« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

シリアルチョコバー

お友達のブログで見つけたシリアルバー。作り方を教えて貰って作ってみました。

Photo

使った材料は、フルーツグラノーラ・マシュマロ・板チョコの3品。分量は、1:1:1の割合。
市販のブラックの板チョコの重量に他をあわせました。

作り方は、

小さく割った板チョコを耐熱容器に入れて、レンジへ。
柔らかくなったらマシュマロを加え、再びレンジへ。
マシュマロが柔らかくなって膨らんできたら取り出し、グラノーラを一気に入れて混ぜる。
オーブンシートの上に出して好みの厚さに延ばして、包丁で切る。

こんな感じで作りました。

いい感じにネットリ感とカリカリ感があり、私好みです。
ちょっとカロリーが高いので、私は食べ過ぎに注意をしないと… ついつい手が出てしまうんですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キルト日本展

JR高島屋で「キルト日本展」が開催されているので、見に行ってきました。

Photo

22日から27日まで開催中ですが、空いている日が23日だけだったので妹を誘って行きました。

賞を受賞した作品が展示されていました。金曜日なので少しは空いているのかと思いましたが、見に来ている方も多くて作品の近くに行き難いものもありました。

作品は、私の好みに合うものやそうでないものなどいろいろでしたが、作品にかけられた手間や時間、情熱など感じられました。

今回、この展示会には作品を見るだけでなく、体験講座があるのでそこに参加するのも目的でした。有名作家さんの講座は、日にちや時間が合わなくて参加できないのが残念でした。

Photo_2

「バラのコサージュ」 これは会場に来た人誰でもが参加できる講座で、参加費が500円でした。
10cm角の布を2種類、各5枚を用意して花びらにカットして縫いあわせて作る簡単なものですが、なかなかいい感じに出来ました。
ただ、講師の作り方の説明がいまひとつでだったのが残念でした。質問に対しての答えもあやふやで、「コサージュ。幾つ作られたのですか?」と尋ねたら、「1つだけです」
で、納得。説明が後手後手にまわり、私がイライラした訳だ。

作ったバラのコサージュ、もうちょっと手を加えるともっといいものに。時間を見つけて2つ目を作ろう~~と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒粕酵母であんぱん

happy01パン教室に行ってきました。

今回は、酒粕から起こした酵母を使ってパンを焼きました。酒粕酵母ということで作ったのは、桜あんぱん・カボチャあんぱん・ベーグルの3種です。

今回のパン教室は、一寸したハプニングが起こりましたshock
 その1 ビニール袋に入れてあった小麦粉にスキムミルクを入れて混ぜたんですが、何を思ったのかボールに袋から出して入れてしまい、慌てて袋に戻しました(3人) 私は、かろうじて袋の中に入っていましたΣ(゚д゚lll)アブナッ !
 その2 粉の入ったビニール袋を混ぜ合わせのため振ったら、袋が裂けて中身がこぼれました。

そんなこんなでバタバタしながら、パン作りは進んでいきました。

アンパン用の生地はベトつき気味で捏ねにくかったです。
中身の餡は、「今回は好きなだけ入れていいよ」との先生のお言葉に甘えて、しっかり詰めましたscissors アンパンは、餡が多いほうが好きなんです。詰めた餡は、漉し餡とカボチャ餡です。

Photo

アンパンは、桜の塩漬けを真ん中に付けています。
けしの実がついている方が、カボチャ餡のアンパンです。けしの実は、生地の表面に溶き卵を塗って麺棒のお尻にけしの実をつけて印鑑みたいにポンと押し付けてつけているので、綺麗な丸についています。

Photo_2

アンパンを切った断面です。これは先生の作品なのです。

私のアンパンは、餡子がちょっと偏っていました。パン生地の厚いところ薄いところがありましたcoldsweats01

ランチ用はベーグルです。

Photo_3

1人6個づつ成形をしました。 ベーグル用の生地は、ちょっと固めだったのでべとつかず成形しやすかったです。2個はランチ用、4個はお持ち帰りようになりました。

Photo_4

ランチのサラダとチーズ・ハムを挟んで、ベーグルサンドにしました。

歯ごたえのあるモッチリしたベーグルで美味しかったです。

今回のとびっきりの味見。

Photo_5

焼きたてのバゲット。特別に注文が入ったので手捏ねで先生が作ったバゲットです。5本焼いて3本が注文の品。残りの2本を特別にバターを乗せて頂きましたdelicious

Photo_6 焼きたてのバゲットに、有塩バターと発酵バターをそれぞれ乗せてバターの溶けた頃を見計らっていただきました。

はっきりと味が違いました。パンに塩が使ってあるので、有塩バターでは塩気が強かったです。 発酵バターのほうが美味しかったです。
パン職人か自分で焼く人しか味わえない窯だし直後のパン。贅沢を味わいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明宝の桜

土曜日にまた桜を見に行ってきましたhappy01

見に行った桜は、明宝の「善兵衛桜」cherryblossomです。 今年の桜見の予定にはなかったのですが、新聞で満開を知ったので、急遽行くことにしました。

朝、「明宝に桜を見に行くけど、一緒に行く?」
  「いいよ」
  「どっちの車で?」
  「僕のほうで」
  「…  わかった」 なんて会話をした私達は、旦那さんの車で名宝に出掛けました。

Photo

着いたのは、道の駅「磨墨の里」 目指す桜は、ここの近くにあります。

Photo_2

道の駅の入り口にある像「梶原源太景季公」

道の駅の名前になっている「磨墨」は、梶原源太景季の乗っている馬の名前です。
鎌倉時代、宇治川の先陣争いで有名になった馬です。
ここに寄る観光客は多いですが、この銅像に注目する人は少ないようですね。バス・車を降りると、トイレ・明宝ハムの買い食い・産直市に直行ですね。私も、産直市に直行です。買い物もお目当てでしたから。

Photo_3

買ったのは、花わさびとコゴミ。

花ワサビは、醤油漬けにしました。が、今回は辛味より苦味が勝ってしまいました。何故かな?

買い物を済ませ、桜に向かって歩きます。

Photo_4

「善兵衛桜」です。近くまで遊歩道が出来ています。

Photo_5

Photo_6

桜の説明板と裏側から見た桜の木です。

ひょんなことから見つかった桜の木です。10年ほど前の河川改修工事で、竹やぶの中から見つかったそうです。それまでは人知れず咲いていたようです。
明宝はよく訪れますが、この桜のことは知りませんでした。

私が住んでいるところは既に葉桜になっていますが、北に向かって車を走らせたので段々桜が見頃になっていきましたscissors 車窓からの花見を楽しみました。こういうときは、助手席が一番ですね。

Photo_7

目を山に向けると、季節の移り変わりが。

枯れ木・山桜・新緑の色が見事です。

帰りに、明宝ハムのフランクフルトを買って食べましたdelicious ここに寄ったときのお決まりごとで~す。

明宝に向かうとき、道路情報板に「さくらネイチャーラン 走者に注意」とありました。
土曜・日曜と「さくらネイチャーラン」があったんですね。

旦那さんは、「さくらネイチャーラン」のことを知りませんでした。ちょっことだけ、私の知っていることだけ教えました。「名古屋から金沢まで走るんだよ」

美濃市に入ったころ、先頭を走っているランナーとすれ違いました。関市に入って、R156と別れるまでに12人ほどのランナーとすれ違いました。男性・女性・外国人皆さん、頑張って走っていました。あまり知られていない大会なので、道路上には応援する人の姿を見ることはなかったです。

頑張って皆さん、兼六園にゴール出来るといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も筍の瓶詰めを

筍の季節になりましたhappy01

お友達から、「筍を沢山掘ったので取りに来て~」と電話をもらい、仕事帰りに彼女のお宅に直行run 大きな筍を8本もいただきました。

家に戻り、夕飯の支度をしながら茹でました。8本もの筍、自家消費は無理です。こんなときは、瓶詰めにするに限る!と瓶詰めにしました。

Photo

大き目の瓶に5本作りました。入りきれなかった筍は、食べます。

今年は、あと1回くらい瓶詰めが作れるかな?

続きを読む "今年も筍の瓶詰めを"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

端午の節句カード

最近の記事はお出かけばかりでしたが、いろいろ作ったりしていました。

紙技の講座も始まり、行ってきました。端午の節句のカードを3点作ってきました。

Photo

「鯉のぼり」のカードです。お手本は、左下がりの鯉のぼりでしたが、私の作ったのは右下がりになっていますcoldsweats01 

今、このサイズの1/4サイズのカードを作っています。第1号は、すでにお友達に差し上げました。あと3~4枚くらいは作る予定でいます。欲しい方は… 声をかけてね。

Photo_2

白色だけの兜のカードです。先生の作品は、いろいろアレンジされていました。このカードも1/4サイズを作ってみましたが、ちょっと大変だったのでもう作りません。

この2点は、職場に飾りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めっせー字

以前からちょっと興味を持っていた杉浦誠司さんの個展が多治見市で開いていることを知り、出かけてきました。

Photo

入り口に置いてあった看板です。

杉浦さんの何に興味を持ったかというと、彼の書く字です。写真の「夢」の字、よ~く見ると「ありがとう」という平仮名で書かれているんです。漢字を平仮名を使って構成して書いているんです。

会場内には、「仲間」-共に生きる、「香」-あい、「瞬」-命の輝き、などなどいろいろな文字が並んでいました。

Photo_2

会場内は撮影禁止でしたが、この1枚だけは撮影がOKだったので写しました。
杉浦さんの個展に向けての思いが書かれています。

個展会場に入る前に気になる車を見つけていたんです。帰りがけに写そうと思って車に近づいたら、駐車場にいたお兄さんが飛んできました。「すいませんが」「はぁ?何か?」
黒のスーツを着たお兄さんたち、実はコンサートのスタッフでした。

Photo_3

Photo_4

私が駐車場で見かけた気になる車は、近藤真彦のツアー用のトラックでした。
会場周りでは、それらしきファンの姿を見かけませんでしたが、今朝のワイドショウーで多治見市でコンサートがあったと報道していました。夜は、きっと賑やかだったことでしょうね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクティブシニア・フェア2010

「仕事を辞めて暇だ~~」という妹と名古屋の出かけてきました。

Photo_3

行ってきたのは「アクティブシニア・フェア2010」

まだシニアというには早い年齢ですが、いずれシニアに仲間入りですから見ておくのもいいかと出かけてきました。

妹とはドームで待ち合わせ。

ドームから少し離れた場所には、ダフ屋がいて招待券を前売り券の値段で売っていました。手にはかなりの枚数の招待券が握られたいました。

Photo_4

会場内には、いろいろなブースがありました。温泉地・リゾート・証券・食べ物・骨董などなど。

美空ひばりの展示コーナーもありました。

Photo_5

会場に入って直ぐのところにあったオタフクソース(株)のブースで貰った試食品です。
ほうれん草と人参がそれぞれピューレにしてお好み焼きの生地に混ぜて、キャベツはみじん切りにしてありました。かかっていたソースは、カロリー減のものでした。

Photo_6

アイスクリームディッシャーを使って1口サイズの生地を鉄板の上に置き、上に豚肉をトッピングして作っていました。
トッピングは、豚肉でもコーンでもシーズでもなんでもOKだそうです。
我が家にも使われていないクッキーディッシャーがあるので、次回お好み焼きのときはやってみようかと思っています。

Photo_7

こちらのブースは、超音波温浴の機械を紹介していました。
体験でバスボム作りがありました。入浴剤、好きなので早速作らせてもらいました。「バスボムメーカー」も置いてありましたが、手で混ぜて固めて作りました。

Photo

クエン酸1:重曹3の割合で混ぜ、小さじ1杯の食用色素を混ぜ、アロマオイルを1滴垂らしまたまた混ぜ、エチルアルコールで湿り気を加え最後に好みの花びらや葉をラップの上に置きその上に混ぜた材料を乗せ、ギュッとラップごとお団子に固めて出来上がり。私は赤の色素にレモンオイル・桜の花で作りました。
ラップでお団子にするより、ゼリーの型やガチャガチャのケースに入れて押し固めたほうがしっかりしたバスボムが出来ると思います。

Photo_8

愛知県歯科医師会のブースにいるとき、名古屋市のキャラクター「はち丸」くんが通りかかったので写真に。
私と話していたブースの方が、「はちまるはうちのほうが早いのにね」とボソリと。そうですね、歯科医師会が8020運動をしていますよね。

あちこちのブースでアンケートを書いて、粗品を頂いて帰りました。

骨密度と血管年齢を測ることが出来るブースで、順番待ちをしましたが測ってもらいました。結果は、骨密度は年齢より若く、血管年齢は年相応でしたscissors これを維持しないと。

平日なので、混雑度は低かったです。

来年行くかと聞かれれば、まだシニアという年齢には早いので、当分は行かないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またキルト展へ

新年度になり、仕事の忙しさが増しました。が、やっとピークを越え久しぶりの週中の休み。作品展の葉書が届いていたので、見に出掛けました。道中、目に映るのは、桜並木そして山肌の桜の木のピンク。あちらこちらに見られます。

着いた目的地には、桜がありませんでした。

Photo_5

Photo_16 目的地の庭です。
夏椿などは植えてあるのですが、桜は無いです。この時期、花の色が無くてチョッと淋しいです。

Photo_17

目的地は、岐阜県美術館。
先月もここに来ています。その時は、パッチワークの作品展でした。

Photo

今回は、またまたパッチワークの作品展です。

毎回展示会のお知らせ葉書をいただきます。
仕事の休みがだったのですが、3時から打ち合わせが入っていたので母も誘わず1人で出かけてきました。

会場に入って作品を目にして、最初に感じたのが「あれっ 何だかいつもと雰囲気が違う」
作品の色使いなのか、人の数なのか、よく分かりませんが何となく何時もと違った感じを受けました。

前のパッチワークの作品展と違って、こちらは大きい作品が主で小物の展示は無いです。見るたびに思うのは、作品に費やした時間と労力の多さです。毎回、2m×1.5m近くの大きい作品を出品するのは、莫大なエネルギーが必要だと思います。私には、無理ですね。飾って置く場所もないし、使うことも無いでしょうし、片付けておく場所も…  だから、毎年作られる方には、感心します。

Photo_2

会場内は写真撮影が出来なかったので、外から1枚写しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜3題

私の住んでいるところの桜は、満開から散り始めに移っています。

先週の土曜日、仕事が終わってから同僚と桜を見に行きました。
行った先は、各務原市の藤十郎桜。

Photo

新境川にかかっている新那加橋の上から川上に向かって写しています。
新境川では、桜まつりの2日間だけ「桜観覧船」が運行されています。写真右下が乗船場です。乗ろうかと思いましたが、沢山の人が乗船待ちをしていたので諦めましたcoldsweats02

Photo_2

同じ場所から川下を写しています。
昨年も同じ場所で写真を写して記事にしていましたねcoldsweats01

この場所から少し川下に行ったところをJR高山線と名鉄各務原線が走っています。撮り鉄の方が、電車が橋を渡るときに桜と一緒に写していました、この時期しか取れない写真ですものね。

桜まつりということで、市民公園の周りではいろいろなお店が出店していて見て回りました。川沿いにもお店が出ています。ステージ発表のありましたが、仕事を終えてからの花見でしたので最後の音楽演奏しか聴けませんでした。

いつものお店で、たこ焼きと鯛焼きを買って帰りました。チョコバナナでは、バルタン星人やウルトラの父・母を作ったのを売っていましたhappy01 ちょっと進歩したチョコバナナにscissors

日曜日、自治会の総会や夫々の用事を済ませた後、旦那さんと花見に行きました。私は見に行ったことはあるのですが、旦那さんが見たことが無いと言うので「中将姫誓願桜」まで出掛けました。

Photo_3

Photo_4

Photo_6 「中将姫誓願桜」の全体・アップ・説明板写真です。
桜の種子が、宇宙に行ったようですね。県内2ヶ所で育苗をしてしているようですが、上手く発芽するといいですね。

境内の横のほうに何やら気になるものを見つけた旦那さん。そこにあったのは、桜の木。

Photo_7

Photo_8

「江戸彼岸 糸桜」と名札が付いていました。
花の色が濃く、八重の枝垂れ桜でした。大きくなったら見ごたえがあるでしょうね。まだ小さいです。

月曜日、実家の母と墨俣町一夜城あたりの桜を見に行きました。

Photo_9

Photo_10

各務原市の桜と違って墨俣の桜は、堤防の両脇に植えられているので桜のトンネルの下を歩く感じです。
河川敷の駐車場には、観光バスも老人施設のバスも止まっていました。

Photo_11

Photo_12

木下藤吉郎が一夜にして作ったと言われる「墨俣の一夜城」です。
勿論作った当時のものではありません。
城の前には、藤吉郎の坐像があります。

城の中は、資料館になっています。今回は、入りませんでした。
沢山の方たちが見に来ていました。

Photo_13

Photo_14

Photo_15 城と桜を一緒に写してみました。
我ながら良い出来。

堤防沿いでは、桜と菜の花が一緒に咲いていました。上に目をやれば桜、下に目を向ければ菜の花。2度 楽しめます。

歩いている途中にフキノトウを見つけましたscissors でも、採るには時期的にはもう遅かったです。
母と2人でブラブラと1時間ほど歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »