« 節分とヴァレンタインディー | トップページ | アフタヌーンコンサート »

東京国際キルトフェスティバル

バタバタと忙しくしていて、ブログのアップがままならない状態が続いています。その間も記事だけは溜まっていきますcoldsweats01 少し落ち着いたので、更新しますhappy01 

先月、東京ドームで「東京国際キルトフェスティバル」がありました。時間を作って行って来ました。

Photo
平日だというのに、混雑しています。目的は、当然ですがキルトを見ることと買い物。生地は買うのを控えます。重たいし、家の在庫を消費しないといけないので。オルファで、ロータリーカッターの替え刃と新製品の購入は忘れずに。

Photo_2
会場に入ってすぐのところに、「ふたりの婦人の物語」というコーナーがありました。ターシャ・テューダーとボストン婦人に関する展示コーナーでした。ターシャさんの手作りの洋服・プレゼントした子供服など写真や実物の展示がされていました。

Photo_3
年をとってからもいろいろ製作していたそうです。

Photo_4

ブラウン婦人が作られたキルトも展示してありました。
ターシャさんもブラウン夫人も高齢になっても針を持ち、キルトを作られていたそうです。私には真似が出来ないと思いました。

コンテストで賞を頂いたキルトや、新作キルト・子どもたちのキルト、パートナーシップキルトなど、沢山の展示がありました。

Photo_5
私が気にいったキルトを何点か写真に収めました。↑の作品は、アップリケが多用してあります。ビールの缶の細かさに感心しました。細部まで真似てあります。

Photo_6
鯉です。やっぱりアップリケ。鱗を1枚1枚縫い付けてます。根気のいる仕事ですね。

Photo_7
雪の結晶をいろいろな手法で作っています。タティングレースで作った結晶もあります。

いろいろな作品を見ると、作りたくなります。って、今、作らなくちゃいけない作品があるんですが、まだ手がつけられていませんcoldsweats02 頑張らなくっちゃsign03 

いろいろなコーナーのなかで、行列が出来ているところがありました。皆さん携帯やデジカメで1つの作品を写しています。

Photo_8
三浦百恵さんの作品です。テレビ界から引退しても人気がすごいです。

Photo_9
見ていた方が「型紙はないですか?」と聞いていたミニベア。身長5cmくらいの可愛いミニベアが100匹くらい展示してありました。それぞれ表情が違って可愛かったです。

日帰りの東京行きでした。国立博物館にも寄りたかったのですが、月曜休館なので諦めました。日曜日は雪模様だったので、東京行きを断念したので仕方ありません。2月中に行きたいと思っています。

Photo_10
東京に行く時に楽しみにしていること。富士山。今回は、行きも帰りも富士山が綺麗に見えてラッキー。新幹線から富士山が見られると何故か嬉しい私です。

|

« 節分とヴァレンタインディー | トップページ | アフタヌーンコンサート »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/49253583

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際キルトフェスティバル:

« 節分とヴァレンタインディー | トップページ | アフタヌーンコンサート »