« 京都へ | トップページ | 京都へ その3 »

京都へ その2

2日目の京都は、当然のことながら朝から雨rainです。 

朝食を済ませたあと、バスbus2台に分乗して出発です。 まずは、賀茂ナスの生産圃場の見学です。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

賀茂ナスは、温室の中で栽培されていました。

収穫されている賀茂ナスの大きさは、レジかごの大きさから判ると思います。しかし、このナスは完熟したものではないそうです。完熟した賀茂ナスは、20cmくらいの大きさになって種も出来てしますので未熟のうちに収穫するのだそうです。

よ~く見るeyeと葉っぱに大きなとげが。普段見ているナスの葉では気がつきませんでしたが… きっとあるんでしょうね。
生産者の方が気を使うことの1つは、実に傷をつけないことだそうです。温室の屋根を開けたとき、風が吹いて葉が揺れて実に触れると傷になるのだそうです。傷がつくと商品価値が下がるので、温室を開ける時は気を使うと言われていました。

農家の方が多かったので、専門的な質問が出ていました。私にとっては、わからないことなのでアルバイトの子に質問を。

Photo_8

「収穫時のサイズはどうして決めるの?」

←写真のゲージを見せてくれました。ゲージに引っかかれば、収穫OKだそうです。

ここの従業員」「アルバイトです
農業系の学校?」「学で経済の勉強をしています

全く関係ないことを聞いていた私でした。

こちらでの見学が終わって、バスは大原へと向います。

Photo_9「里の駅 大原」 です。

「道の駅」ではなく、「里の駅」をしているのは訳がありました。大原の里にあるからだそうです。

施設の中で、説明を聞いたあとは、自由見学です。って、買い物です。 ちょっと出遅れたら、可愛いお餅が全部売り切れていましたcoldsweats02 

私は、「山椒ちりめん」と「昆布の佃煮(山椒)」を購入。私にしては少ない買い物です。

続いて場所をJAの会議室に移して里の駅のスタッフの方を意見交換です。里の駅でのお弁当つくりや朝市の話などを伺い、女性ならではのお惣菜のレシピを教えてもらったりもしました。

Photo_10本来なら、里の駅大原の手作りお弁当をいただきたいところなのですが、数的に無理だということで京北・すえひろさんのお弁当になりました。

こちらのお弁当は、地産地消弁当です。

材料生産者の一覧表がついていました。

美味しかったのですが、里の駅のお弁当も食べたかったです。
その代わりと言っては何ですが、スタッフの方がお弁当に入っているおからサラダ・切り干し大根の酢の物・新玉ねぎの酢漬けを味見に持ってきて提供していただきました。

昼食後、三千院に移動です。

Photo_11

バスで10分ほど移動したら、三千院に到着です。

相変わらず雨が降っています。

駐車場の横の看板には600m先、徒歩5分なんて。
坂道を口数少なく登っていきます。600mなんて嘘でしょ。

流石に観光客も少ないです。途中の土産物屋さんも呼びこみに必死です。しかし、ほとんどが足を止めません。

Photo_12

Photo_13

本堂にお参りして、お庭を拝見して、帰路に。

私は、特別展が開催中だったので、寄ってみてきました。

バスは、土井志ば漬け本舗に移動。

皆さん、漬物を試食しながら買っています。買わないつもりだった私でしたが、試食した山牛蒡とカボチャの漬物が美味しかったので、2品買っちゃいました。帰宅後、夕飯に出したら息子には不評でしたcoldsweats01 大根のべったら漬けか千枚漬けが良かったと言われてしまいました。

このあと、嵐山を2時間自由散策になっていたのですが、雨で無理だろうということで「西陣織会館」で買い物・嵐山の土産物店での買い物に変更になりました。

Photo_14

Photo_15

渡月橋の様子です。

水位がずいぶんと増しています。

川の中にある水位計の上部まで水位が上がってきています。

土産物屋さんからバスで数分の場所に移動。夕食は、嵐山 中の島公園内にある「錦」でいただきました。

出迎えてくれたおかみさんに、「川の水は大丈夫ですか?」と聞いた方がいました。答えは、「大丈夫ですよ。60数年水に浸かったことはないですから」 (でもね、今年は、今までになかったことが起こっているからわからんよねって、私達の会話) 

座った席から川が見え、水かさが気になりながら食事をいただきました。結局、食べている間中 水かさが増すことはなかったです。が、消防団の見回りの姿は見ましたよ。

いただいたお料理の紹介です。

1、 先付   揚げからし豆腐   (私の住んでいるところで売られている辛子豆腐とは形状が違いました。 辛子は、海苔に包んで真ん中に入っていました。)
Photo                  

2、 お造り  鯛のへぎ造り

Photo_2

3、 お椀替わり  鰊茶そば  (前夜の鰊そばより、甘味が少なく好みの味でした。)

Photo_3

4、 桜宿膳  上段 酒肴 (ヨモギの葉が乗っている櫃の中には鯵の小袖寿しが入っていました。)

Photo_4

5、 桜宿膳  下段 炊き合わせ

Photo_5

6、 焼き物 鱸うに焼き

Photo_6

7、 蒸し物 茶碗蒸し (中味は、甘鯛・鰻・百合根・椎茸・あやめ麩・菖蒲おくら) 銀あんがかけてあります。百合根、美味しかったです。

Photo_7

8、 強肴 丸茄子壺揚げ 1つ丸ごとですので、お腹がいっぱいになりました。家では出来ないお料理でした。

Photo_8

9、 酢の物 鰹たたき  たたきなんだけど、生っぽかったです。

Photo_9

10、 ご飯 うすい豆雑炊

Photo_10

11、 水物

Photo_11

美味しくいただきました。

デザートは選べるとお品書きには書いてあったのですが、人数が人数ですので駄目でしたcoldsweats01 残念。

うすい豆では、笑いました。うすい豆のうすいを薄いと勘違いした方がいて、「うすい豆」って豆の名前だよって、駄目だしが入り大笑いになりました。グリンピースの1種なんだけど、私の住んでいるところでは見かけることがないですねぇ。

笑ったりおしゃべりしながら、楽しくお食事をいただきましたdelicious 

料理を出していただいているときに、「調理場は大変でしょう?」と尋ねたら、「調理場は、喜んでいます」と返事がありました。80人近い人数のお料理を温かいまま出すのは大変だったと思いますよ。 運んで出すのも力仕事でしたね。

食事も終わって、またバスまで傘をさして移動です。ほんと、よく降るわsign03 

ホテルに戻って、天気予報や普段見ている番組を見て、寝ましたsleepy 

明日は晴れるといいなぁ…  

|

« 京都へ | トップページ | 京都へ その3 »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/40287916

この記事へのトラックバック一覧です: 京都へ その2:

« 京都へ | トップページ | 京都へ その3 »