« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

満開ですよ~♪

珍しく土曜日も出勤だったので、仕事帰りに「百十郎桜」を見てきました。

イチョウ通りから旧21号線の間は、車が渋滞して大変でしたcoldsweats01

Photo丁度中間にある橋の上から北側を撮影camera 

Photo_2同じ場所から南側を撮影camera 

新聞等では、5分咲きとなっていますが、満開に近いですね。

川岸では、花見のための場所取りが。ブルーシートで場所取りをしてあったり、タフロープを地面に引いてあったりと、場所取りの仕方もいろいろ。

イチョウ通りの北側にも桜は沢山咲いています。「百十郎桜」は苧ヶ瀬街道から南側ズゥ~ッと旧21号線までなんですが、何故かイチョウ通り以南に桜見物の人は集中します。屋台のある方に人は集まるようですね。

ゆっくり花見をしたい方は、イチョウ通りの北側がお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしていますか?

Photo
可愛いキャラクターでしょう。

先日、歯科医院に行きました。受付に置いてあった写真のサンリオキャラクターが可愛いので買いました。

何に使うものかと言えば、抜けた乳歯を入れておくものだそうです。

抜けた乳歯は、どうしましたか?

私の抜けた乳歯は、容器に入れてとっておくことは無かったです。私の乳歯は、下の歯は「ネズミの歯よりはよ生えよ」と言って屋根の上に投げました。上の歯は、同じように「ネズミの歯よりはよ生えよ」と言って縁の下に投げ込みました。

もちろん子どもたちの歯も同じように投げましたよhappy01 

みなさんは、どうしていますか?

そうそう、1本ずつ入れるのではなく、全部の歯をそれぞれの抜けた場所にしまって置けるように歯並びのように作ってある容器もあるそうです。

乳歯はとってないですが、臍の尾は箱に入れて片付けてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古田紹欽記念館でヘルマンハープを楽しむ♪

Photo
少し前ですが、16日(土)に山県市にある「古田紹欽記念館」に旦那さんと出掛けました。
お友だちと出掛ける予定だったのですが、都合が悪くなったという連絡があり、旦那さんを連れ出しましたhappy01 訳もわからず連れ出された旦那さんは、災難でした。

写真は、「古田紹欽記念館」の中庭です。

実は、私、古田紹欽さんってどんな方か全く知りませんcoldsweats01 では、何故記念館へ?

ヘルマンハープのコンサートが行なわれたので、出掛けたんです。ヘルマンハープって、知らない方が多いと思います。私が知ったのも2年ほど前ですから。

Photo_2
ヘルマンハープです。台の上に立てて演奏します。弦が張ってあるので、それを指で弾いて音を出します。楽譜は、本体と弦の間に挟みます。譜面の上の方から順番に丸印を弾いていきます。音の長さは、黒丸・白丸・黒丸の大きさで決まります。だから、譜面が読めなくても、曲を弾くことが出来るんですよ。
コンサートが終わったあとの体験で、旦那さんが弾けていましたscissors ほんとうに簡単です。

コンサートでは、童謡唱歌やアニメの曲、クラッシクからは「カノン」などいろいろ演奏されました。初めて聴いた旦那さんの感想、「寝てしまったcoldsweats01」 それくらい気持ちがよかったようです。

コンサートの後には、抹茶体験がありました。和室に移動したのが遅かったので、なんということでしょう!お正客席に旦那さんが座ることにsign03 横から、ちょっと作法を教えました。美味しく飲めればいいんですよ。正式なお茶会ではないから。
お茶会の席で、偶然旦那さんは会社の方と一緒に。その方も奥さんに連れてこられたそうですcoldsweats01 

忙しいなかのちょっとした気分転換になった時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式

Photo
今日は、母校の卒業式でした。参加してきました。って、子どもが卒業するわけではなく、勤務先なので。

4年前、希望と夢を持って入学してきた学生たち。4年間の学生生活の間に、自分のやりたいことを確実にして、それに向かって頑張ってきました。

そして、保育士・教員・講師などになりました。4月からは、新社会人として歩んでいきます。胸の中は、不安もあるでしょう。希望もあるでしょう。無理をしないで、仕事に頑張って欲しいと思っています。

苦しくなったら、いつでも来ていいよ。待っているからね。

寄せ書き、ありがとうね。

Photo_2
壇上の先生方は、正装でガウンと帽子の着装です。赤い帽子のお2人は4大と短大の学長です。4大の学長は、今年で退任です。長い間、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開の河津桜

日曜日、ちょっと用事があり岡崎まで出掛けました。

用事が済んだあと、桜cherryblossom見物に。

Photo
              満開です。

Photo_2
河津桜の並木です。川沿いに1kくらいでしょうか。植わっています。今年は花の咲く時期の予想が付かないせいでしょうか、見物のお客さんは少なかったですよ。ゆっくり花見が出来ましたscissors 伊豆まで行かなくてもここで充分満足です。って、伊豆の河津桜は見たことが無いですが…coldsweats01 

駅に戻る途中、「夜桜も綺麗なので、また見に来てください。」と声をかけられました。
服の袖口の模様を見て「名鉄さんですか?」「はい、そうですhappy01
しごと熱心な名鉄の社員さんでした。
岡崎城に向って、桜並木に電球が取り付けられていました。桜まつりの準備が着々と進んでいるようですね。我が家の最寄の駅から1時間ほどで行けるので、桜が咲いたら岡崎城に花見もいいかなと思ってしまいました。

Photo_3

帰りの名鉄電車に「左馬」が大きく書かれていました。縁起物なので、写真に撮りましたhappy01 

書かれている電車は少ないのかと思いきや、すれ違う電車にかなりの確率で書いてありました。ちょっと残念。 でも、見られない方もいるので、ここでどうぞ。なにかラッキーなことが起こればいいですね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新規オープンです

私が通っているパン屋さんで働いていた方が、パン屋さんをオープンしました。パン屋さんを開くと聞いていて、大体の場所はパン屋さんのオーナーから聞いていました。

偶然、大学病院からの帰りにオープンしていたのに気が付きました。今日、大学病院からの帰りに寄ってきましたscissors

Photo写真がボケていますねcoldsweats01 いったい何処にピントをあわせているんでしょうね。

お店の名前は「BREAD TABLE」 名前は、皆様の食卓に美味しい食事パンをお届けしたいという思いで決められたそうですhappy01 

 

Photo_3
幾つかパンbreadを購入しました。チョコとヘーゼルナッツのバトンと食パン、あとラスクともう1品パンです。

バトンは店長のお勧めのパンでした。皮はハード系ほど堅くなく食べやすいタイプだと思います。チョコとヘーゼルナッツは、相性がいいですね。私好みでしたdelicious 

パンは、写真におさめる前に私のお腹の中に納まりましたcoldsweats01

お店の住所は、岐阜市折立です。カネスエ近くのテナントの一角で営業です。
10:00~19:00、なくなり次第閉店、定休日は火曜日です。

大学病院近くに行かれたときは、寄ってみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜ー切り紙とユニット折り紙

折り紙教室に行ってきました。テーマは、「桜」

Photo
ユニット折り紙での桜玉は、折り紙を30枚使用しています。
写真の桜玉は、桜色の折り紙が枚数だけ無かったので色とりどりで作っています。そして、時間内に作り上げるために、ちょっと折り方・組み合わせが雑ですねぇ。

桜玉の基本の形は、鶴の基本形から作るのでそんなに難しいことはないです。でも、慣れてないと組み立てに時間はかかりますね。

桜の切り紙は、折り紙を正五角形に折ることから始まります。正五角形も折り方を覚えたら簡単です。そして、桜が切れれば梅が切れますよ。当たり前ですが。

切り紙をするときは、切れ味のよい鋏が必要ですね。折りたたんで切るので、かなり厚みのありますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お待たせをしました

Photo
やっと出来上がりましたcoldsweats01 昨年の11月に作って欲しいと頼まれた「ばね口バック」です。

布は預かっていたので、私の生地とあわせて作りました。

「まだぁ~」と請求がこないので、ついついゆっくりになってしまいました。でも、お渡ししたら喜んでいただきました。よかった~~happy01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジェルフライト

Photo
海外で亡くなった方が飛行機で日本に帰ってくるニュースを見るたびに思っていたのは、どのようにして送還されるのだろうかと。

そんな疑問を解決してくれるだろうと読んだ本が「エンジェル フライト」

海外で亡くなられた方が日本に帰ってくるのをサポートする仕事が、「国際霊柩送還士」だと初めて知りました。その仕事の内容は、遺体を海外から送還して日本の家族に渡すだけでなく、遺体の処置も行なうとのこと。その処置の内容は、とても大変だと知りました。

また、日本から海外に遺体を送還することも。そのときは、その国の宗教にあった方法で送還しなければならないとのこと。

知らないことがたくさんあり、海外で死ぬことについても考えさせられる本でした。

読んでよかったと思った本でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最後のパン教室

先月のことになりますが、パン教室に行ってきました。

サワー種でのドイツパンを作りました。今回は、2種類を手捏ねしました。

Photo
「ビューリー」の生地↑です。  スイスのパンで元々は中味の入らないパンなのですが、今回は特別にドライブルーベリーとドライクランベリーが入っています。
スイスのパンなので、酵母はレーズン酵母です。でも、ライ麦粉とライ麦全粒粉が入っています。
一次発酵後、分割成形してすぐ焼きました。

Photo_2
焼き上がり↑です。水分86%なので焼きあがりは軽いです。

Photo
「ベルリーナ ラントブロート」↑です。 ベルリンの田舎パンという意味です。

サワー種を使っています。生イーストも使いました。
発酵なしで、捏ね上げたらすぐ分割。パヌトンに生地の綴じ目を下にして入れます。ここは、普通のパヌトンの使い方と違います。

発酵させている途中で、生地の表面だけを押さえます。表面のひび割れを出させるためです。

パヌトンからでして焼きました。表面のひび割れはまずまずでした。

Photo_2
「フロッケン セザム」↑です。こちらもサワー種を使っています。
ライフレークとオートミールに熱湯を注ぎ、ふやかしたた物も加えています。胡桃・レーズンも入っています。
生イーストも少し加えています。

捏ね上げたら成形、表面に胡麻をまぶしパウンド型に入れて焼きました。私は、焼き型に問題があったのでオーブンシートを敷いています。

Photo_3
いつものようにハムと焼きたてのパンでランチですdelicious お皿に乗っているパンは、「ビューリー」と「ベルリーナ ラントブロート」です。

長い間通ったパン教室ですが、今回で最終回となりました。とても残念です。天然酵母で焼くハード系のパン教室はなかなか無いのです。息子さんが再開してくれると嬉しいんですが…

先生は、4月から八ヶ岳でお店を開店させるということなので、行けたらいいなぁと思っています。ただ、八ヶ岳でパン教室を開かれても、通うのは無理なんですよねcoldsweats01 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »