« パンツァーだよ | トップページ | 今年の出来は? »

金子みすず

土曜日に、大学で講演会が開かれました。

Photo_2
←行ってきたのは、こちら

「金子みすず記念館」館長 矢崎節夫さんの講演会です。

講演内容は、金子みすずの生涯とその世界でした。

講演会当日は、秋晴れのよい天気の日でした。こんな天気を山口県仙崎では、「みすず晴れ」というそうです。

みすずさんの宇宙(コスモス)
Photo_3
「大漁」を題材に、小学1年生の感想文を紹介されました。『鰯がお弔いをしていることを教えてくれてありがとう。でも、私は魚が嫌いです。これからは食べます。』 大人とは違った視点で詩を読んでいますね。

Photo_4
皆違って皆いい。 私をあとに考える。
父母がいて、私がいる。

言葉を減らすと、相手が理解できない。 「うしわかまるってどんな牛?」
「牛若丸がいました」と言ったら、「うしわかまるってどんな牛?」って質問が出たそうです。「牛若丸という若者がいました」というべき。皆が牛若丸を知っているわけではない。
言わなければ、わからない 本当にそうですね。我が家でもよくあります。わかっているだろうと思って頼むと、相手には伝わっていなくて 自分の思いと違っていて、後悔する事が多々あります。

娘は何時までも娘
父・母をさせてあげられるのはいいこと!
子どものことで心配することがなくなったことが一番。
自分が嬉しいことは、子ども(未来)に手渡して大人です。

嬉しい言葉は、流れやすいから沢山言わないといけない。辛い言葉は、1~2回で止めないと辛くなる。言った言葉がコダマになって返ってきたら相手に届いている。
子育てに必要なことだと思いました。もっと早くに知っていれば、私の子育ても違ったものになっていたかも。今からでは遅いかな?

「子どもを作ったら」 言ってはいけない言葉。
生命は授かるもの。だから「宝物」
作れるものは、大切にしない。傷つける。
何故子どもは宝物なのか。
 子どもがいなくなったら、絶望だけが残る。子どもは大人に夢や希望を与える。子どもは生まれただけで、生命が未来に繋がっていく。

私達は小さな地球です。
私の地球の環境は治せる。小さい地球を変えたら、大きな地球も変わる。
私は自然の一部です。お互いに支えあっている。

マイナスがあるからプラスがある。
辛いことがないと幸せはない。「辛い」を1本線を加えてプラスにすると「幸せ」になる。

あなたがいないと私がいない。

恥ずかしいと気付いたときから、人間になる。

Photo_5

←・↑の書は、シティカレッジで書を教えて見える高橋嵐翠先生の作品です。

いろいろなお話をされました。一般市民に混じって、学生さんも講演を聴いていました。私語も無く熱心でした。途中、感動的はお話では、ハンカチを目に当てていました。

鯨のお墓、知りませんでした。昔、中国地方を旅して、青海島で2泊もしていたのに…

いつか行けるといいなぁ。行きたいなぁ。

|

« パンツァーだよ | トップページ | 今年の出来は? »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
なんだか私もとっても考えさせられました。
普段忘れがちな事でも
もう一度考えてみようと思います。
ありがとうございました!

投稿: sheipann | 2009年9月28日 (月) 14時05分

こんにちは。

いいお話の講演会でしたよ。
自分中心ー「自分が中心に」「自分を中心に」1字違うだけで感じかたが違いますよね。 ちょっと考えさせられました。

>普段忘れがちな事
  私は、沢山あります。折に触れ、思い出したいだしたいなぁと。心秘かに… 。

投稿: shino | 2009年9月29日 (火) 17時49分

心に沁みる言葉がたくさん・・・ジーンとしました。
記念館のHPも見せて貰ってきたら 館長さんのコラムがとてもよかったです。
いいお話の紹介、ありがとうございました。

投稿: いら | 2009年9月30日 (水) 08時53分

いらさん、こんにちは。

本当に、いいお話の講演会でした。行ってよかったです。

>いいお話の紹介
  こちらこそ、読んでいただきありがとうございます。

投稿: shino | 2009年9月30日 (水) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/31525629

この記事へのトラックバック一覧です: 金子みすず:

« パンツァーだよ | トップページ | 今年の出来は? »