« ぶどう酵母 | トップページ | 戌筥講座 IN 多治見 »

講演会ー小西博之さん

今年も、「がん検診促進のための講演会」に行ってきました。
今年のゲストは私世代では、欣ちゃんバンドでお馴染みのコニタンこと「小西博之」さんでした。

Photo
開場して会場内に入って、いつも座る位置の座席に行こうと思ったら、テープが張られていて座ることが出来ませんでしたcoldsweats02 私、この会場では2階席の一番前が好きなんです。
仕方がないので、一番後ろの席に座っていたら、スタッフの方に声をかけられました。「小西さん、マイクを使わないし、客席の間を歩かれるので、前に座った方がいいですよ」 そこで納得。それで1階席だけなんだsign01 そこで、少しだけ前に移動。その距離、後で後悔downもう少し前に行っておけばよかったsign03

講演が始まり、コニタンはマイクなしで話始めました。声は、しっかり後ろまで届きます。公演中は、壇上にはいません。客席のところで話をしました。

がんの話の前に、「突発性難聴」の話を。御自身、突発性難聴を発症されたそうです。病院にかかるのが遅くて、耳鳴り(2匹の鈴虫)の後遺症が残っているそうです。おかしいと思ったら、早く診察を受けた方がいいと体験談を話されました。

本題のがんの話では、体調がすぐれないときは早めの受診をと。自分自身の体験をもとに話されました。
血尿が出てから病院にかかった時には、腎臓に出来たも腫瘍がもう20cmもの大きさになっていたそうです。長時間にわたる手術を受けたあと、盲腸並みの速さで退院をしたそうです。それには医師も驚いていたそうです。

Photo_2
実際の傷痕を観客に見せながら、話を進めます。この傷痕、とても大きいものでした。肋骨も外してオペをしたそうです。最前列の医師会の先生方も、スマートフォンで傷痕の撮影をしていました。私も遠目から。
3年後に、オペをした医師から「生存率は1%も無かった」と言われたそうです。今、生きていることが奇跡だと。
話をしている時々に、「先生、どうですか?」「先生、違いますか?」「皆さん、どうなんですか?」など、医師や観客に質問したり、同意を求めたり。ちょっと違った感じの講演会でした。

現在、講演会で話をしたりしているそうです。あと、歌をリリースされたそうで、そのCDの売り上げの一部を「ゴールドリボン」の活動費に寄付されているそうです。「ピンクリボン」は乳がん撲滅・「オレンジリボン」は虐待撲滅、「ゴールドリボン」は、小児がん撲滅。

最後に、がん検診の大切さを言われました。早めの発見が大切と。

楽しいと言ったら語弊があるかもしれませんが、聴きに行って楽しかった・良かったと思いました。

Photo_3
CDを買った人に、サインを。

会場での写真は、小西さん自身の許可が出ています。

講演会が終わった後、久しぶりにお会いする人が何人も。短い時間でしたが、お話をすることができて嬉しかったです。

|

« ぶどう酵母 | トップページ | 戌筥講座 IN 多治見 »

「楽学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98855/67618301

この記事へのトラックバック一覧です: 講演会ー小西博之さん:

« ぶどう酵母 | トップページ | 戌筥講座 IN 多治見 »