« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

豆腐料理とデザインカプチーノ

今年度のお味噌作りの講座も全て終わったので、「ご苦労さん会」を兼ねて食事会に行ってきました。

行ったお店は、お豆つながりでお豆腐料理のお店です。

夕方5時15分に待ち合わせ場所に集合。予定時間によ~く遅れる私は、今回は5分前到着でしたscissors 車2台で出発。 車は順調に進み、可児市の花フェスタ公園を過ぎた辺りで前を行く車がわき道で停車。運転手が降りてきて「場所が?」 今回のお店は誰も行ったことがなく、事前訪問(笑)もしてなかったのです。 結局、お店に電話をして場所の確認をしたところ、あと少しで着くとのこと。 3分ほど車を走らせたら、到着しました。

今回のお店は『ヘルシー工房 東風谷』さんです。
お店の写真は、夜だったので写していません。

注文したお料理は、豆腐ステーキ定食です。

Photo

前菜と自家製豆乳が運ばれてきました。
自家製豆乳は、市販の豆乳に比べてとっても飲みやすかったです。豆乳と言うより、お豆腐のスープのような感じでした。
前菜は、その日によって異なるそうです。出汁で固めたお豆腐は、味・固さともに好みでした。
おからの巾着は、シットリしていて口の中でのパサツキ感がなかったです。おからも巾着にして出すとお洒落でいいですね。
金柑は、私が作るより少し固めに煮てありました。
チーズケーキは、ほんのりピンクで桜が入っているとのことです。あっさりしていました。

Photo_2

単品で生湯葉を注文しました。
お店の方が、わざわざ各自に小分けをして出してくれました。
柚子胡椒がキュウリの上にのせて添えられています。
トロッとして濃厚で美味しかったです。

Photo_3

メインの豆腐ステーキです。
オリーブオイルでニンニクを炒めてから豆腐を焼いたようで、食べたとき、ほのかにニンニクの味・匂いが感じられました。鉄皿に乗せられていますので、アツアツが長続きします。添えられていたポテトが美味しい。
ご飯は雑穀米で、少し固めに炊いてありました。お代わりokです。赤米・黒米が入っていました。

Photo_4

ハーブティです。
ローズ・ハイビスカスなど9種類のハーブがブレンドされています。
お砂糖は入ってないそうですが、甘くいい香りのハーブティでした。
私好みhappy01

Photo_5

デザートのチーズケーキです。
豆乳のチーズケーキです。
コッテリではなく、あっさりとしたチーズケーキです。チーズ嫌いの方にもお勧めです。

最後にコーヒーを飲もうということになり、「デザインカプチーノ」があることに気がつき無理を言ってお願いしました。

Photo_10

Photo_6

Photo_11

Photo_7

Photo_9

Photo_8

全部違った絵で作っていただきました。
写真を娘に見せたところ、「すご~い」と声をあげていました。

目でも口でも楽しんでお料理をいただきました。
道中、桜が咲いていましたが夜では楽しむことが出来ず、残念でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボビンレースとフルーツカービング

仕事が1週間まるまるお休みなのをいいことに、出歩いていますcoldsweats01

Photo
友達から『関市の「まちかど工房ギャラリー」で展示会をしている』と連絡をもらったので出かけてきました。

友達の出展しているのは、フルーツ・ソープカービングとボビンレース。
つるし飾りは、別の方の展示です。

Photo_2

道路に面しているウィンドウの飾ってあるボビンレースの作品です。

写真左手の作品は、製作途中の襟です。

Photo_3

ボビンレースは、ボビンと呼ばれる細長い棒状の糸巻きを使って下に置いた型紙に添ってレース糸を編んでいきます。
写真は、花びらを編んでいる状態です。針刺しの横にある物が出来上がった花びらです。

展示してあるボビンレースの作品です。

Photo_4

Photo_7 Photo_8 Photo_6

大きい作品、小さい作品いろいろ展示してありました。

Photo_5

小さいものなら3時間ほどで出来上がるということでした。小さなもので3時間かかるとなれば、写真のスカーフなどは、どれ位の位の時間がかかることか… 気が遠くなります。

展示会場に入ったら友達も見に来ていて、2人で「講座をやって教えてくれるといいね」なんて話しながら作品を見ていました。
私は、ほんとに小さい物を作ったことがありますが、作っている間は集中しますね。でも、糸の編みかたを間違えるとイライラ・ガッカリangrydespair 出来上がれば嬉しかったんですがね。

Photo_9

Photo_10

もう1つの作品の「フルーツカービング」です。

この2つは、ハネジューメロンでカービングをしています。

綺麗にカービングされていますが、作った友達に言わせると「部屋が暖房で乾燥しているので、ためらい傷が見えてくるからいかんわ」
大雑把に見ていたので、気が付きませんでした。
メロンの下に敷いてあるのも、ボビンレースの作品です。

Photo_12

Photo_11

メロンを使ってカービングをするより、もう少しお手軽に作れる石鹸カービングです。
石鹸なら果物と違って腐ることもないですし、お値段も安価ですしね。
石鹸によって、カービングし易いものとし難いものがあるそうです。
そういえば、何年か前に石鹸にリボンを巻きつけて白鳥など作る手芸が流行っていましたね。私も1つ2つ作った記憶があります。作った作品はどうなったのかなぁ。探したら何所からか出てくるかもしれませんねぇ。

Photo_13

同じ会場で展示してある「つるし飾り」です。

こちらの作者さんも顔なじみの方です。

まだ開催中ですので、興味のある方は見に行ってくださいねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたキルト展

Photo_6

またまたキルト展です。

前の記事のキルト展と日にちが重なっています。が、別の日に行っています。
こちらは、岐阜市文化センターで開催されていました。

Photo_7

会場には、フレンドシップキルトの作品が飾られていました。沢山の人の手で作られた作品は、作った人の色に個性が出ますね。見ていて楽しいです。

フレンドシップキルトの作品以外は、生徒さんの作品がいろいろ展示されていました。今回は、タペストリーが多く小物が少なかったのが残念でした。前回は、テディベアが展示されていたのですが今回は1匹もいませんでしたweep その代わり、生徒さんが作られた花が籠一杯に飾られていました。

同じパターンで作ったミニキルトが壁面に展示されていました。同じパターンでも、布の色・キルトラインで作品から受けるイメージは大きく違いますね。それがまたいいのでしょうね。同じ色・同じキルトラインでは、個性が無くて見ていても…

同じ作品でも、グルッと会場を見て回ってもう一度見ると、違うところに目が行くので飽きませんね。

Photo_8

同じ会場の1階では、いけばな展が開催されていました。

帰りにお友達と一緒に見てきました。

その昔、まだ私が独身でお花を習っていた頃に比べて、花も変わり花器も変わってきたなぁという印象を受けました。

Photo_9

ジュニア席の作品です。年中さんの作品もありましたよ。

会期の間の作品の管理が大変でしょうね。とお友達と話しながら会場内を見て回りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふれあいキルト展

shinePhoto
日曜日に岐阜県美術館で行われているパッチワークキルト展を見に行ってきました。

このキルト展は、私の叔母が作品を出していることもあり、毎回母と一緒に見に行くのですが今回は私1人で慌ただしく行ってきました。

Photo_2

今回のテーマの福を招く「森のふくろう」
合同作品で壁面一杯にいろいろなふくろうが飾られていました。
テクニックは、ステンドグラスやアップリケ、図案は寄り添っていたりブランコに乗っていたり羽ばたいていたりといろいろで、見ていて楽しく飽きませんでした。叔母の作品もどこかにあるのですが、判りません。

Photo_3

この野菜のキルトの中にも叔母の作品があるのですが、う~~ん、どの作品がそうなのか判りませんcoldsweats01
身近な野菜もいろいろな人に作品にされ飾られると、また個性が出てきて面白いですね。

Photo_4

Photo_5

会場内は、大きなタペストリー・小物・バックなどいろいろ展示されていて楽しく見ることができました。

ネクタイで作った小さなバックがありました。作ってみたいなと思いました。

今回は、お友達にも会えなくて残念でした。
次回の作品展を楽しみにしています。

ふれあい作品展の隣りの会場では、フォトアート岐阜写真展が開かれていました。次いでといっては申し訳ないですが、見てきました。

自由作品と課題作品が展示されていました。課題作品は「動物」 動物の一瞬の表情や面白い風景などが写真に撮られていました。キリンの舌を写した写真やあくびをしているシーンなど見ていて「へぇ~」「ふ~ん」「おもしろー」でした。

自由作品の中に、「これ、いいなぁshine」と思った作品がありました。鳥が2羽、木の枝に止まって内緒話をしているような場面を捉えてありました。見ていてほのぼのとしました。

短い時間でしたが、いい時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春見つけ

Hana

暖かい日差しを浴びて、春見つけをしてきましたfoot

「オオイヌノノフグリ」
小さい青色の花が可愛いです。沢山咲くと青色が綺麗です。
「イヌノフグリ」という野草もありますが、こちらは白色の花が咲くそうです。

Photo

白い花が可愛いですが、名前は?です。調べて判ったら記入します。

Photo_2

「ホトケノザ」
お正月の七草に入っている「ホトケノザ」とは違います。

Photo_3

「カラスノエンドウ」
勢い良く新芽を伸ばしています。
直に花が咲くでしょうね。私が子どもの頃は、実を取って笛を作ってよく鳴らして遊びました。

Photo_4

天道虫も遊びに来ていました。
なかなか草の上に降りられなくて、クルクルフェンスの上を動いていました。

我が家の木にも春の気配が感じられます。
Photo_5
「牡丹」
毎年沢山の花を咲かせてくれます。あまり肥料をやらないのがいいのでしょうか。我が家の花や木は、厳しい環境で育っています。

Photo

アジサイ「墨田の花火」
お友達が指し芽で育てたものを頂き、我が家では庭の片隅に植えられています。手入れもなかなかしてもらえないのに、健気に咲いて自己主張をしています。

Photo_2
「石楠花」
狭い植木鉢に植えられていますが、頑張って花芽をつけています。

あちらこちらで春が見つけられました。気をつけて足元を見るとまだまだいろいろな野草が花をつけています。

職場の近くの桜も早い木は花が咲き出していました。ほとんどの木は蕾が膨らんでいる状態なのに気が早いです。花見cherryblossomが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告

Photo

確定申告に行ってきました。
徴収されすぎた税金を返して貰うために足を運びました。少ない金額なのですが、申告しないと戻ってこないし、その金額を得るためには何時間も働かないと得られませんから。

去年は市役所のホールで行われていたのに行って手続きをしていたのですが、今年は別の場所で税務署が行っている場所に行ってみました。

市役所では椅子に腰掛けて順番を待っていましたが、こちらは立って並んで順番を待ちました。私は短い時間で順番が来たのでよかったのですが、混雑していると順番を待つのが辛い人もいるでしょうね。

受付で聞かれたのは「パソコンは出来ますか?」「文字くらいは打てますが…」
パソコンでの申告コーナーに案内されました。
指示を受けながら、パソコンで申告しました。簡単に出来ましたscissors 金額の合計もパソコンがしてくれるので、間違いはないですし。来年も確定申告をすることになれば、パソコンが簡単でいいなぁと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里芋とベーコン

Photo

里芋のお料理として煮っ転がしをよく作りますが、肉好きな息子には今一好まれませんcoldsweats01 

今回作った写真の煮物、好みの味だったようでお箸が進んでいました。

写真を撮るために綺麗に盛り付けたのに、カメラを向ける前に旦那さんのお箸が… 美味しかったようです。

作り方
 生姜・にんにくをみじん切りにして、サラダオイルで炒める。
 そこに適当な大きさに切った薄切りベーコンを入れて炒める。
 里芋・人参を加え、炒める。
 300ccの水とコンソメ1個を加えて煮る。
 沸騰したら、火を弱めてアクを取りながら煮る。
 大きめに切った玉ねぎを加えて煮る。

 里芋は、皮を剥いて流水でぬめりを洗い流して使用。下茹ではしません。
 人参は乱切り、タマネギはくし切り。
 

料理サイトの蓮ちゃんのレシピにアレンジを加えました。
蓮ちゃん、ご馳走様でしたdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かがみがはらパッチワーク・キルト展

Photo

今日から、各務原市で開催されている「かがみがはらパッチワーク・キルト展」に行ってきました。

各務原市産業文化センターの入り口の看板です。
数日前から立っていたようです。と言うのは、ここの前を通るお友達が「看板が立っていたよ」と教えてくれたのです。

Photo_2

会場の入り口に展示してある「メッセージキルト」です。
昨年のキルト展で、来場した方たちが用意されていた布に夫々の思いをメッセージとして書いたものをキルトに仕立てたものです。
今年も、メッセージ用の布が用意されていました。

Photo_3

展示会場のあすかホールの入り口です。
特別出品の作品が展示されています。その下には、寄せ植えサークルの作品が置かれて花を添えています。

Photo_4

ホール内です。
こちらに展示してあるキルトは、一般展示部門参加とフレンドシップ部門参加のタペストリーです。
写真は、ほんの一部です。

Photo_5

2階には、ミニキルトのコンテスト参加作品が展示してありました。

参加者の中には、小学2年生3年生の作品もありました。
参加者の多くは各務原市民でしたが、遠くは沖縄・京都・大阪・千葉・北海道からの参加作品もありました。

Photo_6

会場ないの風景です。

今回から会場が産業文化センターに変わりました。
展示会場の横では、各務原市の特産品販売コーナーも設けられていました。和菓子・マコロン・キムチなどが売られていました。受付からはちょっと陰になった場所なので、気がつかない方もいるかもしれませんね。

2階の展示会場横では、「こいのぼりコースター」の製作体験コーナー・布バザーコーナーがありました。

布バザーで、布を購入しました。家に戻ってから、使おうと袋から出してみると、バザーに出した方が使った痕が残っていました。バザーとは言え、お金を頂いて売るものなので、布は四角に切って袋詰めしたほうが買った方が気持ちがいいと思うのは私だけでしょうか? 折角いいものを見て気分よく帰ったのが、ちょっとガッカリしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

折り紙で器を

ペーパークラフト講座に行ってきましたhappy01

作ったのは、器。1枚の折り紙から作り上げた器です。

Photo

鶴の体が箱になっています。
15cm角の折り紙で作ったので、箱の中にはアメくらいしか入りません。もう少し大き目の紙を使って折れば、いろいろな使いかたが出来ると思います。

Photo_2
こちらも15cm角の折り紙で作っています。
そのままの形で作った四角形のお皿と桜に切った折り紙を使った作ったお皿です。
平面を立体にするための一寸したコツがありました。それが底の部分の折り方です。これさえ理解すれば、簡単に作れます。

Photo_3
これは、20cm・15cm・7.5cmの折り紙で作ってみました。
和菓子の1つでも入れたい器です。ちゃんと蓋もできます。
上の作品は、パチンコ店の広告を正方形に切ったものを使ってあります。柄がいいでしょhappy01

綺麗な星を切るためのコツや五角形の作り方を教えてもらいました。自分なりに五角形を作って梅や星☆を作っていましたが、今日、習った折り方を忘れなければ、何時も綺麗な五角形が簡単に出来るんですが…coldsweats01

楽しく折り紙が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリカリクッキー

Photo

久しぶりにクッキーを焼きました。

ちょっと堅めのクッキーなんですが、ついつい手が伸びて食べ過ぎてしまいます。
旦那さんも娘も好きなんです。

手が伸びて食べるのはいいのですが、栄養価は高いのですがカロリーも高いのではと思っています。材料のフルーツグラノーラとオートミールが併せて小麦粉以上に入っています。

食感はいいのですが、もう少し改良したいところもあります。取りあえず、覚書で材料と分量を記しておきます。

材料
 小麦粉          200g
 砂糖           150g
 卵(L)           2個
 バター          150g
 フルーツグラノーラ   200g
 オートミール        100g

     180℃ 13~15分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の声

Photo 3月になり、我が家のミニ薔薇「れんげ」が咲き出しました。

蕾も沢山つき、これからが楽しみですhappy01

昨日は、前日の雨も止み暖かないいお天気sunの日でした。

朝、洗濯物を干しているときに春の声が聞こえてきました。
「ホ~ホケキョ」 鶯の声です。それも上手に啼いています。あれ? 今年は練習中の啼き声は聞いてないけどなぁ…

思わず心の中で、『何時練習したんだ?』『隠れて練習してたの?』など鶯に聞いていました(笑)

これから暫らくは、鶯の声で長閑な田舎の春を楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必要なものは根気

若いお母さんたちを対象としたミニ講座で、ユニット折り紙をすることになりました。

どんなユニット折り紙を作ろうかと思いながら、取りあえず見本を作ってみました。ユニットは簡単な作り方なのですが、組み立てには根気が要りますcoldsweats01

Photo_2
立方体を作ってみました。
折り紙で「やっこさん」を6枚作って、あと少し手を加えて組み立てます。
「中に鈴を入れるといいねhappy01」とは、上の娘の一言。

これは、簡単に出来ますscissors

続いて作ったのは、「鶴の基本形」を使ったもの。

Photo_3

60枚の折り紙を使っています。
「鶴の基本形」からユニットを作ります。
5角形を作りながら、球形に仕立てます。
所々ボンドで押さえながら作るとイライラが少なくてすみます。

続いて作ってみたのは、次の写真。

Photo_4
折り紙で「コップ」を作って、ポケットと手を作り組み立てます。
120枚使っています。
ユニットは違いますが、上の写真の作品と同じ形です。ユニットが違うと出来上がりも違って見えますね。

Photo_5

上の写真の作品と同じユニットで同じ組みかたをしていますが、三角柱部分を球体の中に入れ込んでます。そのため、上の作品より強度がでます。投げることも出来ます。

クリップで留めながら組み立てていたのですが、途中で組み立てが判らなくなりイライラが最高潮にpout 「どうなってるの!」「もう~~!」「何で外れるの~」などなど、ブツブツ言いながら組み立てていました。部屋の中には私しか居ませんでしたので、誰も八つ当たりの被害にはあいませんでした(ホッ)

短い時間で作るので120枚も使うのは無理ですが、6~12枚くらい使って作るものを講座では作りたいと思っています。 お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かさに誘われて

Photo

今週初めの暖かさで桃の花が満開になりました。
この寄せ植えの鉢は、昨年末に作ってもらったものです。桃の花が満開になったら、葉ボタンの背が伸びだしていますhappy01

昨日は、風はあったのですが暖かかったので、近所のお店まで歩いて買い物に出掛けました。歩いているうちに、タラの木が気になり帰りに探してみようと思いました。

田舎に住んでいるので、家の近くに自生のタラの木が何本も生えていたのです。ところが、タラの木が1本も見つからないのですwobblycrying
どうやら木が枯れてしまったようです。原因は、2番芽を取ってしまったことにあるようです。山菜に詳しくない人は、取り頃より前に摘んでしまいますし、残しておかなければならない芽まで摘んでしまうので、山菜が絶えてしまうのです。春の楽しみが一つ減りました。

4月に入ったら、散歩しながらワラビを摘みます。こちらは、まだ大丈夫だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイプオルガンの奏彩…

Photo

妹とコンサートに行ってきました。

コンサートと言っても大袈裟なものではなく、大学のホールで開催されたものです。嬉しいことに、大学主催なので入場無料です。

今回は、「パイプオルガンの奏彩…」と題してパイプオルガンとソプラノとの協演です。

会場に着いた時、何時もより人が多いなぁと感じた私。受付で、「今日は多いね」と声をかけると、「今村先生だから」と返事が。
今回は、今村初子先生のパイプオルガンと山川夕貴先生のソプラノの協演なのです。楽しみです。パイプオルガンの音色、以前と変わったかなぁ?

プログラム
  1、プレリュード   バッハ
  2、オンブラ・マイ・フ ~ オペラ「セルセ」より
  3、二つの風にかき乱されて ~ オペラ「グリゼルダ」より
  4、わがこころよ、いま (賛美歌第二編95番)
  5、装いせよ、わが魂よ  バッハ

      休憩

  6、アヴェ・マリア   カッチーニ
  7、汝わがそばにあらば喜びもてわれは   シュテルツェル
  8、アヴェ・マリア ~ オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」より
  9、フーガ   バッハ

以上の曲を楽しみました。

プレリュードとフーガは、パイプオルガンの演奏です。低く響き渡るパイプオルガンの音に耳を傾けました。
曲が終わる毎に、説明をされます。今回は、私の知らない曲ばかりだったので説明は嬉しかったですhappy01

歌詞対訳もあったので、曲の意味がわかりよかったです。
カッチーニのアヴェ・マリアの歌詞が、『アヴェ・マリア アーメン』としか書いてなく、「えっ これだけ?」と妹と話していましたが、歌を聞いて納得。「アヴェ・マリア」しか歌詞は無かったですcoldsweats01 意外と私の好みでした。

アンコールに応えて演奏されたのは、「ジュピター」 何故だか、鳥肌が立ちました。音楽を聞いて鳥肌が立ったのは、初めての体験でした。

Photoパイプオルガンの写真です。パイプが谷になったところに聖母マリアのステンドグラスがあります。このステンドグラスと向かいあうようにもう1枚のステンドグラスがあります。

Photo_2

反対側のステンドグラスです。

たしか長良川の流れをあらわしていると聞いたような気がしますが… 

パイプオルガンの音とソプラノの声。  心の栄養になりました。  次回のコンサートを楽しみに大学を出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »