« 雪見酒鍋 | トップページ | 健美薬草教室 早春 »

レーズン酵母

パン教室に行ってきました。今回は、基本のレーズン酵母でフランスの変り種のパンを作りました。

Photo
今回は、ひよこ豆を使いました。ひよこ豆を2.5倍の水に12~15時間浸漬してありました。写真は、水から上げて水切りがしてあります。

レーズン酵母を水で溶かし、オリーブオイル・粉・塩・カレー粉を加えて捏ねます。捏ねあがった生地を2つに分け、ひよこ豆とベーコンをくわえます。

Photo_2

ひよこ豆を入れたパンです。

成形は、円く成形して細い棒(菜ばし程度)で十文字に溝をつけました。溝は、しっかりとつけたつもりでしたが少し甘かったようです。

Photo_3

ベーコンを入れたパンです。

成形は、円く成形して1/5程残して2つにカットして半分を向こう側に折り返しました。

Photo_4

Photo_5

ベーコンを入れたほうのパンです。私の成形ではないのですが、豆を目に、くちばしをドレッジでつけて可愛く仕上げたパンです。可愛いので写真に取りました。焼成前の写真で、成形の仕方が判ると思います。

Photo_6

「からしパン」の焼成前です。
ランチ用のパンとして作りました。
生地に、マスタードとチェダーチーズを混ぜ込んでいます。成形をした生地に、マスタードを塗りひまわりの種を付けています。

Photo_7

焼成後です。

Photo_8

断面です。
ところどころにチーズが顔をだしています。

どちらのパンにもカレー粉・マスタードが使われていたので、パンを焼いている時には教室の中にカレー粉とマスタードの匂いが漂っていました。

カレー粉が入ったパンは、味見をさせてもらったらカレーの味が感じられました。
「からしパン」は焼きたては香りほどマスタードの辛さは感じられませんでした。
どちらのパンも、冷めてからの辛味はどうなるのか、食べ比べするのが楽しみです。

来月は、ライサワーのフロッケンブロート・ヨーグルト酵母の全粒粉クロワッサン・カボチャの種入りパンだそうですが、残念なことに仕事の都合がつかないのでお休みですcrying

|

« 雪見酒鍋 | トップページ | 健美薬草教室 早春 »

パン教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/33417156

この記事へのトラックバック一覧です: レーズン酵母:

« 雪見酒鍋 | トップページ | 健美薬草教室 早春 »