« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

梅味噌

Photo

今年は、梅味噌を作ってみました。数年前にも作ったのですが、今年は少し作り方を変えてみました。

材料は、梅・砂糖・味噌。 割合は、1:1:1

今年の味噌は、昨年私が仕込んだ味噌を使用。

漬け込んで1週間で鍋に移して、梅の実を煮て味噌に混ぜ込む方法がクッキングパパに載ってました。その方法で作ってみたいと思ったのですが、バタバタしているうちに時間は刻々と過ぎてしまいました。

鍋に移して煮てみたものの、シワになってきた梅が柔らかくなるはずがないです。そこで、少し手間がかかりましたが、包丁で実と種を切り外しFPにかけました。再び鍋に移してチョッとだけ煮ました。

食べた食感は、細かい梅の実が面白い感じです。味は、酸味・甘味が感じられ、梅の味もしてました。

冷奴にかけて食べたり、素麺と合えたりして食べました。今度は、野菜サラダのドレッシング代わりに使ってみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ええ~~っ、そんなぁことって

Photo

韓国に旅行する友だちのために両替に行くっていう、仕事が休みの娘に付き合って私も銀行巡りをしました。

一番初めに行ったのは、以前私が韓国に旅行したときに両替してもらったS信金。なんと、「在庫がないので、取り寄せになるので1週間くらいかかります」ってsign03 そんなにかかっては間に合わない。今週の金曜日に出かけるんですからcoldsweats01 

では、次に近くにあるJ銀行へ。 こちらでは、ドルとユーロは扱っているけど、ウォンは扱ってないそうで、別のところをあたってくださいってcoldsweats02 

仕方ないので、少し車を走らせO銀行へ。 またまたこちらも扱ってないって。

こうなったら、銀行を順番に当たっていくしかないと、今度はA銀行へ。 ここも駄目bearing 

残る銀行は、N銀行。 ここも駄目crying 

駄目もとで、JAに。 やっぱり駄目でしたshock 

最近は、韓国に旅行する人が増えていると思うので、ウォンも扱って欲しいと思いますが… どうなんでしょうね。

結局、両替が出来なかったので、娘は友だちに「空港かホテルで両替をするように」と伝えたようです。

写真は、我が家に咲いている紫陽花「墨田の花火」です。 友達から分けてもらったのです。毎年、花を咲かせてくれますが、色がねぇ…  土の質らしく、以前あった紫陽花も色が白に近かったです。土壌改良をすればいいんですがね。

続きを読む "ええ~~っ、そんなぁことって"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラッ、美味しい!

Photo_2

最近、近所のスーパーで見つけました。

玉ねぎ・かぼちゃがお気に入りですhappy01 
玉ねぎはフワァ・サクッとしてて、甘味があってチョッと炒め過ぎた感じの味もします。
カボチャはカリッとしてて甘いです。

ジャガイモは、いろいろなものが発売されているので 私的には入ってなくてもいいかな。塩味が強いかな?

軽く1袋食べちゃうので、気をつけないと…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪出来たよ~~♪

Photo

Yさんから頼まれていた「回転コマ」 出来ましたよ~~scissors 

綺麗に色が出ますねhappy01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良・薬師寺拝観

Photo_8

先々週のことになりますね。18日に奈良。薬師寺に行ってきました。

私が参加している生涯学習団体の会員研修ということで、バスbusのツァーで行きました。このツァー、薬師寺のお坊さんがガイドを勤めてくれるということでした。

朝、6時20分集合。時間通り出発。天気が微妙coldsweats01 悩んだ末、折りたたみ傘を諦め、長傘を持参。バスに乗るころには本降りrain 
ガイドさんに、「傘袋、ありますか?」 
えっ!無いです」 
バスの中、ベタベタになるからあるといいねぇ
そうですね。 すみません

そんな会話を聞いていた運転手さん、バスのトランクの中をゴソゴソ。なんとトランクの置くから傘用のビニール袋を発掘sign03 

ガイドさんが乗客の皆さんに配ってくれました。運転手さん、ありがとうhappy01 

途中・途中でお客さんを乗せ、最終乗車地へ。ここでハプニングsweat01 最後の1人の参加者が来てなかったのです。ガイドさん、電話連絡したりバスの外で待ったり。結局、来なかったのでバスは予定時刻を過ぎて出発。

バスbusは、高速道路を奈良に向けて走ります。途中、トイレ休憩を1度取り、渋滞になることも無く無事、奈良・薬師寺に到着。

まずは、昼食タイムです。

Photo

薬師寺の傍にある「薬師寺門前AMRIT」で昼食restaurantです。

「このツァーでは、お土産を場所がここしかありません。こちらのお店には、ちょっとしたショップがありますので。」と ガイドさん。 覗いたけれど欲しいものがなくて、買い物はしませんでした。買っていた方もいましたよ。

お庭には、赤い紅葉mapleの木が。 今の時期に赤いなんて珍しいですね。トンボ(種子)も付いていました。 その横には、綺麗な糸紅葉の木が。

Photo_2

こちらのお店がどれだけ薬師寺に近いかというと、歩いて数分です。写真は、お店の庭からの薬師寺東塔です。

Photo_3

Photo_4

まず出てきたのは、「サラダ」 アンチョビを使ったドレッシングでいただきました。が、少々塩味が強かったです。サラダに使われている野菜は、地元産。変わったものでは、黄色のビーツ。

パスタも、味は濃い目でした。面白いお皿で、矢印にところが窪んでいます。そこを使ってフォークでパスタを巻いて食べてくださいと言われました。

食後は、コーヒーを飲みましたが、お店の要領が悪い。 47人の団体さんがお昼を食べるのですから、食後の飲み物を初めに聞いておけばパスタが食べ終わって時点で提供ができるのに、パスタの皿を下げてから飲み物を聞いていたら遅くなりますよね。少人数と団体では、対処の仕方を考えてほしいですねぇ。

ここからは、薬師寺のお坊さんの案内です。

Photo_5

まず案内されたのは、「休ヶ岡八幡宮」

奈良は、神仏混合で祭られているそうで、薬師寺の敷地内に薬師寺鎮守として休ヶ岡八幡宮が祭られているそうです。

Photo_6

Photo_7 南門からの東塔と西塔です。

上手に1枚に東塔と西塔を収めることが出来ればよかったのですが、団体行動ではゆっくり構図を選ぶことも出来ず、2枚になってしまいましたcoldsweats01 

南門をくぐると中門が目の前です。南門の脇に、記事の最初に載せた写真↑の石碑があります。

Photo_9

Photo_10

中門の両側に立っていいる「二天王像」です。

写真には写っていませんが、天王の足元には邪鬼が踏みつけられています。そこの写真は、撮ってないんですcoldsweats01 行ったときに確めてください。私もいつか行ったらキッチリと見てきます。って、去年行ったときも見てないんですよねぇ。上のほうばかり見てたのかなぁ。

続きを読む "奈良・薬師寺拝観"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなのってあり?

職場の売店でこんなものを見つけました。

Photo

ビニール袋に入っている焼きそばなんですが、食べ方がチョッと変わっているんですwobbly 

お箸を使わずに食べるんです。 袋にイラストが付いているでしょhappy01 

袋の上部を切り取り、下から押し出して食べるんだそうです。手が汚れてても大丈夫!何処でも食べられます。 袋から出して、パンに挟んだら焼きそばパンに。手軽に作れますよ。

私は、家で食べたのでお箸を使いましたけどね。味は… それなりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百徳キルト

Photo

今、岐阜県博物館のマイミュージアムで「思いを繋ぐ百徳きもの展」が開催中です。

金沢で作られている「百徳きもの」がたくさん展示してありました。

母親が我が子が健やかに育つようにと身近な人たちから生地をいただいて着物を作る風習が江戸時代からあったそうです。

昔は、四角や長方形の形を繋いだと思いますが、展示してある着物の中にはパッチワークのピースを使って縫いあわせて作ってある現代的なものもありました。

この展示会にあわせて、「百徳キルトカードを作ろう」という体験講座が開かれました。そんな講座が大好きな私が申し込まない訳がありませんsign03 

先日、体験講座に参加してきました。

Photo_2

私が作ってきた「百徳キルトカード」です。

ちょっと柄物の生地を使いすぎて、うるさい柄の着物になってしまいました。

作り方は、パッチワークで言うクレイジーキルトの作り方と同じでした。

今回は、最初に1枚選んだ生地を五角形に切り、土台布の上に置きます。五角形はきちんとしたものでなくて構いません。

五角形の一辺に好きな生地を中表に重ねて縫います。アイロンで抑えます。次に今縫った辺の隣の辺に別の生地を重ねて縫います。これを全ての辺に順番に行っていきます。

最後に飾りの糸を好きな形にコーチングステッチで縫い付けて出来上がり。

着物の形に切り抜かれた台紙で挟んで飾ります。

私が思っていたのと違っていましたが、これはこれでいいかな。簡単だし。

本当は、キルトもしてどんな形のカードになるんだろうと期待して行ったんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新玉ねぎの豚肉巻き

Photo

梅ジュースを作った残りの梅を使ってもう1品作ってみました。

①新玉ねぎを16分割して、薄切りの豚肉の巻きます。

②薄く小麦粉をつけます。

③フライパンで焦げ目を付けたら、梅と適量の水・少量の醤油を加えて煮ます。

豚肉に付けた小麦粉のおかげで、ソースにトロミがつきました。味は、甘酸っぱいです。
私好みの味に仕上がり、ニンマリdelicious 

この料理は、この1回のみ。梅ジュースの梅がないから。 

本当は、あと1回料理するくらいあるのですが、別の料理に使いたいので豚さんは今回の1回ポッキリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅ジュースと鰯

Photo_2

数年ぶりに見つけた「パープルクィーン」です。 和歌山県で作られている新品種で、出荷数も少ないようです。

今年は梅ジュースにしてみました。

Photo_3

氷砂糖と1:1で漬けました。 底のほうに紅いジュースが出来ています。

Photo_4

出来上がったパープルクィーンの梅ジュースです。 普通の梅で作ったジュースと異なって、紅い色ですhappy01 味は、普通ですよ。 バニラアイスにかけて食べたら、口だけでなく目も楽しめますね。

さて、ジュースを取った梅は、ジャムに出来るということだったのですが、取出しが遅れてほとんどの梅がシワシワにcoldsweats02 それでも、悪あがきして砂糖を少々加えて、煮てみました。でも、やっぱり無理でした。

もったいないので、夕飯に鰯を煮たときに適当量入れて、醤油・酒・味醂とあわせて煮てみました。美味しかったですdelicious 

まだ残っているので、今度は豚さんと煮てみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代用品

Photo_3

さて、写真の品は何でしょうか?

袋ではないですよhappy01 

先日、娘から「お母さん、布や紐なんかある?」 と聞かれ、「あるけど、何を作るの?」

こんな感じのものと大まかな説明を聞きました。サイズなんかもこれくらいと手で示すだけで具体的な数値はなし。

「それで、作って欲しいの?」 「うん、出来れば」 

足らないものを手芸店で購入して、作ったのが↑写真の品です。

Photo

←こんな感じて使います。

三角巾で上手く固定が出来ないため(?)こんな装具で腕を保護固定するそうです。

実際装着した方は、「いい感じ」って言われたそうですscissors 

二度と作ることは無いと思いますが、使うことも無いことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビーマッサージセラピスト

Photo

最近、勉強していたのが「ベビーマッサージ」

今日は、人形をモデルに手技の勉強でした。

写真は、背中側のマッサージの勉強風景です。

子育てしているときに、子どもたちにおばあさんたちがしていたスキンシップと同じことが多々ありました。
昔ながらのスキンシップも捨てたものじゃないです。理論ではなく、本能的にどう子どもたちとのスキンシップを取ればいいのか解っていたのでしょうね。

Syuryousyo

修了証もいただきましたscissors 

あとは、これをどう生かすかはわたし次第。

がんばれsign03 わたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せき海つくり1周年記念フェスタ

「せき海つくり1周年記念フェスタ」が、関市で開催されたので行ってきました。

目的は、「刃物廉売市」と「フリーマーケット」そして「ご当地グルメ」

Photo

刃物廉売市は、出店者が秋の刃物まつりに比べて格段に少なかったです。まっ、それは仕方ないですけどね。

でも、息子に頼まれていたシェービングクリームを売っているフェザーさんが出店していたので嬉しかったですhappy01 シェービングクリーム10本 お買い上げsign03 「10本下さい」って言ったらお店の方、目を円くしていました。 1年分買いだめです。

ご当地グルメでは、うなぎの「しげ吉」・「二代目白神」・「Trattoria IL CAMINO」なども店を出していました。
「しげ吉」などは、長~い列ができていましたcoldsweats01 どの店も値段が500円までに抑えられていたので、量は少なめになっているようでした。

Photo_2

さるちゃん牧場のジェラートです。

地元の牧場で飼育されている牛のミルクを使って作っているようです。
今回は、フランボワーズ味を楽しみました。

Photo_3

路上パフォーマンスの会場で、忍者ハットリくんを見つけましたscissors 

何故、ハットリくんがいたのかな?って。 富山県氷見市と関市とは姉妹都市です。ハットリくんの作者の藤子不二雄Aさんは富山県出身ですよね。その関係かな?
子ども達が楽しそうに追っかけていましたよ。
ミナモも来ていました。子どもたちとミナモダンスをしていました。 ハモミン・ヤマリンも会場に来てたようです。私は、見ていませんけどね。

フリーマーケットは、銀行の駐車場で行われていました。何か欲しいものがあるかな?と見て廻ったけれど、なかったです。 手作り品もこれっていうものはなかったですweep 洋服・かばん・野菜などはたくさん売られていましたけど。

買ったものは、シェービングクリームと梅。 重たかったけど、駐車場までぶら下げて帰りました。 ピーカンの天気でなくてよかったですhappy01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全粒粉のパン

今月もパン教室に行ってきましたhappy01 

今月は、岐阜県産農林51号を石臼挽きの全粒粉で酵母を起こし、全粒粉の入ったパンを作りました。って、酵母は先生が起こしたものを使いましたcoldsweats01 

小麦を丸ごといただくパンでした。

Photo全粒粉のパンは、2種類作りました。

写真上が、胡桃入りです。

写真下は、プレーンです。

同じ生地を2つに分けて、片方にローストした胡桃を20%入れてます。  胡桃を入れると生地の色が、紫っぽくなります。胡桃を細かく割って入れなかったので、大きいのがゴロゴロしていて捏ねるときに手にあたっていました。

私的には、うまくクープがいったとscissors  成型は、バタールと丸型にする予定でしたが、丸型は切り分けるのが難しいのでパス。全部バタールにしてしまいました。ちゃんと丸型に成型した方もいましたよ。

Photo_2

こちらは、「バゲット・オリーブ」

こちらは、全粒粉の酵母ではないです。たしか、レーズン酵母だと思います。

オリーブが35%入っています。 オリーブは、2~4分割してみじん切りのニンニクとオリーブオイルで炒めています。あと、ハーブが少し。

機械捏ねだったので、成型のみしました。柔らかい生地だったので、少し成型がし難かったです。

Photo_3

バゲット・オリーブでランチcafeです。

サラダは、青紫蘇の入ったドレッシングでした。

真ん中にある黄色っぽいのは、マヨネーズではないですよ。チーズです。 写真を撮るとき、チーズの置く位置を考えてなかったです。

パン コンプレ(全粒粉のパン)は、焼き立てを味見しました。 焼きたては皮がパリッとしていて、私にとってはパン教室でしか味わえない味です。家では、HBオンリーですから。

ラスクとビスコッティの違い

  先生曰く、同じだよ。ラスクは英語、ビスコッティは仏語の違い。ビスコッティは2度焼くという意味だそうです。 確かにラスクも2度焼きますよね。

 なんとなく、ラスクはパンで作ったもの。ビスコッティは、お菓子の1種みたいな思いでいますよね。 目から鱗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほう葉寿司

Photo 今年もほう葉寿司を作りました。

そろそろほう葉寿司の時期だなぁと思っていたとき、買い物に出掛けたスーパーでほう葉を見つけました。

とりあえず購入。ついでに具材も購入。

翌日、作りましたscissors 

毎年作りますが、変化しています。寿司飯の上に置く具材が多くなったり、変わったり。変わらないのは、寿司飯に混ぜる鮭。

今年のほう葉寿司は、寿司飯に混ぜたのは焼いてほぐした甘塩の鮭とみじん切りの生姜。上に乗せたのは、干し椎茸の煮たもの・人参の甘煮・絹さやの茹でたもの。錦糸卵は、乗せるのを忘れちゃいましたcoldsweats01 作ってから気がつきました。

成型は、相変わらず2つ折。来年は包もうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都へ その3

3日目の朝、「雨は止んだかな?」 と窓の外を見ると、傘をさして歩いている人はいない!よかった~~happy01 

朝食後、ゆっくりお喋りする時間がなかったKさんとHさんと私達の部屋で会話を楽しみました。あまりに話がはずみ、気がつけば出発の時間です。 慌てて準備をして、ロビーに下りていきました。

3日目は、朝食後解散であとは自由行動です。

私達はクロークに荷物を預けて、タクシーで錦市場に向います。ここから私は1人別行動なります。

実は、京都に居る友だちと2人だけのミニ同窓会なんです。待ち合わせは、「大丸」

少し待ち合わせ時間に遅刻しましたが、無事10数年ぶりの再開を果たしましたscissors 
まずは、2人で錦市場をブラブラしながら、お喋り。一通り市場を歩いたら、場所を「藤井大丸」に移動。

藤井大丸では、4階の「ハーブス」へ。ランチには少し時間があったので、店の外の椅子に腰掛けてまたまたお喋り(話の種の尽きないこと!) ランチタイムの時間になったので、店内へ。ランチメニューのパスタを注文。残念ながら、お喋りに忙しく、写真は無いですcoldsweats01 

Photo 午後から用事のある彼女と別れるときに、「ノムラテーラー」まで案内してくれました。

「このお店には、生地がたくさんあるよ」と教えてもらいました。店内に入ると、たくさんの生地がありました。

7月の講座に使用する生地が、安く出ていたので5色購入しました。地元より安かったですlovely 
京都まで来て、講座の材料を買わなくてもと思いましたが、安さには勝てませんでした。

このあと、また錦市場に戻りました。 何とバッタリYさん・Wさんと遭遇。一緒に歩くことに。

御干菓子と壬生菜を購入。壬生菜は、4%の塩水に切らずに漬けて(重しなし)漬物に。

買い物を済ませ、タクシーでホテルに戻りました。私1人なら地下鉄で戻るのですが、3人なのでタクシーを利用しました。

Photo_2 ホテルに2人を残して、私は京都駅にお土産を買いに行きました。

←駅横の京都中央郵便局前に、見つけたポスト。

「平安建都1200年記念」と書いてあります。 何時のことなのかな? 平城京1300年は去年でしたよね。

京都駅では、チョッとだけお買い物。

時間も来たので、ホテルから高速バス乗り場へ移動。喫茶店でコーヒータイムを取り、バスへ。 行きは5人しか乗客がいませんでしたが、帰りは10人もいました。本来なら、予約して乗車するのですが、席が空いているので飛び込みでもOKでした。

帰りは、名神の集中工事の為1時間到着が遅れました。そのおかげで、我が家の夕飯は、「なか卯」の丼になりましたcoldsweats01 予定通り到着すれば、夕飯が作れたのですが…

今回の京都は、残念なことに雨で観光が出来ませんでした。何時か暇を見つけて、観光に来たいですね。 

楽しい時間を過ごすことが出来た京都の旅でしたが、食アメの集いは今回で最後になりました。残念です。 でも、また何処かでお会いできることを信じています。

  今日の日はさよなら。また会う日まで。

来年、熊本にお邪魔したいで~す(呼んでくださいね)。 

今年は、愛知県へ行こうね(行くね)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都へ その2

2日目の京都は、当然のことながら朝から雨rainです。 

朝食を済ませたあと、バスbus2台に分乗して出発です。 まずは、賀茂ナスの生産圃場の見学です。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

賀茂ナスは、温室の中で栽培されていました。

収穫されている賀茂ナスの大きさは、レジかごの大きさから判ると思います。しかし、このナスは完熟したものではないそうです。完熟した賀茂ナスは、20cmくらいの大きさになって種も出来てしますので未熟のうちに収穫するのだそうです。

よ~く見るeyeと葉っぱに大きなとげが。普段見ているナスの葉では気がつきませんでしたが… きっとあるんでしょうね。
生産者の方が気を使うことの1つは、実に傷をつけないことだそうです。温室の屋根を開けたとき、風が吹いて葉が揺れて実に触れると傷になるのだそうです。傷がつくと商品価値が下がるので、温室を開ける時は気を使うと言われていました。

農家の方が多かったので、専門的な質問が出ていました。私にとっては、わからないことなのでアルバイトの子に質問を。

Photo_8

「収穫時のサイズはどうして決めるの?」

←写真のゲージを見せてくれました。ゲージに引っかかれば、収穫OKだそうです。

ここの従業員」「アルバイトです
農業系の学校?」「学で経済の勉強をしています

全く関係ないことを聞いていた私でした。

こちらでの見学が終わって、バスは大原へと向います。

Photo_9「里の駅 大原」 です。

「道の駅」ではなく、「里の駅」をしているのは訳がありました。大原の里にあるからだそうです。

施設の中で、説明を聞いたあとは、自由見学です。って、買い物です。 ちょっと出遅れたら、可愛いお餅が全部売り切れていましたcoldsweats02 

私は、「山椒ちりめん」と「昆布の佃煮(山椒)」を購入。私にしては少ない買い物です。

続いて場所をJAの会議室に移して里の駅のスタッフの方を意見交換です。里の駅でのお弁当つくりや朝市の話などを伺い、女性ならではのお惣菜のレシピを教えてもらったりもしました。

Photo_10本来なら、里の駅大原の手作りお弁当をいただきたいところなのですが、数的に無理だということで京北・すえひろさんのお弁当になりました。

こちらのお弁当は、地産地消弁当です。

材料生産者の一覧表がついていました。

美味しかったのですが、里の駅のお弁当も食べたかったです。
その代わりと言っては何ですが、スタッフの方がお弁当に入っているおからサラダ・切り干し大根の酢の物・新玉ねぎの酢漬けを味見に持ってきて提供していただきました。

昼食後、三千院に移動です。

Photo_11

バスで10分ほど移動したら、三千院に到着です。

相変わらず雨が降っています。

駐車場の横の看板には600m先、徒歩5分なんて。
坂道を口数少なく登っていきます。600mなんて嘘でしょ。

流石に観光客も少ないです。途中の土産物屋さんも呼びこみに必死です。しかし、ほとんどが足を止めません。

Photo_12

Photo_13

本堂にお参りして、お庭を拝見して、帰路に。

私は、特別展が開催中だったので、寄ってみてきました。

続きを読む "京都へ その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都へ

Photo

先月28日から2泊3日で京都に出かけました。

お天気は、最悪。台風2号typhoonに向っての旅行です。

28日の朝、高速バスbusで京都に向いました。 出発のときはまだ曇天でした。何を履いて行こうかと悩んだ挙句、ショート丈のレインブーツを履き、長傘を持っての格好ですcoldsweats01 もちろん、バックの中には靴は入れましたよ。夕食にレインブーツはねぇ。

京都駅に着いて、4人で昼食をとりました。

Photo

駅中のお店で「おばんざい定食」  期待したほどではなかったです。

ホテルのチェックインまで時間があるので、どこかで暇つぶしをしようかとウロウロし始めたら、修学旅行生に混じって顔馴染みのMさんが。ちょうど新幹線で着いたところだったようです。Mさんも一緒なら、ホテルのロビーでお喋りしながら時間をつぶしましょうと、ホテルのシャトルバスでホテルに。

ホテルに着いたところで、私とMさんは買い物に。

目的の「京都デニム」に着く前に、手芸屋さんを発見eye 店内に入り、ウロウロ探し物。 アッsign03 あった~~  7月の講座に使うプラボタンが。買い占めちゃいましたscissors 

残念ながら、京都デニムには欲しいものが売り切れでなかったです。5月の連休で売れてしまって在庫がないそうです。 次回までのお楽しみになりました。って、次回は何時かな?

ホテルへの帰り道、ギャラリーでガラス細工・モラ・陶芸が展示してあったので見てきました。

ホテルに戻った時には、チェックインは済んでいましたcoldsweats01 キーを受け取って、同室の2人と部屋に。 荷物を置いて、シンポジウムの行われる部屋に移動。

今回、京都に来た目的は、「第12回 食アメニティネットワークの会 京都の集い」に参加するためです。

今までは、シンポジウムではいろいろな方の活動報告などがありましたが、今回は最後の集いということで今までの集いを振り返りました。
画面に映し出される写真の中に、数回私の姿もありました。数えたら、集いの半分は参加していました。

懐かしい写真を見た後は、楽しみな食事です。

続きを読む "京都へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »