« アイピローのアレンジ  | トップページ | 折り紙工場 »

国宝 薬師寺展

Photo

19日、旦那さんを誘って「特別展 国宝 薬師寺展」を見に、岐阜市歴史博物館に出かけました。18日に行こうかとも思いましたが、旦那さんが午後から予定が入っていたので止めにして(小忙しい)の19日の出かけになりました。が、18日に5万人目が出たんですよねぇ。残念coldsweats01 行ってたら、ひょっとして5万人目になったかもsign02 

Photo_2 10時開館と思ってたら、9時開館だったんですねぇ(チェック不足) どうりで駐車場も満車の訳です。結局、河川敷の駐車場に停め、テクテク開場まで歩きましたsweat01 

会場には多くの人が来ていました。

休ヶ岡八幡宮の「八幡三神坐像」(国宝)と狛犬・薬師寺絵巻・吉祥天女像(国宝)・慈恩大師像(国宝)そして、東院堂の聖観世音菩薩立像(国宝)などが展示してありました。まだまだ重要文化財もたくさん展示してありますhappy01
聖観世音菩薩立像は光背が外されて展示してあるので、普段は見られない後姿も見ることが出来てよかったですheart04 

東塔の持国天立像・増長天立像・広目天立像・多聞天立像の展示もありました。こちらは、修理後初公開だそうです。

1階の薬師寺展を見た後、2階に移動。2階では、「壬申の乱と美濃」という展示が開催中でした。小倉遊亀さんの天武天皇と持統天皇の絵も展示してありました。
関市の弥勒寺跡の出土品・各務原市の山田寺跡出土品と、薬師寺岐阜別院の薬師如来坐像(県重要文化財)が展示してありました。

奈良・薬師寺と岐阜の縁は壬申の乱の時からだそうで、現在の薬師寺の管主・執事長も岐阜県出身だそうです。

Photo_3 博物館の横に噴水があります。この噴水には思い出が。まだ私が小学生の頃、岐阜公園で写生大会があり、この噴水を描きました。噴水の女性の手が小さく描けずに、グローブのようになってしまったんです。直すことも出来ず、そのまま提出したような…
まだ、あの時のままこの噴水があったことが嬉しかったです。

昔は、動物園もあったんですよ。「きんこ」・「ぎんこ」という名前だったかな?、ライオンがいたんですよね。熊もペンギンもいたんです。小さいけれど水族館もあったんですがねぇ。全部 無くなってしまいましたね。

Photo_4

公園近くに、「萬松館」という有名な旅館があります。11時から13時半までお庭が開放されていると看板に書いてあったので、帰りに寄ってみました。白萩やススキなどがあり、篝火の準備もされていました。夜には、お庭で篝火が焚かれるのでしょうね。

Photo_5 駐車場への道すがら、見つけた水門。面白い形だったので、撮ってみましたcamera 角があって、ちょっと愛嬌のある顔立ちの鬼ですかね。

2人で、ぶらり歩いた「薬師寺展」でした。

|

« アイピローのアレンジ  | トップページ | 折り紙工場 »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/41868066

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝 薬師寺展:

« アイピローのアレンジ  | トップページ | 折り紙工場 »