« 桜満開 | トップページ | 観光列車ながら 試運転 »

微生物と発酵食品

毎回、講座開催の手紙をいただく岐阜女子大学の講座に参加してきました。
今回は、発酵がテーマです。

Photo
「微生物」の「微」は、何?
小さいことを表すのだろうと漠然と思っていましたが、この講座ではっきりしましたhappy01
数字の単位、1・十・百・千・万…億・兆とだんだん大きくなりますが、小さくなると割・分・厘・毛・糸・忽・微となるそうです。1/100万が「微」だそうです。

古生物学者が言うには、「我々が微生物の世界に適応したのであって、その逆ではない」そうです。

微生物の話・発酵食品の話をきいたのち、手洗いの科学に。こちらは、正しい手洗いの仕方を勉強happy01 手洗いは、衛生の基本。手首まで、洗いましょう。

Photo_2
実習では、発酵生クリームバターを作りました。発酵食品は、いずれも時間がかかるものが多いので、今回は事前に準備されていたものを試食することで終わったものもありましたhappy01
甘酒は、米麹を使用して作ってありました。甘酒は、熱くすると麹菌が死んでしまうので、あまり熱くしないで飲んだ方がよいとのことでした。

豆乳ヨーグルトも試食しましたheart01豆乳がとても濃いもののようで、豆乳の味がしっかりとありました。

発酵生クリームバターも事前に生クリームの発酵がされていたので、作業は少なく簡単でした。塩を入れたものは、しっかりと塩味がしましたし、はちみつを入れたものは甘さが感じられました。個人的な好みは、はちみつ入りの方です。

予定時間より超過しましたが、楽しかったです。お土産に豆乳とヨーグルトの種菌をいただきましたscissors 家でヨーグルトメーカーで作ったところ、出来上がりのお豆腐を食べているような感じで、美味しかったです。

|

« 桜満開 | トップページ | 観光列車ながら 試運転 »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/64669351

この記事へのトラックバック一覧です: 微生物と発酵食品:

« 桜満開 | トップページ | 観光列車ながら 試運転 »