« 折り紙工場 | トップページ | お彼岸 2題 »

桃酵母

パン教室に行ってきました。

今月は、「洋梨酵母」の予定だったのですが、肝心の洋梨がまだ早いということで、「桃酵母」になりました。「洋梨を届けてくれる果樹園からまだ洋梨には早いので、代わりに桃が届けられた」と 先生。 私はどちらの酵母でもかまわないのですhappy01 楽しくパンが作れればいいのですから。

Photo 今回のパンに練りこんだ食材の一部です。この他に、カシューナッツが入りました。

Photo_2 上の写真の食材を入れて作ったパンです。砂糖の代わりに蜂蜜が入っています。バターもです。出来上がった生地を2分割して、一方には洋梨のセミドライとカシューナッツ、もう片方にはアスパラと胡麻が入っています。

成形は、アスパラが入ったほうはコッペ形。アスパラみたいにということだそうです。焼きあがった形は、アスパラには程遠いですけどねcoldsweats01 生地が柔らかかったこともありますが、成形がヘタなことも原因ですね。

「パン オ アスパラガス」は、焼いた後もちゃんとアスパラの味がしてましたよ。私の好みは、「パン オ ポワール」のほうですねdelicious 

Photo

ランチ用のパンは、「パン プロヴァンス」です。こちらは、冷蔵発酵の生地を使用したので、事前に先生のほうで生地を仕込んでいただいてあります。私達は、成形のみです。成形は、バタール形にしてスケッパーで3ヶ所カットとレシピには書いてありました。次の写真のようにカットします。

Photo_2

バタールの形に成形をしたら、生地に斜めに3本切れ目を入れます。生地の長さが短くてスケッパーが入り難いときは、生地の長辺にほぼ平行にスケッパーを入れ、少しずつずらしながら3本カットします。そして斜めに延ばすと「目」のような形に成形できます。
「パン プロヴァンス」の名前なので、生地にエルブ・ド・プロヴァンスという名前のハーブミックスが入っています。

Photo_3 ランチです。今日は、台風の影響もあり生徒の数が8人と少なかったため、ゆったりと食事が出来ました。

Photo_4 Mちゃんからお土産を頂きました。手作りのゴーヤのきな粉まぶしは、ゴーヤの苦味も残っているんですが、きな粉との相性がよくて、ついつい手が出てしまいましたhappy01 次回、作り方を教えてくださいね。 カボチャのジャムは、まだ封を開けてないので味のコメントはできませんcoldsweats01 Mちゃん、ご馳走様でしたdelicious ありがとう。

桃の酵母は、桃を皮付きのまま使って作ってありました。作り方は、いつもと同じ方法で。

作ったパンの皮が厚くなるのは何故?  色をつけようと長く焼いていると皮は厚くなります。短い時間で焼いたほうが皮は薄くパリッと焼けます。

パンに色を付けたいときは、糖分を加えると付きます。

今回の教室での質問と回答です。

|

« 折り紙工場 | トップページ | お彼岸 2題 »

パン教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/41958091

この記事へのトラックバック一覧です: 桃酵母:

« 折り紙工場 | トップページ | お彼岸 2題 »