« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

待機中

機材チェックのため、出発が遅れています〓
部品を中国から取り寄せているそうです。
 
何時になったら出発出来るのか、不明です〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発

今から、研修に出発します〓
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お雛様 3種

折り紙教室に行ってきました。3月の雛まつりにちなんでお雛様を折りました。

Photo

まずは、「小笠原雛」 この折り雛は室町時代ころからのお雛様のようです。

本家の「小笠原雛」は、頭も折り紙の柄がでます。写真の「小笠原雛」は、先生のこだわりの小笠原雛です。 お雛様の顔は白いほうがいいということで、折りかたに工夫をして顔が白くなっています。

折り紙のサイズを変えて何種類か折ってみました。それぞれ、台紙に貼ってプレゼントしたり、職場で飾っています。

Photo_2

「立ち雛」です。折り紙のお雛様では立ち雛は珍しいそうです。
七夕の牽牛・織姫として飾ってもいいみたい。

Photo_3

最後に折ったお雛様です。産着に包まれた赤ちゃんのようにも見えますね。
小さめに作ったら、本のしおりにも使えそうです。 

今回の教室は、お雛様を折るだけで時間がきてしまいユニットの立体折り紙は作ることが出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウッドビーズと布とリリアン

Photo

若いお母さん対象の講座でネックレスを作りましたhappy01 写真の作品は、私の作った見本です。って、当日の見本を少々変えてますけどcoldsweats01 

作り方は簡単なので、時間内に全員作り上げました。同じ布テープを使っても同じ柄にならないのがいいですね。今回は、用意したウッドビーズがあまり大きくなかったので、生地を1.5cmの幅に布を切り、片方を0.5cm折りこみアイロンをかけておきました。私は、折りながら作りますが、時間内に出来上がるために折っておきました。

ウッドビーズの穴にボンドでテープ端を止めます。あとはグルグルと穴に通しながら切り口の方を隠すように巻いていきます。最後は、両端をバイアステープのように折って巻き穴の中にボンドで止めて出来上がり。

リリアンは、巻き始めは同じように穴の中でボンドで止めます。布と違うのは巻く方向。ビーズの表面をボンドを少しづつ付けながら巻いていきます。巻き終わりは、穴の中でボンドで止めて出来上がりscissors 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週、仕事が休みの月曜日に同僚のSさんと一緒に手芸店巡りをした後、昼食を食べにお店を訪ねました。

Photo

行ったお店は「魚」 関市千疋に昨年11月にオープンしたお店です。少し前、新聞に取り上げられたので混雑の期間が終わったと思ってのことです。が、けっこう混んでいましたcoldsweats01 席が空くまで、魚を選んでいましたhappy01 このお店、食事も出来ますが鮮魚を買うことも出来るんです。ツバスと鰯を選んで、大将に下処理をお願いしておきました。

Photo_2

席に案内されて選んだのが、ランチメニューのなかの「日替わり海鮮丼」850円。上に乗っているお刺身が美味しかったですdelicious 一緒に味噌汁が付いているんですが、何気なく手にしたら、ズッシリ重いんです。なんと瀬戸物の汁椀でした。最近では瀬戸物の汁椀で味噌汁と提供するお店で食べることがなかったので、新鮮でした。

ランチを初めて一ヶ月以上なっているのに、アルバイト・パートさんがまだまだ仕事に慣れてないですねぇ。手際が悪いんです。これがもう少しテキパキ出来るようになればねぇ。美味しいだけに残念。来月辺りに、また食べに行って観察してみようっかな?(態度悪~~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バナナ酵母

今月のパン教室、使った酵母は「バナナ酵母」です。

生のバナナの実で作った酵母で作ったパン生地にドライバナナを入れてパンを作る予定(先生)だったそうですが、残念なことにドライバナナが欠品だったので生のバナナを入れてパンを作ることになりました。

Photo

バナナ酵母で作った生地に、チェダーチーズとエダムチーズを混ぜ込んでます。チーズの食感を残すために角切りのチェダーチーズは最後に加えます。捏ね時間も短いです。エダムチーズはチーズの味を楽しむために加えます。成形は、バゲットにします。

Photo_2

発酵種法で作ってます。生地は機械捏ねなので、クープの出方は成形の腕にかかります。綺麗にクープの出たのものやちょっと浅かったものなどありましたが、名前を置いてないので自分がクープを入れたのがどれか判らないのですcoldsweats01 でも、綺麗に出たのが自分がクープを入れたパンだと思いたいですね。
焼き立てを頂きました。チーズの味と塩味が強かったです。皮はカリッ、中はフワッ。

Photo_3 ドライバナナが欠品中だったため、生のバナナを入れて成形です。こちらの生地は、それぞれ各自で捏ねてます。
生の果物をパン生地に直置きして焼くと、果物の下の生地は果物から出る水分で生焼けになるそうです。それで、生の果物を置くときには、ジャムやスポンジなどを敷いて乗せるのだそうです。今回は、相性のいいクリームチーズをバナナの下に敷きました。成形は、バナナの形です。

Photo_4 バナナの形になったパンの出来上がりですscissors 房のように片側をくっつけてもかまわないと先生は言われましたが、食べやすさをとって1本ずつにしました。
焼いている途中にオーブンの扉が開くと、バナナの甘~い香りが漂ってきました。

Photo_5 手捏ねした生地を2分割して、片方に生バナナをもう片方に胡桃を入れて焼きました。そこそこクープも出ましたが、膨らみはいまひとつでした。

Photo_6 ランチプレートです。乗っているパンは、バゲット・フロマージュ。断面に見える黄色いところは、チェダーチーズが溶けた跡です。焼きたてより、塩味がまろやかになっていました。時間の経過での味の変化がよく分かりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バレンタインとお雛様のカード

ペーパークラフトの講座に行ってきました。今回は、バレンタインディ用のハートのカードと雛祭り用のカードの2種類を作りました。

Photo

写真(↑)のカードは、先生の作られたカードをお手本にして作ったミニタイプのカードです。右側のハートの花タイプのお雛様カードは、お手本をアレンジして作りました。

Photo_2

写真のカードは、ハートを使ってハッピーなお雛様とバレンタインディー用のハートのカード。一言添えてチョコと一緒に渡したら、お洒落ですね。こちらもお手本をアレンジしてますhappy01 

Photo_2 いろいろ作ってみましたscissors ハートのお雛様カードも可愛いなと…coldsweats01 

まだまだ作っています。

Photo_3 色が逆になっていますが、四葉のクローバー仕立てにしたかったのですが、手持ちの紙に緑が少なかったのでオレンジが主になっています。カードを開くと、四葉のクローバーが顔を出すように作りました。
春用なので、蝶が止まっています。秋用はトンボが止まるかな?

しばらくは、お雛様カード作りに勤しむことになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウッドビーズを使って

来週の講座で作る作品の見本を作りましたscissors 

Photo

ウッドビーズに布を巻きつけて作ります。

材料費の都合で、ビーズは見本に付いているだけでキットには入りませんcoldsweats01 ウッドビーズは大1個小2個と、スエードの紐と巻きつける布テープをセットにしょうと思っています。布テープは、今から作ります。大柄のいい柄の布が見つかりますように。大柄だと、テープの取り方でいろんな柄になるので、ウッドビーズに巻きつけると面白い模様になると思います。

テープ用に4種類くらいの布を探してみようと。選べる布は多いほうが楽しいですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手作り本

Photo

2月19日(日)にプロに習う講座があります。

内容は、製本。角背ハードカバーの本を作ります。角背ハードカバーというのは、写真の本のようなタイプの本です。簡単に言うと、文学書とか辞典みたいな本。

  日時   2月19日(日) 9時30分~12時
  場所   わかくさプラザ 学習情報館2階 創作実習室
  受講料  500円
  持ち物  カッターナイフ・ものさし(長めのもの)
  定員   10名

作る本はB5サイズ。表紙に好みの柄の紙を使用したいときは、A4より少し大きめを持ってきてください。厚みは障子紙くらい。厚いものは使用出来ません。

興味のある方は、申し込みしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金柑を煮てます

Photo

お正月前に買ってそのままになっていた金柑と買い足した金柑をあわせて、甘露煮を作っています。

切れ目を入れて下湯でしてから、種を取ります。

ザラメ・氷砂糖・焼酎の分量は1:1:1なんです。今回は、150gづつ入っています。ちょっと甘さが少ないかも…

あと30分くらい煮たら、火を止めて味を浸みこませて出来上がりで~すhappy01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコ用ギフトボックス

先週、折り紙教室に行ってきました。

Photo

作ったのは、バレンタインのチョコを入れるための箱present ちょっとお洒落な箱です。作り方は難しく見えますが、実は簡単なんです。昔からの箱の折りかたで折るんですが、折る紙に仕掛けがあるんですよ。折りかたを聞いたら、「なぁんだ、そんなことなんだ」って思わず言ってしまいまよねhappy01 

15cmの折り紙で折ると、チロルチョコが1つ入ります。

Photo

次は、小銭いれ?っていうかなぁ。中にものを入れることが出来ますが、小銭か手紙くらいかな。3点とも同じ折かたで最後の飾り折りが違っているだけです。

Photo_2

そして、いつものユニット折り紙と、ハートです。ユニットは、正四面体(ピラミッド形)と正八面体。同じユニットで数が増えています。ユニットの和をもっと増やせば、12面体、36面体… と作ることが出来ます。根気が要りますけどね。

ハートは、先生のこだわりで、真ん中が切れていない折りかたです。

来月は、お雛様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »