのは多分私だけ。じゃあ、加工してしまおうflair 

Photo
まずは、夏みかんピール。
出来上がりを摘まんでいた娘、「いかんわ。食べるの、やめられなくなってしまうdelicious
ちょっぴり苦味も残って、程よく柔らかい出来上がりになりました。

皮は、ピールになりました。残った実はどうなったのか。

Photo_2
ジャムになりました。
実と砂糖だけです。皮は入ってないので、マーマレードではないです。
少し煮詰めすぎたので、固めの仕上がりになってしまいましたが、ヨーグルトや紅茶に入れるには丁度いいかもです。

今回作ったピールの作り方覚え

1、皮を剥いたのから水に入れていく。
2、ワタの部分をスプーンでこそげ取る。残す量は好みで。私はうっすらと残る程度。苦いのが嫌いなので。重量を量っておく。重さと同じだけの砂糖を用意する。
3、適当な大きさにカットする。鍋に入れて、たっぷりの水を入れ、火にかける。油でこぼしを3回する。
4、鍋に皮を入れ半量の砂糖を加え、少し放置。砂糖が溶けたら、火にかけて煮る。途中で、砂糖を加える。皮に透明感が出てきたらほぼ出来上がり。好みの固さで火を止める。
5、ボールにザルを重ねて、鍋から中身をあける。暫らく放置して汁気を切る。
6、オーブンペーパーに並べ、グラニュー糖を振り陰干し。

用意した砂糖は、グラニュー糖をまぶすので全部は使わなかった。

ジャムは、実の重量の50%の砂糖をまぶし、暫らく放置。砂糖が溶けたら、強火で煮詰める。

Nちゃん、ありがとう。美味しいピールとジャムになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

れんげ

Photo 名前に惹かれて去年購入したミニバラ。

名前は「れんげ」 今年も小さな花を咲かせています。
Photo_2

→のような花も咲いています。
どちらの花がよりレンゲに近いイメージなのでしょうね。どちらもあまりレンゲらしくないように思いますが… 色は、レンゲですね。

Photo_3
お友達のところからお嫁入りしてきました。
直植えなので、年々増えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつものお土産ね

ゴールデンウィーク中、所要があって実家に帰っていた旦那さんがお土産を持って帰ってきました。帰ったのは旦那さんだけ。私以下全員カレンダー通りの勤務です。

実家に帰ったときのお土産は、いつも定番です。こちらからリクエストをしない限り、お決まりのお土産です(笑)
Photo

「あごの野焼」です。
トビウオが主原材料の焼き竹輪です。

いつもは10本くらい買ってくるのですが、今回は半分の5本でした。賞味期限が短いので、これくらいが程よいです。

Photo
「藻塩」です。
旦那さんが実家に帰ってから思い出して、「買って来て」メールを送りました。
真ん中にあるのが今まで使っていたのですが、違うのもあったからと両サイドの「藻塩」も買ってきてくれました。メーカーが違うので色やサラサラ度も違っています。味は、まだ確かめていないので判りませんが、舐めて確かめるのがちょっと楽しみなんです。

今回1番のお土産は、「さざえ」でした。「どれだけ買ってきたの」といいたいくらいの数でした。50個はあったでしょう。さぁ、どうやって食べましょうね。
バーベキュー用の角型七輪を出して、つぼ焼きです。担当は、旦那さん。ここに1人、贅沢を言うのがいて、「刺身で食べたい!」 旦那さん、殻を割って身を取り出していました。子どもたちも存分にサザエを堪能していました。そのまま、バーベキューになってしまい、肉やウインナーなど焼いて夕食は終わりました。楽をした私です。
残ったサザエは茹でて身を取りだし、肝を取って冷凍庫へ。1部は、翌日のサザエ御飯になりました。

旦那さん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小物と今年の帽子

先月から始まった小物作り講座。連休の前半の予定の無い私は、その小物を作ることにしました。

Photo
まず作ったのは、「シャツ型コースター」
派手な柄の方は、襟を白っぽくしてみました。
身頃・袖・襟それぞれを、別々に作って組み合わせてます。キルト芯を挟んでクッション性を持たせてます。

Photo_2
次に作ったのは、これ。

Photo_4
写真は熨斗袋が入っていますが、何を入れてもOK。

これは、ポケットが1つしかないので、次回は2ポケットのものを作ってみようと思っています。

で、最後に作ったのは今年の帽子。
頭のサイズが大きいのでなかなか気に入ったのがないんです。それなら自分の好きな生地で作っちゃえと、今年も作っちゃいました。
昨年まで被っていた帽子が簡単に作れて良かったのですが、型紙が行方不明で尚且つ掲載されていた本も見つからずで、新しい物をみつけました。

Photo_5 Photo_6 出来上がったのがこれです。

2つ作ったのではなく、リバーシブル仕立てになっています。
派手な柄は、↑のコースターにも使ってます。昔、パーカーを作ったときの残り布です。
片面は、地味にジーパンに合うように。

Photo_7
こんな風に、ちょこっと派手な柄が見えるようにブリムを上げて被ったらいいかな?と。

ブリムを上げないと深く目深に被れるので、それも日焼け防止でいいかな。

今日・明日は予定が入っているので、ミシン仕事はお休みです。6日は、また針仕事をしようかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »