« 名古屋でランチ | トップページ | 見られなかった羽化 »

中部学院大学コンサート

Chirashi
今年も「中部学院大学コンサート」の案内が送られてきました。1年に2回開催されています。今回は、時間もあったので行ってきました。

グレースホールに入ると、冷房が効いていて嬉しかったです。駐車場から歩いてくるだけで、汗をかくくらい暑かったんです。

Dyuo
今回は、ピアノのデュオで名曲を… ということで、馴染みのある曲が多かったです。
いつも座るのは、最後列の真ん中です。今回もそこに座ったのですが、隣からカサコソ音がするのでチラ見をしたら、カバンの中からスケッチブックと筆箱が出ていました。そうなんです。隣りに座ったのは、美術の先生。演奏中のピアニストをスケッチしていました。その音が気になって途中で座席を移動しましたcoldsweats01 

演奏は、楽しめました。アンコールとなって、「キリスト教の学校なので、G線上のアリアを演奏します」と言われました。「えっ?なんでG線上のアリア?」って疑問を持った私でした。

数日後音楽に詳しい方に質問して、その疑問は解けました。
G線上のアリアは、バッハの作曲。バッハは教会音楽を沢山作曲している。聖書のこの句にはこの音楽、この日にはこの音楽といったように3年間にわたって曲を作ったそうです。でも、G線上のアリアは教会音楽ではない。ただ、一般に知られているので選んだのではないか。って教えてもらいました。

涼しさのなかで、ゆっくりした時間を過ごしました。

帰るときに、パイプオルガンのコンサートを開いて欲しいとお願いしてきました。早く実現すると嬉しいです。

|

« 名古屋でランチ | トップページ | 見られなかった羽化 »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/46547110

この記事へのトラックバック一覧です: 中部学院大学コンサート:

« 名古屋でランチ | トップページ | 見られなかった羽化 »