« 今年の帽子 | トップページ | 梅仕事 »

ラッキョの仕込み

今年も梅とラッキョを漬ける時期がきました。

Photo_3今日午前中に、とれった広場に出かけました。高知産の洗いラッキョと地元産の土付きラッキョをそれぞれ1㌔づつ購入。

洗いラッキョは、水洗いとしたのちボールに入れ、そこに沸騰したお湯を注いで一呼吸してからザルにあけて水気を切ります。ジップロックにラッキョを入れ、ラッキョ酢を注ぎます。空気を抜いてシールをして保存。
地元産のラッキョは、土を洗い流して根と茎を切り落とし。綺麗にしてから洗いラッキョと同じ用に熱湯につけ、ザルにあけて水気を切りました。

Photo_4洗いラッキョを先に漬け込んだら、地元産用のメーカーのラッキョ酢が足らなくなったので、地元産は生協の「らくらくかんたん酢漬け酢」と半々で合わせて漬け込みました 

袋のままでは安定性がないので、百均のプラ箱に2つ一緒に入れて保管しています。酢が漏れても大丈夫なようにの安全策でもあります。

梅干しは、次回の記事でアップします。

|

« 今年の帽子 | トップページ | 梅仕事 »

クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラッキョの仕込み:

« 今年の帽子 | トップページ | 梅仕事 »