« 台風一過の空 | トップページ | 奈良 気ままな一人旅 その2 »

奈良 気ままな一人旅 その1

Photo

娘が勉強会で奈良に行くというので、車に便乗して奈良に行ってきました。

勉強会の会場近くのJRの駅で降ろしてもらい、ガイドブック片手に奈良の一人旅に出発です。

まず向かったのが、法隆寺です。暑いので汗がでます。少しでも汗を減らしたいので、歩く早さは何時もの半分の早さです。それでも汗は流れますsweat01

法隆寺では、修学旅行の学生さんが沢山いました。 その一角は賑やかでした。

回廊の柱をよ~く見たら、歴史の時間に習ったエンタシスの柱でした。そういえば、ギリシャのパルテノン宮殿の柱もエンタシスの柱でしたよね。歴史の繋がりが感じられますね。

秋季法隆寺秘宝展が始まったばかりでした(9月11日~11月30日) 
いろいろな仏像や地獄図・平成の玉虫厨子などが展示してありました。この展示されている仏像の中に、円空さんが作った大日如来坐像がありました。まさか奈良で円空さんに会えるとは思いもしませんでした。見慣れている円空さんの像とは違って、荒々しい削りのものではなかったです。柔らかい感じでした。

1

法隆寺と聞いて思い出すのが、正岡子規の俳句ですよね。
小学生を引率していた先生が子どもたちに説明しているのを小耳にはさみ、慌てて句碑を写真に写しました。

隣りの写真に木は、句碑の近くに生えていたのですが、たくましい生命力に感動して写しました。

大宝蔵院の入って、夢違観音像・玉虫厨子・百済観音像その他の宝物を見ました。

次は、夢殿に向って歩きます。

Photo_2

夢殿の中をクルリと廻りながら拝見。

綺麗な形ですね。

昔の大工さんのすごさに感服です。

夢殿を見た後、中宮寺に向います。

Photo_3

本堂に靴を脱いで上がると、正面に国宝の 半跏思惟像が祀られていました。
テープによる説明を聞いていると、窓から気持ちいい風が吹いてきて暑い身体が冷まされました。本堂の周りは池になっているので、風がより涼しくなるんですね。

ちょっとお店に寄って、お茶を飲んだりお土産を買ったりして帰路につきましたが、バス停に着いてビックリsign03 何とバスがあと2本で終わりだったのです。夕方5時になったら駅に戻るバスはないのです。「法隆寺は5時まで拝観出来るのですから、せめて5時半くらいまではバスは必要ですよね」とバスを待っていた方と話しました。
観光バス・自家用車で来る人が多いのでしょうね。

法隆寺に行くとき、乗り換えの駅でアメリカ人の夫婦と縁があってお喋りしました。シアトルから日本に来たといわれて、昨日法隆寺を見たので今日は奈良に行くとのことでした。昨日法隆寺で何かを見て良かったといわれたのですが、私の乏しい語学力では理解できませんでしたweep もっと英語の勉強をしておけば良かったと後悔です。

娘を待ち合わせの駅に早めに着いてしまい、時間つぶしに困りました。小さい駅で、周りに喫茶店もなかったのです。次の日に分かったのですが、近鉄の駅なら周りが賑やかでした。

宿を素泊まりにしていたので 夕飯を食べに出かけたのです。が、なかなかいいお店が見つからず困りました。適当なところで妥協して入りました。注文してから出てくるまで、時間がかかりました。出てきて、お寿司を食べようと醤油を小皿に入れようとしたら、醤油指しは空っぽ。信じられな~いwobbly 隣りのテーブルの醤油を取ってもらいました。私達が帰るまで、隣りのテーブルには醤油は帰ってきませんでした。

いろいろハプニングもありましたが、1日目は無事終了。

2日目は、何処に行こうかな? 何も計画しないで来たので…

 

|

« 台風一過の空 | トップページ | 奈良 気ままな一人旅 その2 »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/36712524

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良 気ままな一人旅 その1:

« 台風一過の空 | トップページ | 奈良 気ままな一人旅 その2 »