« 今年も筍の瓶詰めを | トップページ | 酒粕酵母であんぱん »

明宝の桜

土曜日にまた桜を見に行ってきましたhappy01

見に行った桜は、明宝の「善兵衛桜」cherryblossomです。 今年の桜見の予定にはなかったのですが、新聞で満開を知ったので、急遽行くことにしました。

朝、「明宝に桜を見に行くけど、一緒に行く?」
  「いいよ」
  「どっちの車で?」
  「僕のほうで」
  「…  わかった」 なんて会話をした私達は、旦那さんの車で名宝に出掛けました。

Photo

着いたのは、道の駅「磨墨の里」 目指す桜は、ここの近くにあります。

Photo_2

道の駅の入り口にある像「梶原源太景季公」

道の駅の名前になっている「磨墨」は、梶原源太景季の乗っている馬の名前です。
鎌倉時代、宇治川の先陣争いで有名になった馬です。
ここに寄る観光客は多いですが、この銅像に注目する人は少ないようですね。バス・車を降りると、トイレ・明宝ハムの買い食い・産直市に直行ですね。私も、産直市に直行です。買い物もお目当てでしたから。

Photo_3

買ったのは、花わさびとコゴミ。

花ワサビは、醤油漬けにしました。が、今回は辛味より苦味が勝ってしまいました。何故かな?

買い物を済ませ、桜に向かって歩きます。

Photo_4

「善兵衛桜」です。近くまで遊歩道が出来ています。

Photo_5

Photo_6

桜の説明板と裏側から見た桜の木です。

ひょんなことから見つかった桜の木です。10年ほど前の河川改修工事で、竹やぶの中から見つかったそうです。それまでは人知れず咲いていたようです。
明宝はよく訪れますが、この桜のことは知りませんでした。

私が住んでいるところは既に葉桜になっていますが、北に向かって車を走らせたので段々桜が見頃になっていきましたscissors 車窓からの花見を楽しみました。こういうときは、助手席が一番ですね。

Photo_7

目を山に向けると、季節の移り変わりが。

枯れ木・山桜・新緑の色が見事です。

帰りに、明宝ハムのフランクフルトを買って食べましたdelicious ここに寄ったときのお決まりごとで~す。

明宝に向かうとき、道路情報板に「さくらネイチャーラン 走者に注意」とありました。
土曜・日曜と「さくらネイチャーラン」があったんですね。

旦那さんは、「さくらネイチャーラン」のことを知りませんでした。ちょっことだけ、私の知っていることだけ教えました。「名古屋から金沢まで走るんだよ」

美濃市に入ったころ、先頭を走っているランナーとすれ違いました。関市に入って、R156と別れるまでに12人ほどのランナーとすれ違いました。男性・女性・外国人皆さん、頑張って走っていました。あまり知られていない大会なので、道路上には応援する人の姿を見ることはなかったです。

頑張って皆さん、兼六園にゴール出来るといいですね。

|

« 今年も筍の瓶詰めを | トップページ | 酒粕酵母であんぱん »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/34276772

この記事へのトラックバック一覧です: 明宝の桜:

« 今年も筍の瓶詰めを | トップページ | 酒粕酵母であんぱん »