« 秋の風物詩 | トップページ | 学びの森と冬ソナストリート »

ショソン オ ポム

パン教室に行ってきました。

今月は、リンゴ酵母とセモリナ粉を使ったパンを作りましたhappy01

Photo

「パーネ トスカーナ」

イタリア トスカーナ地方のパン。特徴は、塩分が少ないこと。0~1%の塩分です。

軽い食感のパンで、外はパリパリ、中は噛んでいるときの感じがちょっと普段のパンと違っていました。

Photo_2

塩分が少ないので、お料理のソースをつけたりして食べるとちょうどいい塩分に。

バターを塗るなら、有塩バターがピッタリ。

パンの色は、セモリナ粉を使っているので写真より黄色味を帯びています。

Photo_3

「パン ド トスカーナ オ ポム」

リンゴ酵母を使って焼いた甘い系のパンです。

酵母は水分と混ざりやすく、出来上がった生地は固めで扱いやすかったです。

苦手の成形は、今回は4種類しました。ブール・バタール・俵型。あれっ?あと1個は何だっけなぁ。

食べた感じ、外はパリッ、中はちょっと甘めのシットリ。「パーネ トスカーナ」とは、はっきり違いました。

私の好みは、「パーネ トスカーナ」 トーストしてジャム・小倉を乗せて食べたら美味しいと思いま~す。

Photo_4

「ショソン オ ポム」

分かりやすく言えば、アップルパイ。

生地の伸ばしが少なかったので、リンゴジャムを入れて生地を被せたとき、少々はみ出しもありました。
でも、綺麗にパイ生地の膨らみはでましたscissors

パイ生地は、以前は作ったこともありましたが、生徒の数が多くて時間がかかるため事前に先生が作って準備されています。

今日のパン教室には、久しぶりにお友達が顔を揃えましたheart04 しっかりおしゃべりで盛り上がってしまったランチタイムでした。

「リンゴジャム」
 リンゴを芯を除き、皮ごとみじん切りにして三温糖(4割)・レモン(皮も)・バニラを入れて煮込む。

「リンゴ酵母」
 リンゴと水分(りんごの2倍)をミキサーにかける。蜂蜜(りんごの1割)を加え、密閉容器に入れ、発酵させる。

① 発酵液100gに小麦粉160g蜂蜜10gを加え、捏ねる。
② 2倍になった①に①と同じだけの発酵液・小麦粉・蜂蜜を加え、捏ねる。
③ 2倍になった②に①と同じだけの発酵液・小麦粉・蜂蜜を加え、捏ねる。
④ 2倍になったら出来上がり。

|

« 秋の風物詩 | トップページ | 学びの森と冬ソナストリート »

パン教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/37706741

この記事へのトラックバック一覧です: ショソン オ ポム:

« 秋の風物詩 | トップページ | 学びの森と冬ソナストリート »