« 今度は…   | トップページ | 吹奏楽祭り »

飛騨に

記事の順序が逆になってしまいましたが、ゴールデンウィークの記事を。

Photo

毎年5月3日は瑞浪の陶器祭りに行くのですが、今年は飛騨に出かけました。

飛騨に出かけるときはいつもは、「せせらぎ街道」と通っていくのですが、今回は飛騨一ノ宮に寄りたかったので国道41号線で。

素直に41号を走ればいいのに、わざわざ武儀を通って金山経由です。旦那さんがゴルフに行くときに乗せていってくれた方がこの道を走ったそうです。 田舎道ですから桜は綺麗でしたよ。でも、コンビニはなかったですね。 

走りながら「道の駅がないなぁ」と旦那さん。 せせらぎ街道は多いですからね。

で、やっと着いた道の駅 「飛騨街道 なぎさ」 ↑の写真 

Photo_2

写真は、私が食べた「アイスセット」

桜・抹茶・カボチャのアイスクリームです。

旦那さんは小腹が空いたとかで、蕎麦を注文していました。
私のアイスが着たときに、隣りのテーブルに座っていた3歳くらいの女の子がアイスが目に入り、「アイス 食べたい~」と。お父さんが困った顔coldsweats01で「ばれちゃった」 どうやら、アイスは無いからねって言ってたみたい。

Photo_3

今回の目的の桜です。「臥龍桜」

写真はJR高山線の飛騨一ノ宮駅の階段からです。

高山線で高山に向う途中左手側に列車の窓からでも見えるそうです。(実家の母の話) 私も中学生くらいまでは毎年高山線に乗る機会はありましたが、いつも夏に乗っていましたから桜は記憶に無いです。

Photo_4

Photo_5

桜の前に立っているのは、旦那さんです。

たまたま人がいなくなった瞬間があり、ノンビリな風景をカメラに納めましたscissors 

桜を見た後は、一路高山に向いましたcar dash 

市内に入って市営駐車場に車を止めました。ここからは、歩いて市内散策です。

最初に寄ったのは、4月にオープンしたばかりの「飛騨高山 まちの博物館」
ここは、展示室に江戸時代の豪商、矢嶋家と永田家の土蔵を活用してあります。梁・柱に立派な木が使ってありますよ。展示物を見ながら、天井も見ながら歩きました。

開館記念特別展が開催中で、高山祭りの屋台の車や祭りの絵巻物なども展示してありました。

古い町並みもブラブラ散歩。何回も訪れいている高山なので、取り立てて見物することも無く、でも団子だけは食べましたよdelicious 

ちょっと早かったけれど、宿に行きました。夕飯まで部屋でのんびり。

Photo_6Photo_7夕飯は、量がたくさんありました。

春の山菜たっぷりを期待したのですが、ちょっとその点は残念でしたが、味は良かったです。美味しくいただきました。

Photo_8

Photo_9

朝、旦那さんが寝ているうちに散歩に出かけました。

まずは、国分寺へ。

桜は綺麗でした。
有名なイチョウは、若葉の季節を迎えるにはもう少し時間がありますね。

門のところに大きな石の猿ボボがいました。病気に効くようなんですね。縁結びに効くと嬉しかったのですが…

Photo_10

写真奥の赤い橋が有名な中橋です。

まだ桜が咲いています。

宮川の朝市をブラブラ。欲しいものは無かったです。
飛騨染の直営店で、欲しいものを見つけたのですが値段が… 5万円coldsweats02 ちょっと手が出ません。 何が欲しかったかは、想像してください。

宿に戻って朝食を済ませ、車を宿の駐車場に置かせてもらって出かけます。

Photo_11

今回、高山に来たのは、30年に1度の「飛騨の大まつり」を見るためです。

今回を逃すと次回は年齢的に無理かな?って気持ちがあったので。

飛騨地域の神社が櫻山八幡宮に集まってきます。3日から5日までそれぞれ別々の神社が集まり、「国家の安泰と郷土の繁栄」「神明への感謝」こめて神事が行われました。今年は特別に、東日本復興祈願も行われました。

Photo_12

手筒組の手筒花火が行われました。

花火が上がったら、渡御行列が始まりました。

Photo_13

Photo_14

一番初めは、「花里八幡宮」です。

赤鬼・緑鬼を先頭に神輿や獅子舞・浦安の舞をする巫女さんたちが列を作って櫻山八幡宮に向います。
午前の最後は、飛騨一宮水無神社です。総勢250人の大行列でした。

午前中、3社の神様が神輿で来られて八幡宮の拝殿に入る前に「神移し」を行いました。私は、初めて見る神事でした。水無神社の神主さんは、「今から神移しを行うので、カメラは止めてください」と 大きな声で観客に向って言われてました。放送でも同じことをいっていました。が、これ以前の「神移し」のときは、そんな注意は一言も無かったので 私はカメラを向けていましたが…coldsweats01 

「神移し」は、神輿の周りを白い布で囲み、外からの目を遮断して行われました。神輿から移られた神様は、そのまま白い布で囲まれたまま拝殿に上がっていきました。こんな話を実家の母にしたら、何度か見たことがあると言っていました。

Photo

Photo_2

櫻山八幡宮の隣りに、屋台会館があります。ここには、秋の高山祭りの屋台が展示してあり、いつでも見ることが出来ます。

私は入ったことがあるのですが、旦那さんは「入ったことが無い」というので、入ってみてきました。 ちょうど会館の方が説明をするときだったようで、館内の屋台についての説明を聞きながら見学しました。 今回は布袋台が展示してあり、からくり人形を近くで見ることができましたscissors 

飛騨大まつりの間、屋台蔵の扉が開いて屋台を見ることができました。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

屋台の名前は、「行神台」「鳳凰台」「神馬台」(順に)

まだあと9つの屋台があるのですが、屋台マップを用意しなかったので蔵を探すことを諦めました。

私は、何回も見ているのでかまわないのですが、旦那さんは残念だったかな?

でも、屋台会館で4台みたから全部で7台見たことになるし…  「大八台」「宝珠台」「仙人台」「布袋台」が展示してありました。

さて、目的の「飛騨大まつり」を少しだけだったけど見ることが出来たので帰ることに。

途中、市内でもう1ヶ所寄るところが。車を走らせて目的地へ着いたとき、私の目に行列が入ってきましたcoldsweats02 少し前にテレビで紹介してたから、ひよっとしたらと思っていたけどやっぱりだった。 あの列の長さでは、入場制限もしているかもしれないので今回はすっぱりと諦めました。 何処に寄ったかと言うと「トランブルー」bread まっ、また来るわ。 一人でも来ることは出来るので。旦那さん抜きのほうが気楽に買い物できるしhappy01 

帰りは、いつものようにせせらぎ街道を通って帰りました。

当然 道の駅に寄りましたよscissors 「明宝」では、フランクフルトなども買いました。

家に着いたのは、3時頃。 早い帰宅でした。

|

« 今度は…   | トップページ | 吹奏楽祭り »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/39973601

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨に:

« 今度は…   | トップページ | 吹奏楽祭り »