« またまた帽子 | トップページ | ムカデにかまれて »

ワインを使ってパンを

今月もパン教室に行ってきました。今回は、山梨産のワインとブドウ酵母を使ってパンを焼きました。

Photo_6

ワインをフランベして、アルコール分を飛ばします。日本語で言う、煮切り。味醂や日本酒のアルコール分を飛ばすことと同じ。

Photo_7

フランベをして冷やしているワインの中で泳いでいるのは、カシューナッツ。5分ほど泳いでいたでしょうか。一緒にパンの中に入れるドライフィグは、すでにワインで煮てありました。

Photo_8

今回使用したブドウ酵母は、いつも教室で使うものと比べて流動性が高かったです。ドロドロで使いづらかったです。
ワインで酵母を溶かし、塩・砂糖を入れたのち 国産小麦粉・ライ麦粉を入れて捏ねました。酵母がドロドロだったせいか、腕が悪いのか、生地がなかなかまとまらず苦労しましたsad
成形もコッペ形にしづらく、勝手に丸形に成形しましたcoldsweats01
窯に入れてしばらくして窯伸びしているのをみて、やっとホッとしました。それまでは、ダレた状態で焼けるのかな?と心配していましたから。
あんな流動性の高い酵母でもちゃんとパンが焼けるんだと、ビックリsign03 そこが天然酵母の凄いところなんでしょうね。

Photo_9

ランチ用の全粒粉のパンです。こちらは低温長時間発酵法で生地が作られていたので、成形だけです。ワインパンに比べて、成形がやりやすかったですscissors
焼き立てをいただきましたdelicious 全粒粉の食感・酸味・モッチリ感などが感じられました。

Photo_10

いつものスタイルのランチです。焼き立ての全粒粉のパンとドイツハム・取り分けたサラダです。

来月の教室は、季節の野菜のフォカッチャとあと1品。聞いたけど、忘れちゃいましたcoldsweats01
また楽しい時間が過ごせます。

|

« またまた帽子 | トップページ | ムカデにかまれて »

パン教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/56475489

この記事へのトラックバック一覧です: ワインを使ってパンを:

« またまた帽子 | トップページ | ムカデにかまれて »