« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

女子旅ー東京 その3

3日目は、東京に戻りました。

ゆっくりホテルを出発。向かった先は、浅草。
Photo_9
人力車のお兄さんに声をかけられましたが、説明を聞いただけでごめんなさいをしました。
仲見世をブラブラ歩きながら、ちょこっと買い物。

浅草寺でお詣りをしたあと、「花やしき」で遊びたかったのですが時間がなく横目で見ておしまい。次回は、遊びたいな。

河童橋で買い物をしたいので河童橋まで歩きます。お目当ての店で、ここでもちょっこと買い物。お友達に絞り出し用の口金も買いました。もっと時間があったら、ゆっくり歩きたいで~す。

昼食を済ませたあと、「スカイダック」に乗るために、スカイツリーの近くまで移動です。移動中のバスの中で大変なことを思い出したのです。スカイダックのチケットが、カバンに入ったまま駅のコインロッカーにwobbly さすが、上の娘。すぐに連絡を取ってくれて、なんとか乗れることに。よかったcoldsweats01 みんな、私が持っているので安心して確認もしなかったし、私はチケットのことなど全く忘れていましたdown
Photo_10
水陸両用バス「スカイダック」は、トラックを改造して作られています。大きいので、左折するときは助手席側に乗っている乗務員の方が安全確認をしていました。
Photo_11
旧中川で川の中に入りました。川の中でも走りましたが、スピードは思ったより遅かったですcoldsweats01

Photo_12
スカイツリーが綺麗に青空に映えています。今回は、下から眺めただけです。次回は、登りたいです。

いろいろハプニングもあった東京旅でしたが、娘に助けられて無事帰宅しました。

また行きたいですねぇ。娘が嫌がる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子旅ー東京 その2

東京の旅2日目は、東京ディズニーランドです。
私は、何年振りでしょうか。ここ5年以上遊びにきていませんねぇ~coldsweats01

入場ゲートには、たくさんの人が並んでいましたsign03 こんな状態は、初めてですsweat01

なんとか入場したあとは、「スペースマウンテン」に一目散dash 娘たちは私たちのチケットも持ち、ファストパス発行に走ります。
ファストパスを発行した後、私たちに合流してスペースマウンテンを楽しみました。昔乗った時よりも、スリル感は増していましたheart03 
Photo
続いては、「ぷーさんのハニーハント」へ。 娘たちも、動いていなかったりでなかなか乗ることが出来なかったようです。この日は、ちゃんと動いていました。こちらも沢山の人が並んでいましたが、薄曇りだったので並ぶのは苦になりませんでした。童心に帰って楽しみました。

Photo_2
移動中に、ミッキーたちが劇(?)をしているのを見かけました。少し遠い場所でしたが、よく見えましたよ。

Photo_3
1時間前から並んで場所を確保して、パレードも楽しみました。パレードは、見ることを楽しんだので、写真はあまり撮りませんでした。

Photo_4
Photo_5

お昼ご飯に食べたもの。可愛らしさに惹かれて購入happy01 あと、ミッキーやミニーの顔をしたアイスバーも買って食べましたよ。

Photo_6
園内は、ハローウィーンの飾りがあちらこちらに。それを見るのも楽しかったです。

Photo_7
ファストパスを取ろうかどうしようと迷った末、取らなかった「ホーンテッドマンション」 結局1時間以上並んで入りましたsweat02

Photo_8
なかなか上手に撮れなかった「ワンス・アポン・ア・タイム」 席の抽選に外れ、ワールドバザールの外れから見ました。一応正面なので、楽しむことは出来ました。

ブラブラ、お土産を買いつつ早めにホテルに戻りました。

ディズニーランドでの1日は、よく遊びに来ている娘たちが順序良く案内してくれたので楽でしたが、端から端までよく歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢山笑った講演会

23日に、東国原英夫氏の講演会がありました。
Photo

入場整理券を手に入れたので、聴きに行ってきました。

聴衆は多いだろうとの思いで開場1時間前に出かけたところ、すでに会場建物の端まで並んでいましたsign03
私が並んだ場所は日陰で風が通って涼しくてよかったです。しかし、多くの方が並んだので開場30分前には会場内ロビーにタフロープを張って、列を誘導しました。結局、開場時間前に扉を開けて、中に入れました。
開場時間には立ち見が出来るほどでした。

医師会から、肺がんに関する話がありました。男性の癌での死亡は、肺がんが1位だそうです。喫煙者の配偶者をもつ女性の死亡率は、喫煙しない配偶者の妻より1.9倍高いそうです。受動喫煙のせいで。
先進国の中でも、日本は肺がんの死亡率が高いほうだそうです。

そんな話を聞いたのち、いよいよ講演会が始まりました。

「マラソンと健康」と題してありましたが、マラソンの話は初めのちょっとだけ。あとは、知事時代の失敗談や北野たけしさんの付き人になった動機などご自身の話でした。

話が上手なので、開場からは笑い声が絶えませんでした。

免疫細胞NK細胞が活性化されて、よかったです(笑)

楽しい1時間の講演でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子旅ー東京 その1

慌ただしく時間が過ぎていく毎日ですが、久しぶりに娘2人と妹と女4人で東京に出かけました。

諸事情があり、第1日目は別々の行動です。
私と妹は、お昼近くの新幹線で東京へ。娘2人は、姉の勉強会が終わってから夜の新幹線で東京へ。

一足先に東京に着いた私たち。まずは、私が行きたかった「東京おもちゃ美術館」へ。
Photo

新宿区四谷にあります。廃校になった小学校の校舎を利用して開館しています。
教室ごとにコーナーが作られています。

Photo_2
↑ こちらは、「ゲームのへや」です。室内にいろいろなゲームが置いてあり、実際に行って楽しむことが出来ます。私たちが行った時も、サッカーゲームやかるたなど親子で楽しんでいる姿を見ることが出来ましたhappy01

Photo_3
↑ 企画展示の部屋です。郷土玩具展が開催中でした。月別に展示してありました。私も知っている玩具もありましたscissors

このほかにも工房では、手作りおもちゃを作っていました。入ることは出来なかったのですが0~2歳限定の木育ひろばがあったり、日本の伝統的なおもちゃで遊ぶことが出来る部屋があったりと親子で楽しめる美術館でした。近くにあれば、遊びに行くのですが残念。
Photo_4
私たちが行った日も、たくさんの親子が遊びに来ていました。ベビーカー置き場にたくさん並んでいました。

地下鉄の駅の横に「消防博物館」がありました。建物のうえに消防のヘリコプターが展示してあります。
受付で来館者の名札をもらい、館内に。受付で、「2階は消防車なので入らないでください。飲食は10階の展望室でお願いします」と注意がありました。
Photo_5

Photo_6

Photo_7
大人の男性も、興味があるようで熱心に見学していましたよ。もちろん小さい男の子もですが。ここでは、消防士の衣装が置いてあり、それを着用して消防車に乗って写真を撮ることができるようです。大好きな子にはたまらないですね。
消防をめぐる歴史を勉強するコーナーがあったり、防災に関するコーナーがあったりでいろいろ勉強したり楽しんだりすることが出来ます。

夕方近くになったので、本来の目的にであるTDLに向かいます。東京駅ではハプニングが。荷物を入れたコインロッカーの場所が分からなくて、キーを見せて駅員の方に尋ねるはめに。無事、コインロッカーのたどり着きましたcoldsweats01
荷物を持って、一路ホテルに向かいます。今回は、オフィシャルホテルに2泊です。ホテルにチェックインをするとき、フロントで「1人1コインで部屋のグレードアップが出来ますが、どうされますか?」ちょっと考え、OKしました。

部屋に荷物を置き、シーに行きました。ディズニーシーは、開園した時以来になるかな?贅沢に夜の散歩としました。
Photo_8

Photo_9

Photo_10

園内では、ハロウィーンの雰囲気を楽しみ、花火を見たり船に乗ったりとのんびりしました。

遅れてくる娘たちは、姉の帰りが遅くなって夜中到着の予定にcoldsweats01
こちらもハプニングが発生。勉強会帰りの高速の渋滞がひどく、なかなか抜けられなくて予定の新幹線に乗れなかったこと。妹に荷物の詰め込みを頼んだら、財布が忘れられたこと。舞浜の駅で発券中に発券機が故障して危うく最終に乗り損なうところだったこと。ホテルへのバスに間に合わなく歩いたら、バスに追い越されたことなどなど(笑)

いろいろありましたが、無事1日目が終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたバッグ(笑)

Photo

実家の母が持っていたバックがよかったので、採寸をしてきました。母が20年以上前から持っていたと思います。他人が持っていたバックが気にいったので形を覚えて帰り、作ったそうです。

そのバックを真似して小さめに作ってみました。が、ちょっとバランスが悪くガッカリcoldsweats02
本体に比べて、持ち手も大きすぎ、側布も用尺が少なすぎましたねぇ。

もう一度、作り直してみます(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余り布で見本の追加

日曜日、眠気が襲ってくるなか、なんとか仕上げた袋物。

Kaban

残っていた端切れを使って、型紙も作らず手提げ袋を作りました。

適当な寸法なので、何が入るかっていうと、財布を少々の買い物くらい(笑)

来週の講座の作り方説明用なので、細かいことは見て見ぬふり。

Kuchi

口布を付けたので、本当はマチを作りたかったのですが、そこは適当に作ったので返し口の位置がまずく、マチを作れませんでしたcoldsweats01 説明の時は、そのあたりを忘れずに言いたいと思います。

通園バックの派生形なので、寸法は作る人の好みで作ったらいいと思うので、このカバンについては型紙はなしで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »