« ルナ・レガーロ | トップページ | お取り寄せ »

つり雛と梅と書

Photo_8

墨俣町で行われている「いき粋墨俣 つりびな小町めぐり2011」 に行ってきました。

つり雛を見るのも目的でしたが、光受寺で行われている「梅まつりと秀瑶書院展」を見ることが第1の目的でした。

土曜日の朝に行くことを決め実家に電話をしたところ、妹も来るとのことでした。

実家に着いたときには、まだ妹は着いていませんでした。

妹が到着したので(娘も一緒)、つり雛を見に出かけました。

Photo_9

Photo_10

Photo_11

左の大き目の写真は、洋品店のウィンドウに飾られているキルトとつりびな。

一般家庭の軒先にも、それぞれいろいろなつり雛が飾られています。
中には、小さいキャラクターを折鶴と一緒に吊るしている家もありました。

右下の写真は、脇本陣のつり雛を下から写しました。

Photo_12

こちらは、「堀かよ子つりびな作品展」として展示してありました。

入り口では、お茶の用意をしたお人形がお出迎えしていますhappy01

歩いていると、多くの方がピンクの紙を持って歩いています。
スタンプラリーが開催されていて、町内に28ヶ所に置いてあるスタンプを15ヶ所以上集めたら、抽選が出来るということでした。皆さん、つり雛を見ながらスタンプを集めていました。
私と妹・姪は、母たちがスタンプを集めておいてくれたのでcoldsweats01 集めることはしなくてよかったので、見ることだけに集中scissors 
抽選の結果は、外れの飴。ズルをしては良いものは当たりませんね。母は、いい物をもらっていました。代わりに、ウサギのポーチを買ってきました。これを見本にして作りたいと思います。

Photo_16

つりびなには、いろいろな物が作って吊るしています。

それぞれにいわれがあるようです。書いて表示してあったので、カメラに納めました。

何にでも、いわれ・訳があるんですねhappy01

作る時は、これを参考にして作って吊るしたいと思います。
くくりぼぼだけを作ってもいいかな?↑の写真のようにサイズを順番に変えて作って吊るしてもいい感じですね。

Photo_13

Photo_14

光受寺の枝垂れ梅です。

紅梅・白梅、何本もあります。

満開にはまだ少し早いようです。

つりびなを見に来た方も。こちらにも展示してありますので。
ふる~いお雛様も展示してあります。

Photo_15

こちらでは、書と絵の展示が行われています。

写真は、名刺サイズの紙に絵と文が描かれた小さい絵手紙みたいなもの。

実は、母が出品しているのです。名刺サイズの絵も20枚くらい描いているようです。落款を手がかりに母の作品を探しました。5~6枚ほどは探しましたが、面倒になって探すの止めましたcoldsweats01

時間があったら、もう1度見に出かけようかと思っています。

実家の玄関には、たくさんのお雛様が飾られています。その中には、私が作ったペーパークラフトの飛び出すカードもあります。が、今までに見たことのないお雛様が飾られていました。
どうしたのかと聞いたら、伯母が作った前日に持って来たとのこと。可愛いお雛様だったので、帰り道、母から頼まれた届け物を持っていったついでに伯母に作り方を聞きました。
日曜日に型紙を貰いに行く約束をしてきました。このお雛様については、後日アップします。

 

|

« ルナ・レガーロ | トップページ | お取り寄せ »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

行ってこられたのですね。
やはり私と観点が違いますので共通の写真は
ありませんね。
ということは奥が深い展示ということですね。
先生は準備がとても大変だったみたいですね。
来年は30周年ですので期待しています。
お母様の作品もあったのですか。
来年は注目します。

投稿: matsubara | 2011年3月 7日 (月) 19時06分

こんばんはnight

行ってきました。

>観点が違い…
 そうですね。私は、てのひらギャラリーに惹かれました。

展示会を行うには、とてもエネルギーがいりますね。先生は大変だと思います。また、作品を作る生徒さんも大変だったと思います。私も経験していますので判ります。

来年は30周年ですか… 
私も期待したいです。が、皆さん、たいへんでしょうね。

母の作品もありました。
>来年は注目
 いえいえ、注目しないで、サラリと流してください。母が恐縮してしまいます。

投稿: shinomama | 2011年3月 8日 (火) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/39139858

この記事へのトラックバック一覧です: つり雛と梅と書:

« ルナ・レガーロ | トップページ | お取り寄せ »