« 上海の旅 5日目(多倫路・地下鉄・リニア・帰国) | トップページ | 可児へ 食事と買い物 »

上海の旅 番外編

上海での見学先のことなどは、今までの記事にアップしましたhappy01 

ここでは、今までの記事にかけなかったことをアップしたいと思います。

Photo_4

まずは、街角で見かけた郵便ポストです。日本と違って、緑なんですね。でも、形は似ていますね。郵便配達の車も緑でしたよ。バスの中から見つけたので、写真は撮れませんでしたcoldsweats01 

セントレア空港で離陸待ちをしているときにH先生から出された「飛行機は何故左側から搭乗するのか」という質問についての勉強会が2日目の夜にありました。

時間にH先生の部屋に集まり、勉強会の開始です。まずは、開始前にみんなに果物が配られました。「香梨(シャンリー)」という中国の果物です。形は少し洋梨に似ていますが、味は青りんごと梨をあわせたような爽やかな食感・味でした。
香梨を食べながら、各自の答えを発表していきます。
・タラップや空港の設備が左側から乗るようになっているから
・飛行機の飛行が左側通行だから
・操縦室・操縦士の都合から
など、いろいろな意見が出ました。

正解は、船に由来をするということでした。船の舵は、船尾の右側にあります。これは、昔人の手で船を動かしていた時、右利きの人が多かったため操作がしやすいように右側につけたそうです。舵が右側にあるということは、左側を岸につけないと舵を壊してしまいます。それで船は左側を岸に向けて停泊します。船の乗り降りは左側から行います。

ここまで聞いて、ハッと思い出しました。そういえば、飛行機で使われる言葉で船に由来している言葉があるんです。
   機長 → キャプテン
   乗務員 → クルー
   客室 → キャビン
   飛行機 → シップ  などなど

時代は客船から飛行機に変わりました。でも、「船の習慣がそのまま飛行機に受け継がれた」ということだそうです。そういえば、飛行場といわないで、空港といいますねhappy01 ここにも船由来が。

左側をポートサイド、右側をスターボードサイドといいます。ポートサイドは港側。スターボードサイドはスターティングボードから変化してスターボードサイドとなった。スターティングボードとは、舵板のこと。

など、いろんな話をH先生がされました。話の豊かさにビックリ。楽しかった時間でした。

飛行機の話が終わったあとは、手相を見てもらいました。いろいろな手相があり、笑いにつつまれた手相見の時間でした。

手相で沸いている部屋をそっと退出したK先生は、中国で美容院を経営している卒業生のところへ。後日、そのときの話を伺いました。中国で苦労しながらもたくましく仕事をして、今は成功しているとのことでした。やっぱり、女性は強いですね。

禁断の果物「ドリアン」を買ってきたK先生。ナイフも包丁も無いので、苦労をして切り分けたドリアン、いただきました。私にとっては、2度目のドリアン。美味しかったですdelicious でも、臭いが… 皮や種などのごみは、何処に捨てに行かれたのでしょうね。ホテルのゴミ箱には臭いがすごくて捨てられないですからね。

Photo

上海空港で見つけた切り絵です。うす~い紙で作ってあります。花柄の方は、切った後に色を付けたようです。ハサミで切るのか、カッターを使うのか、どちらなのか判りませんが細かい仕事です。

Photo_2

何故ここで「manaca」の写真なのでしょうか。別に名鉄の回し者ではないですよhappy01 
セントレア集合・解散のツアーの場合、セントレアまでは車か名鉄を利用するのが楽ですよね。名鉄を利用するなら、manacaを使うことをお勧めします。

今回の上海の旅は、セントレア集合・解散でした。入国審査を済ませてスーツケースを受け取り、名鉄の駅に向いました。私はのんびり動く歩道で移動を選択。Kさんは、スーツケースをガラガラ引いて急ぎ足で歩いていました。
乗車券売り場は長蛇の列です。

私は心の中で「Kさん、ゴメンね。先に行くね」と言いながら、改札口へ直行。manacaを持っているので、改札口はピッで入ってそのあとミューチケットをmanacaで買いました。ギリギリで列車に乗り込みました。

Kさんも何とか同じ列車に乗れたそうです。乗車券を買う時に、顔見知りだけど、親しくない知人を見つけて並んでいる列を全く無視をして割り込み、強引に買っていた人もいたそうです。人を不愉快にさせるそんな行為をしなくてもいいためにも、manacaがお勧めです。近々、JR東海でも使えるようになるようです。

ガイドさんに注意をされていたのは、偽札についてです。けっこう偽札が流通しているそうです。そういえば、レジでお札を出した時、チェッカーの人がお札をチェックしていましたcoldsweats01 空港の免税店で買い物をしたときは、お釣りを中国のお金で渡されることがあるので注意しましょうって。キッチリ出したほうがいいみたいです。それかカードで。

車のナンバーって、日本でも自分で好みの番号を選ぶことが出来ますが、その値段はあまり高くないですよね。中国では、風水での縁起のよい数字を好む人が多くて、オークションにかかったして高額で取引されるそうです。信じられないですねsweat01 

|

« 上海の旅 5日目(多倫路・地下鉄・リニア・帰国) | トップページ | 可児へ 食事と買い物 »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/44727808

この記事へのトラックバック一覧です: 上海の旅 番外編:

« 上海の旅 5日目(多倫路・地下鉄・リニア・帰国) | トップページ | 可児へ 食事と買い物 »