« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

ちょっとドライブ

何故か今日、休暇を取っていた旦那さん。 休暇の理由を聞いたら、ようわからんことを言っていた。

10時近くになって、「何処かに行きますか?」って言うから、ちょっと出かけてきました。

Photo

「何処に行きますか?」 「このあいだオープンした可児ッテに行きましょ」

新しい道の駅が先日オープンしたんです。地元の物を沢山置いているということだったので、行ってみたかったのです。その道の駅が「可児ッテ」なんです。

車のナビに「花フェスタ」を入れ、出発です。何故、目的地が花フェスタなのか。それは、可児ッテが東海環状の御嵩インターの傍だから。

可児ッテが、進行方向に向って左側にあると思い込んでいた私。赤信号で止まったとき、進行方向を見てそれらしきお店を探したけどeye見当たらないsign02 ふと運転手側を見たら、何と可児ッテがあるじゃないですかsign03 信号が青に変わったので、うしろに車がいないことを確認して、進路変更。信号を右折して、可児ッテに入りました。

テレビで何回か放映したためでしょうね、お客さんは多かったです。

大根・ケイチャン・栗・太葱を購入。栗は、栗ご飯が食べたくて、太葱は夕飯にすき焼きをするつもりだったから。ケイチャンは、旦那さんのリクエスト。大根は、安かったから。

「次はどうしますか?」 う~ん、恵那に行くには時間が遅いしなぁ。「土岐のアウトレットに行きましょ」 御嵩から高速、1区間。 近くですね。

土岐のアウトレット。平日だというのに、車は多かったです。県外ナンバーが多数です。
ブラブラとウインドウショッピング。 時々店内に。 欲しいバックがありました。「買ったらいい」と旦那さんは言ったけど、今回は遠慮。次回ゆっくり廻るときにあれば、買うことに。
ドトールでコーヒーを飲んで、帰宅。

ドライブしただけの、半日でした。

次回は、恵那・馬籠・妻籠に行きたいですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妹と一緒に

妹と一緒に、飛騨市に出かけてきました。

目的は、お墓参りと私が叔父に頼んでいたものが出来上がったので取りに行くことでした。私が叔父のところに行くのに、妹が便乗したのです。
叔父のところに行くなら、お墓参りもしなくてはということで2人で出かけてきました。

飛騨市に行くのに通ったルートは、せせらぎ街道を通って41号で向うというものです。これはいつものルートなんです。高速を使って行くこともありますが、道の駅に寄るという楽しみを大事にしたいのでせせらぎ街道ルートが一番です。

今回も、道の駅を楽しみながら行きました。

Photo まずは、道の駅「明宝」ここでは、地元の野菜を購入。アケビも買いましたhappy01 白菜150円でしたscissors ここでは、明宝ハムのフランクフルトを買って食べるという楽しみが。毎回寄ると食べるのですが、今回も買い食いをしましたdelicious

←沢山のアケビの実がついています。が、まだ実が割れていないので食べるのには早いかと。壁に吊るして楽しんでいますが、少々枯れてきました。

明宝の次は、「パスカル清見」です。
ここでは、夏ならソフトクリームを食べるのですが、さすがに今回はパスです。
産直市で、「飛騨のりんご」買いました。 今年は美味しいとのことですが、まだ食べていないのでわかりませ~んbleah

Photo_2

Photo_3

宿儺カボチャ・洋ナシを国府の「あじか」や古川の「榧の里」で買いましたよ。

どこの産直市でも、寄った時間が遅かったので商品の数は少なかったです。

買い物はこれくらいにして、先を急ぎます。

Photo_4

叔父の家に行く前に、お墓参りです。

お水・花・線香・蝋燭と必要なものは、持参してきました。ただ、風が強くて蝋燭の火が消えてしまうので、線香に火をつけるのが大変でした(正確には、大変そうでした)
写真は、お墓から見える城です。

 
2軒のお墓に参って、叔父の家に直行のはずでしたが、どうしても買っておきたいものがあり、またまた買い物です。

Photo_5

Photo_6

金木戸屋の「笹巻羊羹」と「豆つかげ」

昔から、笹巻羊羹は我が家の定番のお土産でした。熊笹の葉に羊羹の液を流し込んで作ってある珍しいものです。隣りにある「栗よせ」は、季節の物なので買ってみました。
「豆つかげ」は、私の好きなお菓子なんです。我が家では、「豆の天ぷら」ともいいます。大豆を油で揚げたものなんですが、家ではなかなか上手に出来ないので買い専門です。美味しいのですが、固いので歯の弱い人は食べるのが大変だと思います。
私専用に買ってきたのですが、じつは昔、旦那さんに食べさせたら好きになってしまいました。私の知らないところで食べてしまうので、今回のものは内緒になっています。

やっと叔父の家に到着。あまりの到着の遅さに「何時に家を出てきたんだ?」「道中、買い物しつつだったからねぇ」
チョッとの時間、叔父さんとお喋りを楽しみました。私が頼んでいた物を受け取り、帰宅です。車の中の荷物を見た叔父さん。買い物の多さに呆れていましたwobbly

Photo_7

お土産に「飛騨中華そば」をいただきました。

叔母さんの心遣いです。電話で「何の心配もせんでいいでね」って言っておいたんですが…。 この中華そば、おいしいので好きなんです。

「つけ麵」は、同じメーカーさんのものなんですが、買い物中に見つけて買いました。宿儺カボチャ・トマト・ほうれん草を練りこんで作った麵だそうです。どんな味がするのか楽しみですが、涼しくなってきたので冷やしつけ麵を食べるのは、ちょっとキツイかも。

一路自宅に向います。が、数河高原・パスカル清見で少し買い物をしました。
途中から雨が降り出してきたので、清見からはどこにも寄らないで自宅まで帰りました。

7時に自宅に着きました。さすがに疲れました。でも、これから夕飯の支度が待っています。さすがに手抜きの夕飯になりました。

何より買い物を楽しんだ旅でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

助っ人で演奏

Photo

先週の敬老の日に、町内で「長寿を祝う会」がありました。

今年は、我が家は自治会の役員なので旦那さんがお手伝いに行きました。(自治会の表の仕事は旦那さん担当なので)

私はといえば、ひょんなことから「長寿を祝う会」で演奏をする大正琴の助っ人を頼まれてしまいました。

Photo_2

最初は、キーボードで一緒に演奏することになり、練習をしていましたがなかなか上手く合いません。キーボードの楽譜を移調したり、音を変えたりしましたが納得いきませんでした。

急遽、当日に私も大正琴を弾くことにしました。演奏はお昼からだったので、午前中に5曲を練習。何とか間違えずに弾けたので、一安心。

予定より演奏時間が早くなり、慌てて会場に。

演奏曲目は、黒田節・船頭小唄・荒城の月・故郷・母さんの歌でした。間違えた音もありましたが、無事演奏終了。

5年以上大正琴を弾いていませんでしたが、昔取った何とやらで弾くことが出来ホッとしました。これを機に、また弾いてもいいかなと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良 気ままな一人旅 その2

長~く間が空いてしまいましたが、気ままな一人旅 その2の始まりです。

泊まったホテルをチェックアウトしたのは、7時。娘の勉強会の開始時間にあわせて。早いsign03
でも、今日行く予定のところは、8時半から拝観できるので大丈夫。

最寄の近鉄の駅まで送ってもらい、出発。行き先は、西ノ京。「薬師寺」「唐招提寺」が目的地です。

薬師寺から廻ろうと思っていたのですが、西ノ京に着いた時間が少々早くて薬師寺がまだ拝観出来ません。唐招提寺に歩いていけばちょうどいい時間になるはずと、歩き出しました。が、やっぱり暑いsun 帽子と日傘、首にはタオルと完全武装。

Photo

唐招提寺も世界遺産です。今年は、世界遺産によく行ってますねぇhappy01

Photo_2

唐招提寺の金堂です。中には、盧舎那仏・薬師如来立像・十一面千手観世音菩薩立像が祀られています。

Photo_3

金堂の前を通り左手に行くと、戒壇があります。

その昔は屋根もあったそうですが、今では門があるのみで屋根は無くなっています。

ここの門で、面白いものを見つけましたeye

Photo_4上の飾りのところに「葵の紋」 があるんです。

掃除をしていた方に尋ねたら、この門は江戸時代に建てられたものだそうです。それで葵の紋が刻まれているそうです。

幕府が門を直したんだとちゃんと後々まで分かるようにしてたんですね。

戒壇横の蓮池の脇を通って「醍醐井戸」へ。その横には「本坊」がありました。

Photo_5 本坊の門です。

Photo_6 こちらには「菊の御紋」が彫ってありました。

Photo_7瓦には、「唐招提寺」 とありました。

格式が高いのでしょうね。

本坊の前を進んでいくと

Photo_8

こんな木の茂っているところに着きました。

写真真ん中の道を進んでいくと

「鑑真和上御廟」です。

早くから掃除をしている方々が沢山いました。綺麗に落ち葉も集められているので、地面に熊手の痕が模様のように付いていました。

少し掃除をしていた方とお話をしました。
「定年になり、2年前からこちらにお世話になっています」と言われました。「落ち葉の掃除も大変です。でも、綺麗になると気持ちがいいです。唐招提寺は、時代時代の権力者から少し距離をおいて接してきたので、焼き討ちにあったりすることもなく現代まで当時の姿を残しています。」などなど。楽しかったです。

「新宝蔵」では、金堂の鴟尾(国宝)をはじめ、重文の仏像や聖徳太子立像を拝観しました。

Photo_9

Photo_10 「経蔵」です。

造りは、社会科の教科書で見た「高床式校倉つくり」です。

初めて本物を見た~~。ログハウスに似てますねぇeye

唐招提寺の中には、会津八一・松尾芭蕉・北原白秋の歌碑・句碑がありました。勉強不足でよく知らない歌・句でした。

唐招提寺をグル~ッと廻ったので、薬師寺に移動です。

Photo_11

こちらにも同じように世界遺産の碑がありました。

続きを読む "奈良 気ままな一人旅 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良 気ままな一人旅 その1

Photo

娘が勉強会で奈良に行くというので、車に便乗して奈良に行ってきました。

勉強会の会場近くのJRの駅で降ろしてもらい、ガイドブック片手に奈良の一人旅に出発です。

まず向かったのが、法隆寺です。暑いので汗がでます。少しでも汗を減らしたいので、歩く早さは何時もの半分の早さです。それでも汗は流れますsweat01

法隆寺では、修学旅行の学生さんが沢山いました。 その一角は賑やかでした。

回廊の柱をよ~く見たら、歴史の時間に習ったエンタシスの柱でした。そういえば、ギリシャのパルテノン宮殿の柱もエンタシスの柱でしたよね。歴史の繋がりが感じられますね。

秋季法隆寺秘宝展が始まったばかりでした(9月11日~11月30日) 
いろいろな仏像や地獄図・平成の玉虫厨子などが展示してありました。この展示されている仏像の中に、円空さんが作った大日如来坐像がありました。まさか奈良で円空さんに会えるとは思いもしませんでした。見慣れている円空さんの像とは違って、荒々しい削りのものではなかったです。柔らかい感じでした。

1

法隆寺と聞いて思い出すのが、正岡子規の俳句ですよね。
小学生を引率していた先生が子どもたちに説明しているのを小耳にはさみ、慌てて句碑を写真に写しました。

隣りの写真に木は、句碑の近くに生えていたのですが、たくましい生命力に感動して写しました。

大宝蔵院の入って、夢違観音像・玉虫厨子・百済観音像その他の宝物を見ました。

次は、夢殿に向って歩きます。

Photo_2

夢殿の中をクルリと廻りながら拝見。

綺麗な形ですね。

昔の大工さんのすごさに感服です。

夢殿を見た後、中宮寺に向います。

Photo_3

本堂に靴を脱いで上がると、正面に国宝の 半跏思惟像が祀られていました。
テープによる説明を聞いていると、窓から気持ちいい風が吹いてきて暑い身体が冷まされました。本堂の周りは池になっているので、風がより涼しくなるんですね。

ちょっとお店に寄って、お茶を飲んだりお土産を買ったりして帰路につきましたが、バス停に着いてビックリsign03 何とバスがあと2本で終わりだったのです。夕方5時になったら駅に戻るバスはないのです。「法隆寺は5時まで拝観出来るのですから、せめて5時半くらいまではバスは必要ですよね」とバスを待っていた方と話しました。
観光バス・自家用車で来る人が多いのでしょうね。

法隆寺に行くとき、乗り換えの駅でアメリカ人の夫婦と縁があってお喋りしました。シアトルから日本に来たといわれて、昨日法隆寺を見たので今日は奈良に行くとのことでした。昨日法隆寺で何かを見て良かったといわれたのですが、私の乏しい語学力では理解できませんでしたweep もっと英語の勉強をしておけば良かったと後悔です。

娘を待ち合わせの駅に早めに着いてしまい、時間つぶしに困りました。小さい駅で、周りに喫茶店もなかったのです。次の日に分かったのですが、近鉄の駅なら周りが賑やかでした。

宿を素泊まりにしていたので 夕飯を食べに出かけたのです。が、なかなかいいお店が見つからず困りました。適当なところで妥協して入りました。注文してから出てくるまで、時間がかかりました。出てきて、お寿司を食べようと醤油を小皿に入れようとしたら、醤油指しは空っぽ。信じられな~いwobbly 隣りのテーブルの醤油を取ってもらいました。私達が帰るまで、隣りのテーブルには醤油は帰ってきませんでした。

いろいろハプニングもありましたが、1日目は無事終了。

2日目は、何処に行こうかな? 何も計画しないで来たので…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風一過の空

Photo

台風9号が去った、今朝の空です。

私の住んでいる町は、避難勧告のでた地区もありましたが、大きな被害もありませんでした。

今朝の空は、浮かんでいる雲も秋の雲になっていました。

仕事に行く途中にある、道路脇の電光表示の温度計。今朝は30度を下回っていました。30度を下回っているだけで気持ち的に涼しいです。最も帰りは34度を表示していました(暑)

Photo_2

庭の酔芙蓉が咲き出しました。写真は夕方に撮ったものなので、花の色が赤になっています。

色の変化に惚れて買ったのですが、掃除が大変です。葉は大きくて枯れたらハラハラ落ちます。花も1日でポタポタ落ちます。花は、早く掃除をしないと地面にくっついちゃって剥がすのが大変(sad) 

これからほぼ毎日道路に落ちた葉と花の掃除が続きます。花が咲き終わった頃には、本格的な秋かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズメバチ駆除

Photo

庭木にスズメバチが巣を作っていましたcoldsweats01 

直径20cmほどの巣でした。 巣が出来ていることに全く気付いていませんでした。蜂の巣がある木が隣家の勝手口近くだったため、隣りの方が気が付いて教えてくれました。

市役所に連絡したら、今は市役所では駆除しないということで駆除してくれる人と会社を教えてくれました。

どちらも費用がかかるということだったので、ネットで相場をチェックしてみました。調べてみてビックリsign03 高いですねぇ。基本3万~かかるんですよ。これに交通費や大きさ・場所・危険度などが加算されるって! 我が家は幾らに…

市役所が教えてくれた業者さんに電話telephone 料金は2万円。交通費込みとのこと。取りあえず値段だけ聞いて終了。 次は、個人の方に電話mobilephone 料金は1万円。即決。お願いしました。

今朝、8時半に来て駆除してもらいました。2番目に毒が強いスズメバチの巣だそうです。今年は4月頃気温が低かったので、蜂の巣が大きくなっていなくて これからまた大きくなると言われました。大きくなる前に駆除できて良かったです。
雨で蜂の活動もなく、駆除には良い天気だったようです。

取った蜂の巣をどうするのかを聞きそびれてしまいました。ヘボ飯にするのでしょうか? 

Photo_2もう1ヶ所、蜂の巣がありました。

こちらは、いつの間にか出て行ったようで空になっていました。
2~3日前には、ブンブンと飛んでいたんですが…

もう二度とスズメバチの巣が出来ないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッフィーに会いに♪

久しぶりに名古屋まで出かけましたtrain

Photo

目的は、「ゴーゴー ミッフィー展」を見ることです。

今年は、ミッフィー(うさこちゃん)が55歳の誕生日を迎えます。それで、展示会も「ゴーゴー ミッフィー」となっているんです。

会期もあとわずかとなり、今日は仕事が休みだったので行ってきました。会場内は、空いていたのでユックリとジックリ見ることが出来ましたhappy01

印刷原稿・原画・スケッチ画など初期のものから並べてありました。不採用になった原画も展示してあり、興味深く見ることが出来ました。また、原画のなかには消された痕も見ることが出来、1冊の本が出来上がるまでの推敲の大変さが感じられました。

Cake

会場内に大きなバースディケーキがありました。その上には12人のミッフィーちゃんが大きなイチゴと共に飾られていましたが、そちらは写真撮影が出来ませんでした。が、ワークショップにおいてあったケーキをcamera

このケーキの直前には、国内外のクリエーターからのバースディ・カードやプレゼントが展示してありました。それぞれ個性のあるカードでした。ポスト・カードになったらいいなぁと思ったものもありました。

エリック・カール展の時にも設置してあったプロジェクターから投影する絵本がありました。残念だったのは、ページがめくられるスピードが早くで、子どもに読んであげるにはちょっと無理がありました。

会場限定のグッズがありました。買わないつもりでしたが、結局買っちゃいましたcoldsweats01 クリアファイルとポストカード。

Photo 鍵を持ったミッフィーちゃんは、今回のためのキャラクターだそうです。そういえば、会場のあちらこちらに鍵の絵がありました。

帰りに、JR高島屋でカバンを見ようと寄ったところ、なんとサンリオ50周年のブースがsign03

Photo_2

キティラーとして素通り出来ず、あれこれ迷った挙句ポーチをお買い上げbag 本当は、携帯用のマグ(水筒)も欲しかったのですが、こちらは諦めてと。

慌ただしく書店で本を見て帰りました。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »