« 親からの苦情対応講座 | トップページ | 雪見酒鍋 »

ヴァレンタインの生チョコ

昨日は、ヴァレンタイン デイでした。

私は、旦那さん・息子・実家の両親に渡しましたhappy01 

実家には娘が「じーちゃんにチョコ、渡しに行って来る」というので、チョコを預けました。父にはチョコを用意し、母にはたぶんこれは好きであろうというものを用意しました。案の定、帰宅した娘が「ばーちゃん、美味しいって。食べてみぃと言うから食べてみた。美味しかったよscissors」 喜んでもらえて良かったです。
父からのお礼メールmailが下の娘には届いていました。文末に「お母さんにもよろしく伝えてください」とありました。私は、付けたしでした。

Photo  
下の娘に、生チョコを作りたいから材料を買っておいてと頼まれたのが木曜日。
土曜日の夕方に2人で作りました。使った型は、ハート・子豚・バラの3種類。写真のように出来上がりました。

Photo_2

 
生協の注文書に載っていたこぶたのシリコン型。可愛かったので買ったのですが、娘も気にいりpig生チョコを流し入れて型抜きをすると言うので作ってみました。生チョコなので、上手く抜けるかと不安もあったのですが綺麗に抜けました。

Photo_3  
昨年の刃物祭で買ったバラの型。これにも生チョコを入れるというので、挑戦。まあまあ綺麗に抜けました。ケーキを焼くつもりで買ったのですが、ケーキより先にチョコが入りましたcoldsweats01

ハートは、単純な形なのに上手くいきませんでした。型の材質が悪かったかな?シリコン型はシリコン型だったのですが…

娘は小さな箱に3種類とも詰めて、買ったきたチョコと共に彼氏に渡したようです。

我が家の生チョコレシピ

     板チョコ(ブラック)  200g
     生クリーム      100cc
 
 鍋に生クリームを入れ温める。温まったら、細かくしておいた板チョコを入れて溶かす。溶けないときは、弱火で少し加熱してチョコを完全に溶かす。ラップを敷いた型やシリコン型などに流し入れ、冷蔵庫で固める。
 四角い型に入れて固めたときは、温めた包丁でカットしてココアをまぶす。シリコン型を使ったときも型から外したら、ココアをまぶして出来上がり。

もっと簡単に作ろうとするなら、チョコを耐熱容器に入れレンジで加熱して溶かします。その中に生クリームを入れて混ぜます。型に流しいれて冷蔵庫で冷やします。あとは、上と同じようにカットしてココアをまぶして出来上がりです。

|

« 親からの苦情対応講座 | トップページ | 雪見酒鍋 »

「クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/33386196

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァレンタインの生チョコ:

« 親からの苦情対応講座 | トップページ | 雪見酒鍋 »