« ルクエパンーツナコーン | トップページ | ホップで酵母 »

飛騨牛を知って、食べる

東海学院大学で「第3回フォーラム “岐阜の食”まるごと再発見、そして世界への発信を!」があるというポスターを見て、早速参加申し込みをしました。

第1回の講座があり、行ってきました。

Photo_4

今回は、「飛騨牛を知りぬく」がテーマでした。

飛騨ミート農業協同組合連合会の牛丸 藤彦さんから飛騨牛についての話を聞きました。

JA飛騨ミートについて(概要・活動)や、飛騨牛と県内の牛の銘柄が統一化された経緯、流通についてなど話されました。

宮崎県で流行している口蹄疫についても話が、大急ぎでしたがありました。先日、口蹄疫に罹患したとのことで殺処分された種牛の「安平」は有名な飛騨牛「安福」の子孫だと知りました。

県内で14ヶ月以上肥育された黒毛和種でA3~A5とB3~B5までの肉質等級の牛肉のみが「飛騨牛」と呼ばれるそうです。
飛騨牛の9割弱は、県内消費です。海外は、平成20年より香港、22年よりタイへ輸出されています。

1頭の牛から小売店スーパーで購入するときは、1/3の重量になるそうです。700kgの牛ならスーパーでは240kgになるそうです。少なくなりますねぇ。

お話が終わった後は、調理実習です。講師は、森 基子教授です。

「横隔膜・縦隔膜のスライスステーキ」と「コールドサラダ」を作りました。

Photo

お肉は、塩・胡椒・オールスパイスを振り、フライパンで炒めます。
付け合せのポテトは、茹でてマッシュして塩・マヨネーズ・卵黄を加えて混ぜ、絞り出し袋に入れオーブンシートを敷いた天板に絞り出し、200℃のオーブンで軽く焦げ目がつくまで焼きます。
お皿に生野菜とジュセスポテト・カレー入りライス・ステーキを盛り合わせます。

Photo_2

モモ肉の薄切りは、1口大に切り塩・胡椒・生姜の絞り汁で下味を付ける。熱湯でサッと茹で氷水に通し、冷蔵庫で冷やす。
しめじは、小房に分けサッと茹でて冷やしておく。
お皿に、サラダ菜を置きその上にモモ肉やシメジを乗せ、タマネギや茗荷の甘酢漬けを添える。
辛子酢味噌タレを添える。
 辛子酢味噌タレ…赤味噌50g・みりん大2・砂糖大1.5・出し汁大1・酢大2・練り辛子       小0.5  酢と辛子は好みで増減してね。と森先生のアドバイス。
甘酢漬けは、酢と砂糖が同量。塩もみしたタマネギを入れる。

短い時間でしたが、2品を作りました。

Photo_3

飛騨牛の串が牛丸さんから提供されました。

受講者で分けて美味しくいただきましたdelicious
ご馳走様でした。

調理実習では、各調理台に先生や学生さんたちがスタッフでつきました。「洗い物は、スタッフが行います」との話でした。
調理中、流しに洗い物がたまっていたので、手も空いていたこともあり洗って、同じグループの若い人に「洗うので、拭いてね」と声をかけたところ、「洗い物は、スタッフがするといわれました」との返事。
確かに「スタッフが洗うと」そう言われたけど、流しに洗い物がたまっていたら洗おうかなって思わないのかな?と思いつつ、洗い物をしました。

調理実習って、洗い物まで含むって思っていたのですが… やっぱり若い人ってマニュアル人間ですかねぇ、と思って娘に状況を話し、どうするって聞いたら「手が空いてたら、洗い物をする」って答えが返ってきてホッとしました。
彼女たちが、場慣れをしていなかったのでしょうね。

次回は、「味醂」がテーマです。どんな話が聞けて、どんな料理を作るのか楽しみです。

|

« ルクエパンーツナコーン | トップページ | ホップで酵母 »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
先日の講座で同じグループにいた者です。
その節はお世話になりました。

丁寧な記事に感心しています。
いつも私はアバウトにしか書かないですので・・・
他の記事も拝読致しました。
いろいろ勉強されていますね。

私のブログからリンクしている方があります。
ホーリードア・・・・・のnontaさんです。
彼女とはしばらく前に会いました。

投稿: matsubara | 2010年6月19日 (土) 13時34分

こんばんは。

土曜日から留守をしていました、お返事が遅くなりました。

>その節はお世話になりました
  こちらこそ、お世話になりました。楽しかったですhappy01

私の記事は、そんなに丁寧ではないですよ、私の覚書のようなものですから。

>いろいろ勉強
  いえいえ、いろんな所に顔を出して、楽しんでいるだけですから。

また、次回の講座でお目にかかれるといいですね。

投稿: shinomama | 2010年6月21日 (月) 20時52分

一昨日から奈良にいました。
こちらの平城京遷都1300祭の記事を参考にさせて頂きました。
明日upしますのでよろしく。

私のコメントに意味不明の箇所がありました。
リンクしているnontaさんは関市の人です。

次回の味醂の講座も出る予定です。

投稿: matsubara | 2010年6月23日 (水) 20時20分

こんばんはmoon3

バタバタしていて、お返事が遅れていて本当にすみません。

奈良は、いかがでしたか?
私の記事がお役に立てたのでしたら、よかったです。

ブログに寄らせていただきますね。

投稿: shinomama | 2010年6月25日 (金) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/35243649

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨牛を知って、食べる:

« ルクエパンーツナコーン | トップページ | ホップで酵母 »