« 成人式 | トップページ | とんぼ玉 »

レーズン酵母

今月もパン教室に行ってきましたhappy01 今回は、仕事が入っていたのですがお休みを貰いました。

Photo
今回は、レーズン酵母を使ってのパンつくりです。写真は、発酵しているパン生地です。この生地を使って作ったのは、「バゲット・ペイザンヌ」です。
この生地は、先生の手捏ねです。粉量は2Kgです。

Photo_2
焼きあがった「バゲット・ペイザンヌ」です。クープもいい感じですhappy01 

Photo_3
ペイザンヌと同じ生地で、成形を変えています。表面のひび割れは、「ダッチトッピング」をしか結果です。
ダッチトッピングとは、上新粉・薄力粉・イースト・塩・砂糖・溶かしバター・水を混ぜたものをパン生地の表面に塗ること
この2種類はランチ用です。

Photo_4
「パン ド ペイザン」です。雑穀類(ライ麦粉・ライ麦全粒粉・ライフレーク・オートミール・小麦粉全粒粉・玄米粉)が入っています。
パヌトンに入れて発酵させます。丸型と方形があり、私はカットしやすさで方形を使いました。クープを入れましたが、横割れしてしまいましたcoldsweats01 

Photo_5
「ペイザン」の生地にナッツ・ドライフルーツを入れて、リュベロンになりました。

今回は、同じ生地を使ってそれぞれ2種類のパンを作りましたscissors 

Photo_6
ランチでは、ダッチトッピングしたパンにサラダとハムを挟んでいただきましたdelicious 
ペイザンヌは、塩味がしっかり感じられました。
サラダにかかっているドレッシングは、毎回奥様の手作りなんです。今回は生姜の効いたドレッシングで美味しかったです。

カンパーニュとペイザンの違い。
  どちらも田舎パンだが、カンパーニュは販売用のパン。ペイザンは自家消費用でライ麦と全粒粉を入れる。

捏ねるときの塩の入れるタイミング
  塩は生地を締めるので、あとのほうで入れる。早めに入れると、練りにくく塩味がでる。

オートリーズ
  日本語で水和。粉と水をあわせてしばらく寝かせることをいう。

基本の酵母でのパン作りでしたが、少し手を加えることで違ったパンを作ることが出来る。

毎月楽しみにしていたパン教室ですが、来月で終わりです。残念です。先生には、たまには教室をやってくださいとお願いしていますが、無理のようですcrying 

|

« 成人式 | トップページ | とんぼ玉 »

パン教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/48806130

この記事へのトラックバック一覧です: レーズン酵母:

« 成人式 | トップページ | とんぼ玉 »