« 故郷への里帰り | トップページ | 11月11日はバラの花を贈ろう »

鈴鹿墨となばなの里

墓参りの翌日、お習字の研修旅行に参加しました。習字の作品展と研修旅行が交代で行われ、今年は研修旅行の年です。

お習字に関係するところを見学・体験して、食事をして1ヶ所遊ぶ場所に行くということになっています。今年は、鈴鹿墨を見学・体験して、なばなの里で花を楽しむコースになっていました。

朝7時に自宅を出て、犬山の集合場所へ。一緒に行く人に乗せてもらったので、楽でしたhappy01 

時間通り出発。

Sa

まずは、御在所SAでトイレ休憩。ちょっと買い物をと思いましたが、時間が短く断念。それでも、大好きなkittyちゃんグッズをと見ましたが、欲しいものが無くバスに戻りましたcoldsweats01 

Photo_2

SAを出たバスは、鈴鹿へ。鈴鹿サーキットの傍を通り着いたのは、「鈴鹿市伝統産業会館」 本当は、鈴鹿墨を作っている工房に行く予定だったのですが、道が狭くバスが通れないので場所を「鈴鹿市伝統産業会館」に移して、墨作りを見せていただくことになったのです。

Photo

墨職人さんが、油煙と膠を練り合わせています。

Photo_2

練りあがった墨は、型に入れて押しをして形付けます。

Photo_3

今回は型に入れないで、手で握り締めて形作ります。表面が凸凹して指紋や掌紋が付いて面白い形の墨になりましたscissors 進誠堂さんで乾燥させて製品となってから手元に届くそうです。待ち遠しいです。

なんとかバスが進誠堂さんのお店にいけるということで、お店に伺いました。

Photo_4

特殊な墨を作られていて、濃く摺って書いたときは墨色は黒色なのですが、薄めて書くと写真↑のようないろいろな色に発色するそうです。皆さん好みの色の墨を買われていました。私は、20年ほど前に作られた墨と仮名用の青墨を買いました。墨は、古くなると水分が抜けて軽くなるそうです。私が買い求めた墨も大きさの割りに軽かったです。

Photo

進誠堂のご主人が作られた墨です。過去に作られたことの無い材料を使った墨です。

買い物も終わり、バスは昼食会場へ向います。会場までのバスの中、幹事さんから昼食会場についてのレクチャーがありました。幹事さん手書きの絵を使ってですsign03 どんな内容だったかというと、泉鏡花の「歌行灯」の大まかな内容紹介です。 泉鏡花って、代表作の名前は学生時代の試験対策で覚えたけれど読んだことはないなぁ。

Photo_2

桑名市内にある「歌行灯」です。物語のなかのお店のモデルになったとこらしいです。桑名っていうと、蛤ですよね。ここで頂いた食事も蛤が沢山でてきました。

Photo_3

まずは、前半の4品。左上から時計回りに 先付け・蛤の蒸し物・潮汁・刺身
蛤の蒸し物は、蛤が動かないように、天板が6ヶ所凹んでいて上手く考えてあるなぁと思いました。

Photo

続いての料理も左上から時計回りに、蛤のフライ・ご飯と香の物・うどん・甘味
蛤のフライ、初めて食べましたeye 牡蠣フライより好きかも。 ご飯の量が少ないなぁと思っていたら、うどんが出てきました。うどんも美味しかったんですが、私はどちらか1品でもいいなと。
一般的に、ご飯と汁物はほぼ同時に出てくると思いますが、今回は汁物が早く出てきたのでご飯の時にはお椀が空になっていてcoldsweats01残念でした。

昼食を済ませ、店内の売店で買い物をされている方々も。私は、パス。

バスに戻り、「なばなの里」へ。 私は、一度も行ったことが無く、楽しみにしていました。

Photo_2

なばなの里の中の写真です。左上から時計回りに、ベゴニアガーデン・ベゴニア・ダリア・コスモス畑。 ダリアも沢山の種類が植えてあり、花の大きさも、ポンポンダリアのサイズから超大輪までありました。私は昔サイズの可愛いサイズのダリアが好きですheart02 コスモス畑は、見頃でしたよ。
ベゴニアガーデンやコスモス畑から白い葉の大きな木が見えました。みんなが「何の木だろう?」って不思議に思って、従業員の方に聞いていました。もちろん私達も。 答えは、「なばなの里冬のイベント、ウインターイルミネーションに使う木ですよ。本物ではないですよ」 ウインターイルミネーションのCMがテレビで流れて、判りましたscissors 今年のイルミネーションの中心になる桜の木でした。

園内をお喋りしながら散策し、売店で少々お土産を購入。園外にある花の苗を売っているところを覗いてバスに戻りました。

出発が少し遅れましたが、無事帰路につきました。車内では、ビンゴを。全員に商品はありますcoldsweats01 手作りのティッシュケースやキーボルダーなどいろいろ。当たって中味をお友達と見せ合ったりして、楽しい時間でした。

夕飯に間に合う時間に帰宅。洗濯物を取り込み、夕飯の支度に取り掛かった私でした。

|

« 故郷への里帰り | トップページ | 11月11日はバラの花を贈ろう »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/42912578

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿墨となばなの里:

« 故郷への里帰り | トップページ | 11月11日はバラの花を贈ろう »