« 星まつり | トップページ | 今年も »

宇治の平等院鳳凰堂

しばらくブログの更新をすることが出来ずにいましたが、またボチボチ更新を開始しますhappy01

7日(日)に、お友達とバス会社のツアーbusで、宇治市にある平等院に行ってきました。

Photo

宇治に到着して最初の目的は、宇治川での舟遊び。正味10分ほどでしょうか?思い描いていた舟遊びとは、全く違っていてガッカリcoldsweats02です。本流を船で移動するのではなく、堰き止められた支流のほんのわずかな距離を移動するだけでした。
Photo_2

船と一緒に泳いでいた鴨。

宇治川でも鵜飼が行われるそうで、中州に鵜の住家がありました。船頭さんに鵜飼を行う場所を尋ねたところ、舟遊びの場所と同じと言われました。岐阜の鵜飼に比べると、ちょっと規模が小さいようです。

舟遊びのあとは、昼食。川のそばにあるお店でいただきました。
Photo_3

昼食のあとは、平等院に移動です。が、すぐそこなので徒歩で移動です。

「南門」から入ります。
Photo_4

平等院に入る前にガイドさんから、「鳳凰堂の内部拝観は、拝観入場時間と人数が制限されています。見る方は、自分たちでチケットを購入してください」と言われました。
一緒に行ったお友達がチケット売り場に走って、早い時間をゲットしてくれましたscissors Kさん、ありがとうございます。
Photo_5

入場時間まで、鳳凰堂や鳳翔館など見学しました。
Photo_6

色が塗りなおされたり、瓦の葺き替えが行われて、綺麗になっています。

鳳翔館では、雲中供養菩薩26体(実物)が間近くで見ることが出来ました。鳳凰堂の中には、半分は実物半分はレプリカが飾られています。菩薩は、いろいろな楽器を手にして奏でたり、舞ったりしています。

ビデオ説明の中で、『「鳳」と「凰」が飛び立った』とナレーションが。学芸員の方に尋ねたら、「鳳凰堂の屋根の鳳凰は雌雄だそうです。どちらが雌でどちらが雄かは、記述がないのでわからないのですが、2匹で鳳凰だそうです。他のところでは、1匹で鳳凰ですが」と説明していただきました。勉強になりましたsign03

内部拝観の時間が来たので、中に入りました。写真撮影はngなので、残念。御本尊の阿弥陀如来坐像や9通りの来迎図を近くで見ることができました。

この阿弥陀如来坐像は、池の向こうからもお顔を見ることが出来るようになっています。←のところに丁度穴があいていて、見ることができるのです。写真では、ちょっと遠いですが…
Photo_7

拝観をするころから、小雨が。

平等院をでて、お土産屋さんがある通りをブラブラ。何も買うこともなく、ウインドウショッピングで終わりました。

皆さん、集合時間に遅れることなくバスに戻ってきました。次は、井筒八橋のお店に行きました。ここでは、試食をしたり買い物をしたり。

今回のツアーは、見学・昼食の場所が同じところにあったので移動が少なくて良かったです。そのため、ゆったりとしたツアーで、時間に追われることもなかったです。

Photo_8

平等院の工事はすべてが終わったわけではなく、鳳凰堂の後ろ側はまだビニールに覆われて工事中でした。

|

« 星まつり | トップページ | 今年も »

「おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/56811662

この記事へのトラックバック一覧です: 宇治の平等院鳳凰堂:

« 星まつり | トップページ | 今年も »